« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

年賀状

ふ〜ぅ。。。。
もうすぐ今年も終わりますね。
皆さん、年賀状無事投函できましたか?

私はいつもだと今頃追いつめられてヒィヒィしながら
年賀状を書いてる頃なんですが今年はちょびっとだけ
いつもより早く出せました。
と言っても4日前に書き終わったけどあまりの寒さで
外に出られず投函できたのはその翌日の午後だけど(^-^;
久しぶりに元旦に着くかなぁ?(期待)

でも実はもっと早く12月初旬ごろに
「そーだ!今年は早々と年賀状を描いてしまおう!
 たまには追いつめられない年末を体験したいもんだわ」

と、思い立ってハリキっていたんですがちょうどその頃
ポストに届いた“喪中ハガキ”に大変な衝撃を
受けてしまったのです

 

…昔はその多くが“祖母とか祖父”でした。
それが最近“父とか義母”とか親の代に移り変わってきて
『う〜む歳をとるということはこういうことなのね』と
なんとなくその移り変わりを実感してたのですが
今年の12月初旬に受け取った今年最初の喪中ハガキは
いつもの見慣れたものとはまったく違う綺麗な色づかいで
優しいイラストがあしらわれたものでした。
なんだか“素敵で珍しい喪中ハガキ”に見えたので「ん?」
「どなたかしら?」と良く内容を見たら.....
     
高校時代の仲良し同級生の名前

が、そこに書かれているではありませんか!
これには本当にびっくりしました。
年賀状は欠かさず出し合っていて長電話もしたりしてたけど
“偶然ばったり会った”(←1度あった!)以外、
意図的に誘い合って実際に会ったりというのは
何故か一回もなかったのです。
それは同じ県内でそう遠くはない所に住んでいたので
お互い「その気」になればいつでも会えるような
気がしてからだと思います。   
  

でも。。。

   
いつでも会える
....と思っていたのに

もう二度と会えない!

   
郵便受けから出して“その名前”を見た瞬間から見間違いかと思って
何度も何度も、何度も何度もハガキを読み返しました。
亡くなったのは本当に彼女なんだ!という現実を認めるのにとまどって
それを受け入れる事に少し時間がかかってしまったよう。

そして、そこから自分の部屋に戻るまでの間、
高校時代彼女と一緒に過ごした楽しい思い出が走馬灯のように
駆け巡ってきて胸が重苦しくなって何も知らないで過ごしていた
彼女の亡くなった日の自分がうらめしく思えて辛くなりました。

高校時代、同級生なのに私より数倍大人で
聡明でスラっとしててとても美しかった彼女。
(アルバイトも一緒に同じ店舗の中だったけど
 彼女は化粧品売り場で私はおもちゃ売り場←まさに適任適所
病気療養中の事を私に知らせなかった彼女の気持ち。
早すぎる死。
喪中ハガキのイラストから伺える遺された彼女のご家族の想い。
同級生の喪中ハガキというものがこんなにも辛く悲しいものとは...

そしてコレは“始まり”なんだな。
という事にも気づいてしまった!

人は生きてる以上、いつか必ずや死が訪れる。
普段あまり考えてないけどこれは当たり前の事。

ということは…
ずっと生きて行けばいつか誰かの喪中ハガキをこうしていきなり
受け取る事になるんだな!と普段考えてない事に気づいてしまい
当たり前の事なのにちょっと怖くなりました。

なんていうか“お通夜・お葬式の知らせがくる間柄”だと
事故でない限りそれ以前の状況もある程度知ってる事が多いわけで
それはそれでショックがあるけれど多少心の準備もあり
たとえ事故でも、お葬式で“お別れ”ができる。
“喪中ハガキ”で初めて知るというのは、何も知らなかった事が
とても重くのしかかり、そしてそれがとても悲しい…。

そんなこんなで結構落ち込んでしまい....
やっと再び年賀状を書く気になったのが
つい最近となってしまったのですが、

『あ〜大変年賀状早く書かなきゃ!
『わぁ〜い!やっと片付いたやれやれ

今まではこんな気持ちのセット↑だったけど今年は
“年賀状を出せる幸せ”を改めて噛み締めながら
友人知人達から来年も無事にもらえるよう祈りながら書きました。
そしていただいた年賀状で皆さんの無事を素直に喜びたい
と思います。

 

…そうか、これが年賀状の使命であり役割なのか。

    

Nennmatu
 皆様に素敵な来年が訪れますように…

今年も楽しくおつき合いありがとうございました。mm
   

| | コメント (3)

2012年12月17日 (月)

銀座プチうぉっちんぐ

またまた日曜日に銀座に行ってきました。(ちゃんと投票は済ませてます!)
先月も行ったけど今回はホコ天だったのでちょっと雰囲気が違ってて
通りを歩く皆さん達と一緒に「休日気分」を味わえました。

んで。
DUNHILL(ダンヒル)前がなんだか騒がしく人が集まっていたので
つられて見に行ってみたら…

121216g06

ん?
ショーウィンドウ前はなぜかカメラ女子達がいっぱい!

そして時々カメラ女子に手を振るマネキン。。。

121216g05

あれまぁ〜!
ショーウィンドウ内は、活きマネキンぢゃありませんか
「イケメン」より更にランクが上的な「生ナイスガイ」(外国人モデル)
なんでか知りませんが立ったまま5人でポーカーしてましたよ。( ´艸`)

カメラを持ってなかったので携帯で撮りましたが
イチデジだったらもっとお顔が良く撮れたのになぁ(ちょっと残念)
あ、着こなしもさすが素晴らしかったですよ!(そっちを見ろと?)
いやぁ〜仕立ての良い服で男前度が更に更にアップしてましたです。

 

そしてCartie(カルティエ)前。
黄金色に輝く大きなプレゼントが目に眩しいぃぃ〜。
昔こんなライターを見た事があるような....

121216g02

で、夕方になると今度はリボンが輝きだします。

121216g04

「キャー、リボンがかわいい」とか写メっていて、、、フと
反対側を見てみたら、おわー!↓↓↓↓↓

121216g07

向かい側のBVLGARI(ブルガリ)ではこんな事になってました。
昼間通った時には何も気づかなかったけどこれは結構迫力ありましたよ。

なにげに、カルティエとブルガリが競い合っているんですねぇw

121216g01

121216g08

しかし、銀座のデパートでも地元のなんちゃってデパートでも
なんとなくクリスマス商戦が地味な気がします。
いい歳なのでもう数えきれないぐらいの12月を体験してますが
この時期こういった所をブラついてると耳に残るぐらい
クリスマスソングがしみ込んできて、ただブラブラ歩いてるだけで
すっかり楽しいクリスマスーみたいな気持ちになれたものですが
今年はなぜか、ちょっと気を抜くとクリスマスの事を忘れてしまい
どちらかというと「お正月」の方が目についてしまうのは
何故だろう????

この向かい合って競ってるビルのイルミネーションもここまでやってるのは
あの近辺ではこの2件だけでしたし。(ちなみにAppleストアはいつものまま)
しかもブルガリの方は、クリスマスではなく来年の干支のようで
やっぱりクリスマスよりお正月?

なんか変な感じしませんか?
そんな事感じてるの私だけなのかしら???

 

 

というわけで、ついうっかり(クリスマスがどっかに飛んで)
「うちのお正月飾りそろそろ買い替える?」と言った兎夢に
「お正月の前に“クリスマス”だろう?」と言って

Snowman

こんなかわいいジュエリーボックスが
すでに半額セール(早っ!)になってるのを
見つけた家族A、ナイスガイ

クリスマスがまだだって忘れないように買ってきました(笑)
ここにブルガリのジュエリーを入れておこうかしら........ナンチャッテ

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

倒すな危険

Garireo01
※いただきものの温度計

7日の地震は久しぶりに大きく長く揺れたので
忘れかかっていた3.11の恐怖を思い出してしまい
地震が収まった後も手足がプルプル震えていました
3.11から1年半かけてやっと最近、
普通に東京に行ける感じになったというのに(;´д`)

そうそう2週間前の東京直下?の地震の時は
銀座帰りの地下鉄有楽町線の車両内に居たんですよ。
一旦発車した車両がいきなりガックン!と急停車して
ただならぬ気配に乗客達は皆顔をあげて???になりました。
すると「ただいま地震発生中!」とのアナウンスあり。
「な、なに?!」とは思いましたが
乗っていた車両では全然揺れを感じなかったし、
あと一駅で地上に出る!という場所だったので
怖さがあまりありませんでした。
でも念のため携帯電話からtwitterにアクセスしてみたら
地上では結構揺れを感じてるらしい驚いたつぶやきがたくさんあって
『へ〜地下ってやっぱりあまり揺れないんだな』と
結構冷静でいられたんですが、
少し時間がずれて銀座のデパカフェでこの地震を体験してたら、
ま〜た心臓発作起こしそうなくらいビビってたかも。。。と
運の良さにホっと胸を撫で下ろしてました。
   

しかーし!
7日は自宅に居て久々に聞く携帯の緊急地震警報から始まり
ただちにPCで強震モニタチェック!
震源地がわかりそのまま揺れが南下してくるところを
ビジュアルで一部始終見守りおおよその震度もわかっていて
それなりの覚悟とともに『大丈夫!たいしたことない!』
『大丈夫!3.11よりかは小さい!』と自分を落ち着かせようと
必死に努力したんですが、いざ揺れ始めると予測してたより
大きく揺れ出し....というよりあまり体験したことがないような
家が歪むんではないか?というような家の中を対角斜め揺れが
走ってるような妙な大揺れで『たいしたことないはず!』という
安心させてた言葉が吹き飛び『なんだこの揺れ方は!!!』
みたいな恐怖心でいっぱいになってしまいました(^-^;

そういえば3.11の時は家に居なかったので、
こんな変な大揺れは体験してなかったのだねー。
う〜ん恐ろしい揺れ方でしたわぁ。。。。
大きなサッシ(窓ガラス)が開いちゃったり
大きな引き出しが出ちゃったりするわけだ。
(↑これは3.11の時の事)

ちなみに家の中の耐震対策はほぼ完璧なハズなので
恐怖で震え上がる割にはそれほど危険はないハズ。のハズ。

 

あ、だけど最近うちのリビングに仲間入りしたばかりのコレ
Garireo02

ガリレオ温度計

耐震対策をしなければ!!.... |)゚0゚(|
ど、どやって???

 

中の液体はお水ではないらしい。


| | コメント (5)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »