« 花曇り | トップページ | それは唐突に始まった…親の介護 »

2016年4月 4日 (月)

花曇り2日目

4月3日@川越北部

この日は川越の中心街からやや北にある
運河沿いの桜を見に行きました。
昨日より、1日違いだけど爆発的な満開なうえに
風が吹いていたので桜吹雪も見られました。

20160403s01

20160403s02

こういった景色の中、花見船が運行されるんですよ。
夜の部もあるのでさぞかし提灯が綺麗な事でしょう。

20160403s06

20160403s04 20160403s05

20160403s07
花見船はもっとりっぱだったような…
でもこんな感じ。

ここに行くには川越の中心街(観光地)を縦断していくので
途中は大変賑やかな街中だったんですが
以前と違うなぁ。。。。と思ったのは
着物を着てる人がたくさん居たことです!
(男性も女性も!)

そのたくさんの着物人のなか、半分、または半分以上?が
なんと外国人!(ツアーに組み込まれてるのかな?)

しかも、皆ちゃんと綺麗に着こなしていて着物姿が素敵なんですよ。
昔は変な着物姿だけど外国人だから仕方ないか、、、みたいなの
見た事があるような気がするんだけど
今は着物が着やすく変化したのか?誰もが素敵。
着物ってあんなに気軽に着れるんだっけ???
慣れてない草履って歩きづらくないの?

思わず自分も着物着てきたい、と思わせるほど
皆さん楽しそうに、そして美しく着物を着用されてました
桜も目の保養だけど、西洋人のシュッとした美しい着物姿
(しかも素晴らしい笑顔付き)も目の保養になりましたよ〜。

で、そんなこんなを楽しみながら賑やか観光地を歩いてた時
小江戸なので和菓子屋さんもたくさんあるんですが
突如家族A(甘党)から
  

「ねぇ、歩き最中(もなか)しない?(*゚▽゚)b」


と提案された。


一瞬、歩きながら食べるなら大福よりかは食べやすいかも?
とか想像してしまったけど
 

ありえなーーーい!

(甘い物苦手な私には、最中は最大の天敵


全身でフリフリ拒絶してる兎夢の横で
『うわあごに最中の皮がくっつくかもしれないからお茶も…』
とかなんとかつぶやいてる最中大好きな家族A。
花曇りだけど、のどかなお花見日和な1日でした。

   

この日は8キロ近く歩いたよ

(普段こんなに歩かないから夜、足の裏がひりひりしたさ)

|

« 花曇り | トップページ | それは唐突に始まった…親の介護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花曇り | トップページ | それは唐突に始まった…親の介護 »