« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月13日 (日)

秋の益子で茶香炉

春に引き続き秋にも訪れた益子の陶器市でしたが
今回の目的は「植木鉢」でした。

しかもゴムの木用のすごくデカい鉢。

うちにずっと生息してる20年物のゴムの木さんが
度々枝分かれしてにょきにょき増殖してくるので
いっそのこと3本仕立てに挑戦しようかな、と....
で、いっそのことおしゃれな植木鉢がいいな、と。
    

ところが!

考えがちと甘かった
   

当たり前なことなんだけど、大きな鉢って 

ものすごく重いやん!!
    

うどん用どんぶりが重くて諦めたのにw
バケツより大きな鉢なんて私の思うままになるわけない
すっごく気に入ったのがあったけど、ちょっと持ち上げてみて
ものすごい早さで諦めました

んで、代わりにげっとしてきたのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Tyako02
茶香炉です!

前回、初めてこのような物を知ってすぐに欲しかったけど
バシっと気に入ったのがなかったので見送ってました。

今回は大鉢を諦めてしょんぼりしてた時にコレにピカっと出会い
すぐに気に入ったので迷わずげっとです。

アップで見るとこんな感じ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Tyako01

Tyako04

Tyako05
渋くてモダンでかわいい(^-^/

茶香炉って本来は上のお皿にお茶の葉っぱを乗せて
お茶の香ばしい香りに癒されるものなんですが....

Tyako03

兎夢はお香を乗せてますw (セシウム茶を炙ったらヤバいしね;;;;)

お香の香りは大好きだけど、いざ焚いてみると
マンション住まいではちょっと煙たいのです。
でもココに乗せると直火でないので煙が出ないうえに
香りが柔らかくてとってもナイスなのですよ
o(゚◇゚o)これオススメ!


※ちなみに“陶器市”の時は全品1割引なので、
 これ3千円でいっぱいおつりがきましたよ。

Tyako06

う〜ん...あったかい色だわぁ。

秋だねぇ。。。。

| | コメント (4)

2011年11月 7日 (月)

秋の陶器市@益子

先週の話ですが...
11月4日に(一応平日狙いで)益子の陶器市に行ってきました。
春にも行ったんですけどね、とっても楽しかったので
秋バージョンにも行ってきました。

11110401

でも今回は器が目的というよりもココ「参考館」が目的です。

11110402

春と同じ場所ですが、光も違うし模様替えもしてあって
配置されてるアイテムたちが違ってました。
前回は外国のアンティークドール的なものが飾ってあった棚にも
今回はこんなお方が...↓

11110409

そして一番の目的
前回ココで“お茶”しそこなったので今回は真っ先に....
(この古民家の土間のような場所で“お茶”が飲めます)

11110403

コーヒーと紅茶を注文。
ちなみにココでお茶飲めるというのが地味ぃ〜に書いてあるので
知る人ぞのみ...という雰囲気であまり他人とカブリません。
なのでココでお茶すると...田舎の親戚の家に来た気分が味わえますw

11110404

益子焼だけではないところもミソ

11110405

しかもおやつ付きでした

11110406

ちなみにこの器たちの仲間が売店で売ってるので
使い心地が気に入ったら買って帰れます。(骨董のそばちょこは除く)

11110407_2

お隣に小部屋もありました。
※自分の田舎のおばあちゃんちに当てはめるとお風呂があった位置

西洋のアンティークカップも似合いそう!
次回はこっちでお茶しよう

ところで...後ろの棚にいらっしゃるキミ......
11110408_2
う〜〜〜ん....
どっかで見た事があるような。。。。

と、思ったらやっぱり!

前回(5月)は古民家でなく.....

11050308
展示棟の方のガラスショーケースの中にいらっしゃいましたね!
かわいかったので5月にも写真撮ってましたよ。
(ちなみにこのシーサーは陶芸家濱田庄司氏のコレクションだそうです)

次回はどこに居るのかなぁw

 

帰り際にまたお隣の作業場をちょいと覗いたら....

11110410
にゃんこが居ました。(前回は植え込みの中でお見かけしましたが)

よく考えるとまったく普通の風景なんだけど

あぁ...和む風景だこと。。。

古い天井のふっとい梁、黒光りしてる柱、しっくいの壁、畳、土間、
アンティーク家具、窓から差し込む光、
それらすべての匂いが調和して......
心にも目にも懐かしい香り
を醸し出してました。

また来年も春と秋に来たい所です。
(真夏は蚊に刺されそう...真冬はチョー寒そう)

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

手前味噌

手前味噌ですが…

2011miso05

自分で作ったお味噌は
   
   
世界一おいしいぃぃぃ
!
(*゚▽゚)ノ



「手前味噌ですが…」って言葉が発生した理由がよーくわかる!


そうそう....
生まれて初めて“お味噌”というものを作ってみたんですよ!
理由は、放射能災害に対するささやかな対処です。
麹菌たっぷりの生味噌(←ココだいぢ)には
身体に取り込んでしまった放射性物質を取り除く働きがあるらしい。
【参考資料】
そればかりか空気中に漂う麹菌も良い働きをするらしい。
原爆投下の爆心地付近だったにもかかわらず味噌蔵があった所では
原爆症が発症しなかった...とか。

てな事を知ってからお味噌って自分で作るほど好きではなかったけど
こんな機会なのでいろいろネットで探してたら
   
こんなお手軽なもの発見!
これなら私にも作れるかも(゚▽゚/
ってことで、すぐにポチった6月初旬。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Miso01
池田屋醸造

さすがに宅急便のおにいさんからこれを受け取る瞬間は
なぜかちょっと恥ずかしかったんですが(^-^;
(…なんか手抜き主婦丸出し感あるパッケージぢゃね?)

その“まぜるだけ”でも非力なので割と大変だったんですがw

Miso02_2

↑とりあえず半信半疑でこんな感じに仕込んでみました。
(2.5kずつ2袋で合計約5kg)

そうなんです!桶でなく、チャック袋で作るんですよー!
この袋もセットに入ってます(ラベルは自前w)

最初は大豆色で白っぽかったんですが.....

615miso01
2週間ぐらいしたら、ほんのり味噌っぽい色が出始めました。
(でも匂いはまだまだ大豆の香り)

で、これ取り説読むと「リビングに置いておいて」とか書いてある。
なので、こんなとこに置いてみましたw

615miso02
ヘンでおもしろい(^-^;
そして暇な時に抱っこしたり転がしたり、エア抜きしたりするんです。

毎日そんなことしてると妙に愛着湧いてきて...
ココに味噌が居ても全然違和感無し!
もうほとんど“かわいいぬいぐるみ”状態ですよw

でも真夏になるとプクプクよく膨らむので爆発するんぢゃないかと
心配になって必死にエア抜きしましたw
濃い色の汁もたくさん出てくるので転がすだけでなく
エア抜きしながらで押したり揉み込んだり....

取り説には
「夏なら二ヶ月」「冬なら三ヶ月」と書いてありました。
なので8月下旬ごろから2号の方を食しはじめましたが...

2011miso01
これが「ものすごくんまい!!!」いやびっくり!
(1号は冷蔵庫に入りきらない都合で更にもうひと月寝かしてます)

ところで、チャック袋で作っておいてから木桶に入れたりしてますがw
実はコレ.....↓

2011miso02

ちーさいんです!

2011miso03

そうそう、カウンター&食卓サイズなんですよ。
木桶屋さんに特注(4寸サイズ)で作ってもらいました。

2011miso04

兎夢家、今はみんな一人ずつ暮らしてるのでほとんど独りご飯。
なのでお味噌汁は、鍋で作らずお椀で作ります。
お味噌と細ーく刻んだ昆布とカツオだしをひとつまみ。
あとは、青さとか乾燥ワカメとか麩とか簡単に具になるもの。
(根菜を入れたいときは別に煮てから煮汁と一緒にお椀に注ぐ)
そして熱湯を注ぎ入れます。

この時(お椀で作る)に、冷蔵庫から出したタッパーだと
なんか風情がないので、木桶の出番ですw
このまま食卓に出して、もろきゅうや焼き鳥やおかゆに
トッピングしたり...と大活躍です!

とにかくずっとそこに置いておいてもいいくらい美味しい!
昨夜は自家製あんこにお味噌をほんのちょっとトッピングしてみたら
これまたすごく美味しかった(^-^/
今まで知っていた味噌とは別物です。
先人が作った「手前味噌」という言葉を甘くみてはイケマセンw

今まであまりお味噌を使ってなかったので
お味噌の減り方の予測が狂いました。
あまりにおいしいのでなんだかグングン減ります。
急いでまた仕込まなければ。。。

Oke01

Huta01
木桶の栗田さん

※都内のデパートでプレゼン(?)していた愛知県からやってきた
 職人さんに直接交渉して作ってもらいました。
 ちなみに、3500円也

| | コメント (3)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »