« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月28日 (水)

こまったさえさえ

むかーし、むかし、バスフィッシングにハマった頃。
あんまり面白くて「夜釣り」に挑戦したことがあります。

まぁただ単に....って釣れるの?ってどんな?
みたいな軽いノリでしたが、いざ(北浦で)やってみたら...

すごくまっくらでびっくり!

いや、当たり前なんだけどね、だって夜なんだもんね。
でもホラ普段は都会の人間でしょ?(ホントか?)
まっ暗って言ったって、日常経験してる「まっ暗」は
なにがしかはうっすら見えてるもんだけど....
その時の夜釣りは違った!
本当に真っ暗なんです!!
目...開いてるハズなのに見えない!!
魚釣れても(釣れるんですよ!)いったい何を釣ったのか
見えないのでわからない、ってぐらい真っ暗なんです。

するとね

面白い事に、自分の五感がフル稼働し始めるのがわかるのです。
(あ、視覚以外のね)
特に嗅覚聴覚がすごいビンビンになって(見えないから)
水の音と魚の匂いで釣れそうなポイントを探したりする。
そしてロッドから伝わるアタリもすごく敏感によく伝わってきて
(見えないから)集中力もすごくてロッドの先で何が起こってるのか
(見えないのに)手に取るようにわかるんです!
バラしたりするミスもなくちゃんと釣れるんですよ〜!

…でも自分が何を釣ったのかは見えない(笑)

なもんで、隣に居る家族Aに....「ねぇ、コレなんだ?」って
ロッドの先っちょにブラさがってるものを近づけて聞いたりw
したもんだけど、私に見えないんだからみんなも見えないさ。┐(´-`)┌
触ればわかるんだけどね。
でもね〜見えなさ過ぎて魚種不明のものをいきなり手で触るのが
気持ち悪いっていうか怖い気がして
「ねぇ、何を釣ったのか見たいから車から懐中電灯持ってきて」って
家族Aに頼んだりするw
その間家族Aのロッド(竿)がどっかいっちゃわないように
兎夢が持っててあげるんだけど、(見えないから)あまりに
五感が活性化してて、ちょっと持っててあげてる竿でも
つい魚釣っちゃって両手に見えない魚ぶらさげてる状態になり
懐中電灯取りに行かせてた家族Aに
「人の(これから釣る予定の)魚盗るな!って
えらく怒られたという思い出がありますが......

…えとですね。
アタシはなんていうか心臓が弱くて、何かと倒れやすいので
指を切って三針縫うとき「ワ、ワ、ワタシは倒れやすいから…」
「ぬ、縫う時は.....絶対ベッドで横になってじゃないと危ないんです
と自己申告をして最初から横にならせていただきました。
で、自分の傷口すらまともに見れない状態なので
処置してる間は思いっきり反対方向を向いて

しっかり目をつぶっていたんですけど。。。。

これがまずいことに、目を閉じたりしたもんだから
すっかり夜釣り状態になってしまいまして

視覚以外冴え冴え〜〜〜

見てないのに、今何をしてるのかすっかりまるわかり!
どこにどんな角度で局所麻酔を打ってるのか....とか
なんか液体らしきものが傷口からいっぱいタラッタラ流れてるとか
それをナースがぬぐってるとか...
縫い針挿して指に糸がゴワゴワって通ってる...とか
今度はちょっと離れたとこに針が行った...とか
あ、今....玉結び...しましたね。とか

麻酔してるから痛みはないけど、何してるかはすっかりわかってしまう。
っていうか、なにこれ!ってぐらい神経ビンビン&脳内ビンビン!

せっかく目を逸らせてるのに見てる以上にわかりすぎ!

『イカンイカン....別の事を考えよう....』としても
自分の迷惑な好奇心と冴え冴えな五感を止めることができませんでした

そして、抜糸も見たくなかったのにぃ
やっぱりどんな風に糸を抜いたのか、まるで見てたかのよう┐(-。ー;)┌

いっそのこと、ちゃんと見てたほうが
老眼でよくわからなかったんではないかと

   
ま、そんなわけで無事抜糸も済みましたが
ギザギザな傷口だったもんで、
まだあまりピッタリくっついてません(^-^;
傷口に隙間があいていて、ズレた蓋が乗ってる感じ。

…ねずみさんのお手紙だったら投函できそう(ポストかよ!)

 

あ、医学的には順調に回復しています。
ご心配なく!

| | コメント (4)

2012年3月20日 (火)

知ってた?

20120316
最近の“ガーゼ”って、シールになっててしっかり張りつくんですよ。

兎夢....知らなかった。初日は包帯グルグル巻きだったのに
3針縫った翌日からこんなガーゼだけになって
「ハイ終わりです。お大事にぃ〜!」
なんて言われたもんだからびっくり仰天
去り行くナースに追いすがって
「あ、あの....コ、コレだけなんですか
「なんだかすごい不安なんですけど」と訴えて
この上から(無理矢理)ネットを被せてもらいましたw

でも3日目は『なんか変だな?』と思ってじーっと
このガーゼを貼るとこ見てたもんだから
「コ、コレ、シールだったんですかぁ!!」って(笑)
それ以後はとっとと順応してネット無しになりましたよw

しかし、あれですね。(なんだよ)
やっちまった初日ってのは、脳内でなにかが起こってるんでしょか?
あんまり痛くなかったんですよ。
今思えば、傷が深過ぎてすぐに出血しなかったり
(おかげでキッチンにあまり血をばらまかずにすんだ)
ヤケドの痛さがまだ生々しく記憶に残っていたので
いやいやヤケドのほうが50倍ぐらい痛かったなぁ...とか思ったり
先生に「縫います宣言」される直前まではヘラヘラ笑ってたんですよ。

さすがに縫う直前は顔色無くしましたが.....
怪我の直近に針を刺す(局所麻酔)注射はとんでもなく痛いけど
なんとかヒヒフ〜のラマーズ法でクリア。
その後はもう麻酔が効いて全然痛くないし、
帰宅後は前回もろめちゃ気に入ったw“痛み止め”を飲んだので
やっぱり痛みがない。

だから油断しました。
痛いのは.....痛いのは翌日です!!
翌日のガーゼ交換の時、ベリっと剥がされたとたん
じゅわ〜…ポタポタポタっと滴り落ちる血。

い、ーーーーーーーーっ!!

瞬間的に(なるべく直視しないようにしてたのに)傷口を見たら
なんだかギチギチグチャグチャでわけわからない奇妙な傷口で
『アタシの人差し指があんなになっちゃったぁ
…激しく落ち込む落ち込む

痛いのとキモいのでなんだか気持ち悪い

(-""-;)『…………』

すっかり肩を落としてうつむき静かになっちゃったので

ナース「どうされました?大丈夫ですか?」
兎夢…後悔してるんです(←翌日かいっ!)

 

実話です┐(´д`)┌



なんでしょね。
うわーやっちまったよ〜....って自覚した瞬間から
どっかにスイッチ入るみたいですw
なんか良く笑うんだわ....(自前笑気ガス?)
ホントに痛くて恐ろしい目に遭うのは
そのスイッチが切れた翌日なのねぇ。。。。

ちなみに、その翌日も、さらにその翌日も
ガーゼ交換のたびに出血するので(しかもかなり痛い)
「なんで出血するんだろ?」って先生に聞いてみたら

「一部皮膚が無い所があるからね」....だって!

一部削いでたんかーっ!!


んー...でも全部削がなくて良かったです。
“痛さ度”で言うと...
△切って縫ったとこ
○削いだとこ←後になるとこっちのが数倍痛い!

皆さんもお気をつけください。
あ、でもWENGERのパン切り包丁は素晴らしいですよ!
値段も手頃だし、本当におすすめです(^-^/

 

(切れ味は見てのとおり;;;;;)
(もしかしたら骨も少し切れてるような気がします...まぢで)

 

| | コメント (10)

2012年3月13日 (火)

噂は本当...

二ヶ月ぐらい前(ちょうど右手ヤケドしたころ)....
twitterの自分の友人リストの奥の方でこんな“つぶやき”を目にしました。

「触っただけで血まみれになる(それくらい良く切れるらしい)
 という噂のWengerのパン切り包丁ポチったわ(´∀`)ノシ.」
 

兎夢ちょうど『いいパン切りナイフないかなぁ...』と
あちこち探しまくってた時でした!

 実は3年前に日本製のパン切り包丁を自分で買おうかなと
 リストアップしてたのは、1まんごせんえんもして.....
 本当にいざ勇気を出して買おうとした直前に不況に突入してしまい
 ...そんな事になったもんだからパン切りにそんな大金を払う事に
 躊躇したまま3年経ってしまっていたのです。
 がしかし…日増しに手持ちの安物パン切りナイフは
 どんどん切れなくなっていくばかり。。。ギコギコイライラギコギコイライラ

『あ〜もうちょっと安くて高性能なパン切りナイフはないかなぁ....』

と、まさにつぶやいていた時のことでした。
この素晴らしいtwitterのナイスな情報に感謝してw
その“WENGER”(←アーミーナイフで有名なスイス製)の
パン切り包丁を調べてみたらamaz○nで、

さんぜんえん弱の安さ!
だけどクチコミは上々

   
そして、 触っただけで血まみれになるから気をつけろとな!

(そんな事聞いちゃったら、も〜触ってみたくてしょーがないがな

ついにワタシも(ヤケドが治ってから)一ヶ月前にポチリました。

Wenger01

“WENGER”が言いづらいので(ホントかw)もっぱら
触っただけで血まみれになるパン切りナイフと呼ぶ兎夢(笑)

Wenger02

「わぁ〜い!おにゅ〜の触っただけで血まみれになるパン切りナイフで
 これからフランスパンを切るぞー(^-^/」

とか毎回言うものだから家族Aが心配して
「刃は触るなよ
「触るなったら触るなよ
「絶対絶対、触るなよ
と、なにかとうるさい(^-^;

まぁ、子供ぢゃないんだから一応気をつけてたんだけどね。
一ヶ月ぐらいはね。
なんだろ。
慣れてきて緊張が取れたところで以前の切れないナイフだったころの
雑な使い方とかクセが出て来たんだろか、、、

ちょうど使い始めて一ヶ月経った今日.....

なんと左手の人差し指
Dvc00005_3

血まみれになって3針縫う!!

   
こ、こんな細い所を3針も縫うなんて!
(医者から告げられた時は倒れそうでしたよ

血まみれ血まみれ、ホントに血まみれ!
いや、刃を触って切ったわけではないのだけれど
フランスパンの斜め薄切りを調子良く何枚もギコギコやってるうちに
リズムに乗ってパンに添えてた自分の指もギコギコっ!!
削いでしまったのですよ。
第一関節と第二関節の間の指の背にざっくり刃が入ったのは
わかったけど止められませんでした。
だから傷口は直線ではなく、逆さΩのカタチで丸いのです(^-^;
削ぎ落とすかと思いましたが刃が安定してたので
深く入り込んでいきました(良かったのか悪かったのか

普通の包丁でスパっと切ったんではなく
パン切りなのでギコギコ削ぎに入ったので
自分の指もお肉でできてるんだぁ。。。ってすごく実感できる感触が
包丁持つ手の方に伝わってきましたよ(涙目)
 

でも指の先っちょではなかったせいか、痛さに関しては
比較的我慢しやすかったです。
ヤケドの方が50倍ぐらい痛かった。。。
(でも指に局所麻酔打つ時はチョー痛いぞ!)

っていうか、今年まだ3ヶ月も経ってないのに
もう二度も怪我系でお医者さんのお世話になるなんて

お医者様に縫ってもらう時、
「おかげさまで前回のヤケドは綺麗に治りました!」って
右手見せてから
「こ、こちらもよろしくお願いします」って左手差し出す兎夢。

なんだかなぁ。。。
もっと気をつけなければ。
なんだかいろんな事が恐ろしく感じる今日この頃なのです。

おー怖っ

| | コメント (7)

2012年3月 2日 (金)

冬眠あけ…

(*´ェ`*);;;;;;
いやぁ〜…いろいろありましてちょっと冬眠してました(あはっ)

そろそろ起きなきゃヤバい!って時になんと雪が降りましてね。
いや、“雪が降ってる”のは寝る前に見てたので知ってたんですよ。

20120229yuki11

でも...朝起きてリビングに行ってびっくり!

20120229yuki22

部屋がすっごい明るいのw
  
というのも去年の年末に、このベランダの目の前にあった
焦げ茶色の建築物が、すっかり解体されて
現在見晴らしの良い更地状態になっているんです。
でも普段はやっぱり焦げ茶色の地面がいっぱい見えてるんで
こんなに明るくはないのです。

いや〜びっくりびっくり、ぢぶんちなのにびっくりよ┐(´-`)┌

寝る前(深夜3時ごろ)に雪が降り始めたのを見たんですが
どうせすぐにみぞれになって、どうせどうせすぐに止むんだろう...
と思ってたら、思ってたより積もりましたね!

おとといの(2月29日)雪↓
20120229yuki01
うちのマンション敷地内

久しぶりに10センチ越えです。

この写真撮ったのが午後の2時ごろなんだけど
『うわぁ〜これが明日から凍るのか怖いなぁ』て、
明日からの転ぶぢぶんにビビってたら

なんと、24時間後の翌日には
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

20120301

すっかり雪が消滅。

溶けるの早っ!!

「さすが春の雪」ですね。
(で、今日は雨なのでもう雪なんかあっという間に忘却の彼方に...)


そうそう。
ぢぶんがまだ子供だったころは、もっとたくさん雪が降って
その度に「うきゃー!っと大喜びしていた兎夢ですが
周りの大人たちは
「しばらく道が ぬかるむ から嫌だねぇ
と、どよよんとしてました。

ををう!気がつけばいつのまにか、ぬからない世の中に!
もしかしたらうちの娘はずっと↑のような環境で育ったので
“ぬかるむ”って言葉を知らないかも...(っていうか死語?)

 

雪も溶けたことだし
もう...ごにょごにょ冬眠している場合ぢゃありませんなぁ。

G42001_2

2012年 3月3日(土)〜4日(日)
“川越市女性会館まつり”にて生徒さんの作品展示
(兎夢のも少しあり)

 
 

| | コメント (6)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »