« 低気圧爆弾命中?! | トップページ | 自分観察1220 »

2014年12月19日 (金)

暴走するワタシ

ひとつ前の記事で紹介したAppのコレね

【頭痛〜る 気圧予報】

さっそく使ってみましたよ。
顔アイコンで時間軸にマーキング(&メモも入れられる)できるので
先日の体調悪化状況を貼りこんでみました。

するとこんな感じ↓

121701

すごい気圧ですね(^.^;
頭痛が強くなりだした時が低気圧の底辺頃で
ちなみにその時は 992.5hpa(15時からの気圧差-11.1)
だったらしいですよ。

それで吐き気が加わり体調が凶悪になったのは
ちょっと気圧が上がり始めてからだったんですね。
ふ〜〜〜ん。。。

で、この時間軸は過去にも遡れるので
直近にあった自分的に原因がよくわからなかった
「謎の体調不調」の日時にマーキングしてみました。

121413
出掛け先の珈琲館でホットケーキを食べた後、
スーパーで買い物を始めたら突如酷いアレルギーが発症!
(くしゃみ、鼻水が止まらなくなる花粉症と同じもの)
食べ物飲み物、場所に、アレルゲンらしきものは無かったので
自分的には原因が謎でした。
時々あるんだよね。
「え、なにが原因で私こんななっちゃってるの?」て時が。
もしかして低気圧が関係してるのか?!

121313

兎夢は昔、たいそう酒呑みでしたw
一晩にボトルワイン1本なんてしょっちゅうだったので
たまに朝起きた直後『う、気持ちわるっ』ってなると
『あ〜二日酔いかぁ…』って当然思う訳です。

で、いろいろあって2005年の秋からほぼお酒をやめて
晩酌は一切しなくなったんですが、あれれ?不思議フシギ。
一滴もお酒を呑んでいないのに時々、
朝起きると二日酔いになってるんですよ。

『あ〜久しぶりに二日酔いかぁ。。。』
『あれ?! 呑んでないってば!!!???』
『なにこの二日酔い????』
ってのがたまにあるんです。
(ちなみに、2004年冬の手術で長い事苦しめられていた貧血とも
 キッパリ決別してます)

それで、酒呑みだった頃の“二日酔い”だと思ってたのが
ほとんど二日酔いではなかった事が判明(笑)

そこでよく言われる「低血圧」だからってこと?となるわけですが
決して毎日毎朝ではないのです。
時々、なんですよ。
だからつい『あ〜久しぶりに二日酔いかぁ。。。』って
また勘違いwww
確かに普通の人よりちょっとだけ血圧が低いので
低血圧のせいでもそんなに不思議ではないんだけど
それだったらもっと頻繁になりそうなのにな、とも
思ってたので、自分的にはそれが謎でした。

そんな、朝起きたら『う、気持ちわるっ』ってのが
ここ最近何度かあったので覚えてる日時にマーキング。↑↓

121114
※起きた時間が純粋な「朝」では無い事はツッコまないでくださいw

WA-----o!!
こうやってマーキングしていくと
なんとなく共通性が見えてくるではありませんか!
このアプリはこうやって使う物なのですね。
これは便利でお役立ちです。

と言う事で、気圧の予報もちゃんと出てるので
(まぁコレが一番大事!)
今後を見てみると…

122012

なんと、明日の土曜日の午後がまたヤバイ!!!!

122020

前回を参考にすると
20日土曜日午後から深夜過ぎまでまた要注意というわけですね。
ぅわーーー!
もうアレはコリゴリなのでなんとか対処しなくては。

という事で、交感神経と副交感神経の事をもう少し勉強しました。
ここのページがとてもわかりやすかったです(^-^/

要約すると…

●気圧が下がると物理的に血管が拡張して血圧が下がる
●身体のそちこちにあるセンサーが“低気圧”をキャッチすると
 自律神経が低気圧対応を開始する。
 副交感神経をちょびっと優位に働かせて 

  • 血圧、血糖、心拍低下
  • 疲労感、意欲低下
  • 分泌、排泄機能活性化
  • 食欲増加、消化吸収促進
  • 心身のリラックス状態

普通の人はこれで、激しい運動よりも
まったり読書したくなったり
仲の良い友人達とおいしいものを食べに行って
のんびり過ごしたくなる…んだろね。それが正解!
ちょっと行き過ぎても「今日はなんだかアンニュイな私。。。」
という雰囲気になったりする、までが正解っぽい。

でも、気圧の変化が急すぎたりするとうまく調節できなくて
自律神経の低気圧対応が追いつかずわけわからなくなって
副交感神経が過激に働き過ぎて暴走した結果が
不正解のワタシ。.....らしいです。

しかもですね↑ここまではまぁなんとなく知ってる事だけど
これは知らなかった!↓

●副交感神経の暴走によりヒスタミンの分泌で追い打ち!
 異常な気圧の変化を「外部刺激」と判断しちゃうらしい。 

  • 免疫の過剰反応→アレルギー症状
    (鼻水、くしゃみ、かゆみ、喉のはれ等)、関節の痛み
  • 血管浸透性を増す→血管から水分がにじみ出る→いっそうむくみ
  • 血管拡張作用→いっそう血圧がさがる

 やっぱり急な謎のアレルギー発症は低気圧が
 原因だったんだ!

なんということでしょう
 大気の現象で物理的に血管が拡張し、
 自分の身体の指令で更に血管がゆるみ、
 更に更に本来なら護衛隊であるはずのやつらにまで
 勘違いで血管を拡張させられる

 どんだけ血圧下げられてるのーーー!

 って感じですがまさしく、先日頭痛とともに襲ってきた
 吐き気とは、この急降下させられた低血圧のせいだったんですね。
 これはもう恐ろしいほどの気持ち悪さとともにまったく身体を
 動かす事ができないという本当に厄介な状況なのですよ。

 無理に動くと失神してしまうので何もできない。
 いったんある線を越えて落ちてしまった血圧は
 もう自分の力では戻せなくなるので体調復活まで
 すごく時間がかかる。
 その間ずーーーとものすごく気持ち悪い。
 これは食中毒とか呑み過ぎとかウィルスの時と違って
 「吐いちゃえば楽になる」という事がないただただひたすら
 目も開けられないような気持ち悪さが続くのです。

 ぅわーーー!
 明日はどうしよう。
 まずは今日から抗ヒスタミン剤(花粉症の薬)を飲んでいる。

 明日の午後は大気からの低気圧から身を守るために
 プールに入ればいいのか?
 でもそんな環境がないからお風呂に入って…

 1.低気圧に対抗して水圧を身にまとう。(どーだ!)

 えーと、でも長く入っているにはぬるめの湯にしたいところだけど
 ぬるめの湯は副交感神経を優位にさせるらしいから
 交感神経を刺激する熱い湯でなければいけない.....ということは
 あんまり時間がかせげない。

 2.熱い湯から出てきたら冷たいお水を飲んで血管をキュっと
 させて…

 3.そうだ!身体柔らかいうちにストレッチをしよう!

 4.そして休憩に、コーヒーか。

 あとは?
 5.頭痛の気配があったら早めに鎮痛剤?


あとは?

 また1から5を繰り返すとか?(笑)

 なんだか疲れそうだな。

 

本来低気圧の時は身体を疲れさせない為に
自律神経(副交感神経)が働いて人をアンニュイにさせるのにね。
なんだかなぁ。

|

« 低気圧爆弾命中?! | トップページ | 自分観察1220 »

コメント

典型的な気象病だったんですねー。しかし、ご無事で何よりでした。

でも、世の中には随分と便利なアプリがあるんですねー。

投稿: みう蔵 | 2014年12月21日 (日) 12:23

>みう蔵さん
 無事です。ありがとです。

 本当にこのアプリは素晴らしいです!
 自分がこんなに簡単に低気圧に反応しちゃうなんて…
  
 低血圧にストンと落ちるクセがついたら困るよね。
 震災の時、うすうす感じた『将来はショック死か?!』
 も現実味を増してきました。

 このアプリに体調不調のシンクロマークをびっしりつけて
 かかりつけのお医者さんに見せて血圧上げる薬を
 処方しといてもらわないと…
 

投稿: 兎夢 | 2014年12月22日 (月) 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 低気圧爆弾命中?! | トップページ | 自分観察1220 »