« それは唐突に始まった…親の介護 | トップページ | ごりごりコーヒー2016(2) »

2016年5月 8日 (日)

ごりごりコーヒー2016(1)

2年前に、、、、
職人展で見かけた乳鉢のようなものをうっかり衝動買いして
(非力なくせに)自分の手でゴリゴリ豆を挽きまくったせいで
鍼の先生も驚く「筋膜炎症し過ぎてズレて変なとこに癒着する」という
とても重症な四十肩(五十肩かもしれん)を発症してしまい
非常に痛い目に遭った兎夢ですが.....

Coffe_2

それに懲りて、その後はちゃんとミルを購入しました。
が、小さいもの好きなワタクシはやっぱり“mini mill ”を選んでしまい
決して楽に挽いてるわけではありません。

そんなおり。

Mame_2

最近コーヒー豆の自家焙煎にすっかりハマってる友人から
この五月連休中に、こんなにどっさり理科の実験よろしく
彼が自家焙煎したコーヒー豆をいただきました。

連休中に会う約束があったため
事前に「焙煎した豆あげるよー」ってメールをいただき
私は「それではお店で売ってないくらいの浅煎り豆が欲しい!」と
リクエストしていたんですが
こんなにたくさんいただけるとは思ってなかったのでビックリ!

しかも、事前の理科実験の結果報告(彼のブログ)では
浅煎り豆を挽いて淹れるとかなり酸味の強い味になるらしい。

自分でリクエストしていながらコレにはちょっとビビったのです。
酸味強いコーヒーは割とニガテ。
ではなぜ浅煎りが欲しかったかというと
浅煎りはカフェインが強いので、
自分の血圧が下がり過ぎた時とか気圧が下がってる時に
身体を助けるために飲みたかったから、なんですよ。

でも目の前にこんなにいろんな豆があると
不安よりも好奇心炸裂!  

で、どれどれ、さっそくお味見しよう!
という事で、たくさんある中からまぁ一番豆がふっくらしてて
色の濃い(浅煎りの中でも中煎りに近いのでは?と思われる)
「コロンビア エスメラルダ」をチョイスして挽いてみました。
  

......挽いてみました.....
   


が、!
  
ひ、挽けません
   

挽けないんです...┐(´д`)┌
   



豆、硬っ!固っ!堅っ!
  
   

うちの mini mill では、歯が立たない!


うちの mini mill では、太刀打ちできない!

(ををっ!なんとぴったりな日本語なんでしょう!)

 


「・・・・・・・・・」

 

しかし、ここで諦めたら、私のために焙煎してくれた友人に申し訳ないので
とりあえず、ミルの歯を「粗挽き」に調節してなんとか粉状に....
そして意地でもコーヒーという液体に!

彼の実験報告にもあるように、最初の泡はムクムク美味しそうに香りよく
沸き上がるんだけど、二度目三度目となるとすぐに沸き上がらなくなって、
通常淹れてる量の半量ぐらいで終わる感じ。

なので通常の半量淹れたところでやめといて
さっそく味見です。

酸味が強いって事でビビってましたが
半量しか淹れられないせいかものすごく贅沢な飲み物な印象も
後押ししてるのか、とても上品な酸味で思ってたより
美味しいではありませんか!

しかもうちの(キリマンジェロでも満足しない)酸味のあるコーヒー好きな
家族Aにいたってはこの酸味に大絶賛!!!
ずーっと探し続けてたものにやっと出会えたー!みたいな喜び様w

 

   
少ししか淹れられなかったので
おかわりしたくなって
今度は色が一番シナモン色に見える(一番浅煎りだと思われる)
「ホンジュラス」をチョイス。

 

 

 

......挽いてみました.....
   


が、!
  
ひ、挽けません
   

 

粗挽きでも挽けないんです...┐(´д`)┌
mini mill が粉砕するか、
もしくは、兎夢の四十肩(五十肩かもしれん)再発するか
恐ろしい事が予想されるので、
ホンジュラスは後日、追い焙煎してみることにして
この日はここまでで終了。

 

ちなみに、粗挽きなので「コロンビア エスメラルダ」を
ペーパーフィルターだけでなく
フレンチプレスでも飲んでみましたが、
ペーパーのほうが上品な酸味で美味しかったです(^-^/
   

おまけ

Coffe02_2
最近発見したカリタのガチャポンでゲットしたものです!

兎夢、なぜかガチャポンの「大人買い」ができず
『つづき(コーヒーサーバー)は次回に♪』と3週間後に行ったら、
もうカリタのガチャポンはColemanのガチャポンに差し代わってて
超ガッカリのシクシク事件

 

|

« それは唐突に始まった…親の介護 | トップページ | ごりごりコーヒー2016(2) »

コメント

いやあ、今更ですがこんなに取り上げていただき光栄です。

コーヒーは苦味じゃなくて酸味で勝負なのかも、っていう気がしてくるくらい、
酸味は大事ですねえ。

これって、話が前後しちゃいますけど、どうやら、今清澄あたりで流行っている
サード・ウェーブみたいですよ。

自家焙煎でこれをやってる人はまだ少ないかも。
なぜなら神経の使い方が半端でないのと、
どこで煎るのをやめたらいいのか、
の判断が非常に難しいからです。

とはいえ、この先この路線に進もうとは思っていない私なのですが。

ホンジュラスの次はどこかなあ?
次々に訪れる新たな出会いにワクワクです。

投稿: enos | 2016年5月27日 (金) 23:57

>enosさん
 人に飲ますのではなく自分だけで楽しむには
 すごくおもしろいですねコレ!
 毎日どんな味になってるかわからないコーヒーに
 口をつける瞬間が新鮮でした(^-^/(笑)

投稿: 兎夢 | 2016年5月31日 (火) 23:48

僕は最近、あまりに美味しいので人にも押し売り的に飲ませています。

先日は釣りの遠征に持って行って、船上カフェを開きました。
なかなか好評だったので、バージョンアップして今週末も
沖縄の船の上で船上カフェを開こうと思っています。

目下、どの豆をチョイスするか思案中。
楽しみは尽きませんねえ。

投稿: enos | 2016年6月 1日 (水) 08:14

>enosさん
 山では気圧の関係か、コーヒーが美味しく淹れられるので
 よくやりますが、海ではあまり聞かないですよね。
 単純に海ではあまりコーヒーが飲みたくならないのかと
 思ってたけど、夜は美味しいのかな?
 やっぱり海では酸味がさわやかに美味しいものがいいのでは?

投稿: 兎夢 | 2016年6月 3日 (金) 18:30

兎夢さん、

海コーヒー大絶賛ですよ〜!

すでに男女群島、粟国島、渡名喜島、久米島と
大場所4箇所で、朝晩となく洋上カフェを開きました。

次回は7月頭に種子島です〜!

10月には昨年長逗留した西表島でもやろうと思っています。
楽しみは尽きない。

投稿: enos | 2016年6月10日 (金) 19:26

もうすぐ種子島かぁ。。。
いいなぁ。

投稿: 兎夢 | 2016年6月28日 (火) 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それは唐突に始まった…親の介護 | トップページ | ごりごりコーヒー2016(2) »