« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

ごりごりコーヒー騒動(そのさん)

ごりごりコーヒー騒動(そのいち)
ごりごりコーヒー騒動(そのに)

からの続きです。

あまりに痛くて眠れなくなったので
近所の整形外科に飛んで行きました。

「上腕部にかなりの負荷がかかる作業を3日間ほど続けてたら
 とんでもない筋肉痛になって腕があがらなくなってしまった。
 しばらくおとなしくしてたら治ると思ってたけど
 なぜか痛みがだんだん酷くなってきて今では動作以前
 なにかしようとしただけで肩の上まで唸るほどの
 変な痛みに襲われるようになってしまい
 寝返りさえも打てないので眠れなくなった。
 ここまでで、すでに最初の痛み発症から二ヶ月経過。
 …ところで私の肩周辺は異常にカチコチに固くなってる
 んですが、これはいったい何故ですか?


と、医師に説明&質問(笑)

医師、兎夢の腕をあれやこれやアチコチの方向に動かしながら
「アタタタタタ」と痛がる反応を観察して
腕肩の可動範囲を診る。
そして「レントゲンを撮りましょう」となり。
↓↓↓↓↓↓↓↓
今は撮ってすぐに結果がわかるもんで....
その結果「関節にカルシウムが写ってませんね」という事で
石灰沈着性腱板炎が否定され
   
「という事は、アナタのソレは…」
   (ちょっとガサごそカルテを確認しながら)

 五十肩です!(キッパリ)

どうやら消去法らしい....
(しかも年齢確認して言い方使い分けてるやん!)
っていうか、なにもそんなに大声で言わなくても

兎夢『五十肩ぢゃなくて、四十肩と思いたかったなぁ。。。』
と小声でつぶやいたら
先生「なぁに、五十肩も四十肩も一緒だよ!」って

ええ、ええ、それは知ってますとも
そうぢゃなくてホラホラえ〜とね。。。
って、ま、いいや

んでね。
キッパリ五十肩宣告受けてからあれやこれや聞いたんですけど
今まで自分が考えていた五十肩というものの観念が
すっかりくつがえされるような、
それはそれはびっくりなお話でした。

というのも、自分が過激な筋肉痛からこうなったものだから
五十肩というのは
「使い過ぎた筋肉の炎症からなる」
だから
「ハマリ屋さんとか、
 がんばり屋さんとか
 物事にムキになる人とかが、なる」
「若ければすぐに回復するけど歳とってからだと
 回復に思わぬ時間がかかる」
…というような認識でした。

ところがどっこい!
なんと、私のように何か原因になるような動作をして
発症する人よりも、特に何もしないでだんだんジワジワ
発症する人の方が多いらしい。
私の場合はごりごり作業のせいだから利き腕の右肩だけど
普通左肩の人のほうが多いらしい。
しかも、たいていの人が回復までに半年から1年。
なかには2年、という人も居るとのこと。
かと思えば、ある日突如として治ってしまった人も居るとか。


えええー!
1年?!2年!?
そんなにこんなのが続くんですか!(嫌だなそれは)
で、で?
ある日突如として治る人も居た、って?ナニ?????
これは怪我ではないのですか????

実は四十肩五十肩は、まだいろいろ謎が多くて
よくわからない病(?)らしい。
帰宅してからWikiってみたり、ネット検索で
いろいろ読んでみたけど
やっぱりまだよくわからない現象と書いてありました。

   
複雑な神経回路がいっぱいある肩に対しての
脳のコントロールセンターの暴走みたいな事が
書いてあったけど、確かにそんな気もします。
だって、1年2年っておかしいぢゃありませんか!
骨折だって2〜3ヶ月で治るでしょうに
たかが筋肉の使い過ぎて、なんで1年2年????

それは、何かが絶えず(痛みを発生させる何かが)
進行し続けてるという事ですよね。
でも実際物理的には何も痛みを発生させる怪我とかは
し続けてはいない。
だからこそ、フといきなり治ってしまう人も居るのでしょう。

これはアレですね。
花粉症の親戚みたいなものではないですか?
花粉=敵!と勘違いして脳が大騒ぎな指令を出すもんだから
くしゃみや鼻水や涙が無駄に大量に出てくるよ。

肩も、本当はちょびっと老化しちゃっただけの事なのに
脳が『なんかあの肩のへんに大変な事が起こってる!』
大変だ!大変だ!このままじゃ大変だからあまり肩を
使わせないようにしよう!
と、変な痛みの信号を流し続ける。

そうそう、この痛みって(神経痛持ちの)兎夢的には
   
究極の神経痛
 みたいだな、と思いましたから...

で、ずーっと脳から変な痛みの信号が出続けてるから
知らない間に腕を庇うような仕草や動作となり
それがまた、肩周辺の筋肉を無駄に固めてしまう事になり
いつまでたっても「イテテイテテ」と腕が伸びない、
痛いし固いのでますます動かしづらくなって
もっともっと固くなっていく、という悪循環。

と。こんな感じな気がしますが

体験者の皆さん、どうでしょ?

ちなみに最後の、
痛みがあるから庇った動きをしていくうちに筋肉が固くなる、
というのは兎夢が最初にお医者さんに
「何故私の腕はこんなにカチコチなんですか?」
って質問した時に教えてくれた回答です。

これをがんばってどんどん動かすリハビリしていかないと
もっともっとカチコチになって何もできなくなり
あまりに酷くなって筋肉を切る手術した人が居る、という
怖いお話をされました。

というわけで、現在通院しながらマッサージを受ける
&自分でなるべく動かす、というリハビリ中で、
現在最初の筋肉痛発症からすでに4ヶ月経過中なのです。

最初のうちは何を思ってたか、
ぢぶんだけは三ヶ月ぐらいで治るかも、という
まったく根拠の無い自信に満ちあふれていましたが
今は、1年を覚悟。
いや、2年3年というそっちの記録破りをしちゃわないかが
心配な今日この頃です


五十肩なってみたら…想像してたよりもずっとずっと奥が深い
なので次回からはその後経過中のエピソードを書いていきます。

 

| | コメント (7)

2014年8月28日 (木)

ごりごりコーヒー騒動(そのに)

ひとつ前の記事のつづきです。

Ca01_2
職人さん自らの熱いウンチクにノって
 つい購入してしまった手のひらサイズの
 乳鉢で筋肉痛にもめげずにコーヒー豆を
 3日間自力でごりごりし続けた結果
 かつて経験した事の無いような
スーパー
 ハイレベルな筋肉痛に見舞われ

 右手が自力で上がらなくなってしまった兎夢

なんかもうビックリです。
自分の腕なのに、ウンともスンとも言わず
“あがらない”んですよ。

いや、“あげられない”っていうのか。
右腕だけ糸の切れたマリオネットのように
コタって落ちる(^-^;

とにかく右腕を中空に置いておく事ができないのです。
だからマウスの操作はなんとか大丈夫だけど
手に持ったタブレットの操作ができない

タブレット机上に置いて左手で支えた右手で操作....って
いったいなんなの??????
私の右手、なんか切れたのか?????

まぁ初体験なのでとまどいながらも
今までの経験上(過去にやった強烈に痛い頚部ねん挫とか)から
たぶん10日もおとなしくしてれば治るかな....
と、思って様子見です。.....で、
     

腕があがらなくなったって事から

家庭内的には、四十肩だの五十肩だの騒いでいたんですけど
兎夢的にはなんか最初は不思議だったんですよ。
だって、痛い所は筋肉痛の出てるなんだもの。
肩ではなく腕ね。
よくシャツの袖をたくし上げて注射をするような場所です。
だから、「なんだ....四十肩って四十腕ぢゃん!」
って言ってたんですけど.....

なんか変なんです。

なにが、っていっこうによくならない。
食器棚の一番上の器の出し入れや
洗濯物を干す時や
うっかり伸びをした時に
「アタタタタ
って言ってた筋肉レベルだったのに
10日どころか一ヶ月経っても治らない。

そればかりか、だんだん痛かった腕の部分が
カチカチに固まってきて
痛みがじわじわ上にあがってきた。
そしてしまいには、なんと
手を伸ばそうとしただけで(伸ばしてはいない)
ドアを開けようとしただけで(ドアに触ってもいない)
寝返りをうとうとしただけで(思っただけ)

思わずその場でしゃがみこんで呻くほどの
ものすごい痛みがにじむように腕から上の肩に
広がるようになってきた!

もはや筋肉痛とか、肉や筋の問題ではないような
本当に今まで経験した事の無い変な痛み。
ズキっ!とかピキっ!とかではなく
ズズズーーーーーーンドヨドヨン.....みたいな
にじむ痛み。
どこがどうなってるのかさっぱりわからない痛み。

さすがにコレは変????
っていうか、夜も眠れない痛さになってしまい
医者にいかなければ、と気づいた時には
最初の筋肉痛発生からすでに

二ヶ月経ってました!


あまりに痛いので医者に行く決心を…

つづく。

| | コメント (4)

ごりごりコーヒ騒動(そのいち)

ちょっと前の事なんですけどね。

地元の某なんちゃってデパートでの職人展にて
職人さん自らのチカラのこもったウンチクを
ありがたくお聞かせいただいた故に
つい、こんなものを衝動買いしてしまった兎夢↓
Ca03

陶器でできた、手のひらサイズのすり鉢というか乳鉢というか
まぁそんなものです。

Ca02

ちっこいすり鉢とか。。。。持ってるんだけどね。
でも、擂り粉木までもが陶器ってのは初めて見たし
 ※陶器でできてて下が重い円錐形状なので自立するんですよ
自立する擂り粉木って面白いなぁ。。。と思ったり

更にダメ押しで
職人さんのウンチクで何に呼ばれてしまったかというと…
Ca01
そう、これこれ

ゴマ擦ったり
ピーナッツ擦ったり

......は普通だけど

なんと、これは

「コーヒー豆も簡単に擦れちゃうよ!」

という、お言葉でついつい手が!

だって兎夢は普段は殆どコーヒーは飲まないけど
挽きたて淹れたての軽めのコーヒだけは大好きなのでね。

うん、これだったら食後に
自分独り用の軽めのコーヒーを
ごりごりしながらお部屋いっぱいいい香りさせて
簡単に淹れる事ができるかも〜(^o^/

ほらアレ、電動ミルって嫌いなんですよ。
なんかモーター臭くてね。
昔買ったけど戸棚の奥に仕舞ったままなんです。
手動で簡単にごりごりできるなら
おもしろくて楽しそう♪

ってなわけで
さっそく購入した日の夕食後から
   

ごりごり開始
   

手のひらに乗っけて
ごりごりごり

うふふ。
あはは。
ごりごりごり

「………
ごりごりごり

『思ってたよりチカラ要るな
ごりごりごり

「気をつけないと豆飛ぶね
ごりごりごり
    

兎夢が普通の人よりかなり非力なので
思ってたよりチカラが要るんですが
まぁなんとか挽きたて淹れたてのコーヒーを
飲む事ができました。

んで翌日も、ごりごりごり
ちょっと右腕筋肉痛になったけど

更にその次の日も、筋肉痛に負けずに
ごりごりごり

筋肉痛なんてさ、上乗せ筋トレでどうにか
なっちまうもんぢゃない?
負けるもんか〜ってな感じで
兎夢は3日間ひたすら
ごりごりごり しましたよ!

 

筋肉痛に負けずにガンバれば、
そしたら、パワーアップした右腕が出来上がって
今後の“ごりごりごり”は、余裕でできるようになる
って信じてたのに…

信じてたのに。。。



なんと!




なんと、4日目の朝
右腕がスーパーハイレベル筋肉痛になってまして

腕が自力で上にあげられない
   
ってな状態になっちまいましたよ



なんぢゃこれ????
痛いなコレ?????

腕が上にあがらない?

   

あれれ?
どっかで聞いたことがあるよーな

 

えーと。
う〜んと。
もしかして

もしかして
これは

 


四十肩っていうやつですか?!

(いやいや、おまいさんは五十肩ではないのかい?)



ええええーーーー!!!!
アタシも四十肩っていうやつに
なっちゃうわけ??????

(五十肩だってばw)



右腕まったく不自由になって
ちょっとパニクる兎夢。


つづく。

| | コメント (5)

2014年8月 1日 (金)

小枝タン

うちにやってきてほぼ7年経つ小枝タンですが......

201407k01
(写真は6月の小枝)

今朝、ひっそりと亡くなっているのを発見しました。

201407k02
(写真は6月の小枝)

去年もこの時期、激やせして隔離して個別に栄養摂らせたんですが
今年も少し前から痩せてきて「近いうちにまた隔離しよう」と
思っていたのですが…

201407k03
(写真は6月の小枝)

去年ほどまだ酷くなかったのと、昨夜もそうですが
相変わらず他のコたちとよく遊ぶのでそんなにギリギリだとは
気づきませんでした。

201407k04
(写真は6月の小枝)

もうちょっと早く隔離して充分な栄養を摂らせていれば…
と、悔やまれます。

   

初めてうちにやってきた日もガリガリでボロボロで
お店の人に「すぐ死んじゃうかもしれないけどいいんですか?」
と言われ、もし死んでしまったら無料でもう1匹を…
とまで言われていた小枝はうちにきてクラウンローチたちと
とても仲良くなり7年も生きてくれました。

ここ2年間は複数のクラウンローチに囲まれ
皆、小枝に懐いたので毎日全員と代わる代わる
楽しそうにチキチキサワサワやっていました。
(花タンがノシノシでなくサワサワを小枝に教えた)

そう、亡くなる前日の夜も。

とても賢くて観察するのが楽しいコだったので
兎夢はとても寂しい想いですが
今頃アッチで、寧々やステルスくん達と久しぶりに
狂喜乱舞するほど楽しくやってるんではないかと
無理矢理思う事にして小枝の冥福を祈ります。

121011a

(2年前の小枝↑)

 

さてさて、そういったわけで
現在の古株さんは、このコだけになりました。

201407a01

ブラックテトラのD2(←戦うほう)です。
うちにきて8年目に入ってます。
何度かブラックルビーバルブのキララに半殺しの目に遭いながらも
ここまで長生きしてくれて驚きです。
2011年に花タンと同時に、片ビレがめくれる病気になりましたが
(たぶんこのコが先で花タンがうつった)2匹ともそのまま元気です。

現在うちの水槽歴史の中でも一番長生きなD2。
水温が不安定な季節に突入ですが
がんばってこの夏も乗り越えて欲しいです。

| | コメント (6)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »