« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

プロは赤紫

しろうとさんが野菜を作ると....
なぜかちっさくなっちゃったりしますがプロは凄いです。

Aka

45センチ角のお盆の上にどってり乗っかってる↑こちらの大根は
農家さんから直送の、市場のような所から買ってきたものですが
大根といえば大根足って言うぐらい...白いもんだと思ってたけど
   
なんと“赤い大根”です。
   
で、その上にあるのは、紫色のカリフラワー

他にも最近は珍しい野菜がチラホラ目につきます。
最近気に入ったのは、最初から塩味ついてる葉っぱとか。
(名前忘れました
今日見て驚いたのは頭に乗せて帽子の代わりになるような大きな丸い葉もの。
(名前忘れました

市場って季節によって並んでるものが違う上こんな風に珍しい新人君たちも
並んでるので最近では行くのがかなり楽しい場所となっております。

日本の農家さん、がんばってますね〜(^-^/

 

あ、赤い大根も紫色のカリフラワーも美味しかったですよ。

でも、赤いのは皮だけで、中は普通に白です。
漬け物にしたらとっても綺麗!
紫のカリフラワーは熱を加え過ぎると鮮やかな緑色になってしまうけど
ブロッコリーみたいになるのでマヨネーズが似合うカリフラワーになりますw

| | コメント (5)

2010年12月30日 (木)

結果的ナイスサイズ

那須に別荘を買ったお友達のOさんから、
庭に成った 「秋の柿」に引き続き、
今度は「冬の大根」をいただきました。

柿は元々庭にあった樹だったんですが、
大根はOさんが丹精込めて作ったものです。
(庭の一角にこんなして作ってました)
↓↓↓↓↓↓↓※10月30日に遊びに行った時撮影↓↓↓↓↓↓↓

Niwa

あれが...本当に野菜になったんですねぇ

Daikon

で、これがいただいた大根の写メです。

コレ、↑写メで見たときは普通に見えたんですが.....
いただいてから現物をよく見ると、
見かけは大根ですが、サイズは人参サイズでした(^-^;
そういえば別荘の庭で初めて作ったジャガイモは、
プチトマトサイズでしたっけね。
なぜか普通よりちっさいのよねー)

さて、この記念すべき“Oさん手作り初めての大根”
家族Aは「たくあんにする〜!」と張り切ってましたが
兎夢が「手っ取り早く切り干し大根にしてみたら?」(ボソっ)
と言ったのでw
急遽“輪切り”になって干された人参サイズの大根たちです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Daikon2

なんで輪切りかって.....
直径が2センチ〜4センチなので、更に細切りにできず
このまま干した.....そうです。(家族A談)

で、おひさまサンサン

Daikon3

天気が良い日が続いたので....
あっというまに

Daikon4

ち、ちっさー!!
(激縮みましたぜ

20101229d

全部1センチ以下になっちまいました(^-^;
(同じ器の干し芋と比べてみてくださいってばw)

 

でもねー。
ひじき煮のメンバーに加えてみたらとっても美味しかったんですよー(^o^/

Hijiki1_2

切り干し大根の香りと味がぎゅっ!と濃くて歯ごたえもいい感じ。
ひじき煮には普通の大根よりも美味しいぐらい!

Hijiki2

この輪切りがとってもナイスだったんですよ(^o^/


来年もまたこのサイズの大根、もらいたいです!!
Oさん、よろしくです(^o^/
  
   
   
(このサイズ...売ってないからねぇw)

| | コメント (0)

2010年12月26日 (日)

クリスマスケーキ?

昨日は25日。
メリークリスマス(^-^/な日 でしたが....

Cake

別に“クリスマスケーキ”を買おうとしたわけでもなく...
ただただ「あ、たまにはチョコレートケーキ食べたいね!!」ってなノリで

兎夢「これくださーい!」

…すると

店員「クリスマス用ですか?
     

一瞬なんのこと??┐(°Д°)┌???と思いながら(だってチョコだし)

適当に返事したらチョコプレートと、ろうそく3本ついてきました。

  
  
せっかくだから、ろうそく立てて写真等撮ってみましたがw
クリスマスケーキって、ろうそくなんか立てましたっけ?
これでなんか歌うの????
誰が吹き消すの????
    
   
っていうか、なんで....ろうそく3本

???????

 

って昨夜は謎だったんですけど....
一晩経って今朝この画像を見たら謎が解けました。

 

このケーキって3人前だったのね (@o@/

| | コメント (4)

2010年12月22日 (水)

へそまる

うちに来た日↓↓↓↓(水合わせ中)

20101130n01
好奇心でそっとカメラを覗くも....やや不安気な表情(笑)

か、かわエエエエー

 

それが10日経つと...↓↓↓↓(出窓水槽なので自然光が入ります)

20101211maru33
水槽に馴染んでカメラタンも覚えて元気はつらつ!

飛んで来て挨拶してくれるようになりました。
か、かわエエエエー

 

そして最近。
夕食後お腹を膨らませてゴキゲン↓↓↓↓

20101216maru33

気がつきましたか?

 

このコ、お腹にがあるんですよ(≧∇≦)
柄を見て決めたわけではないので
家に連れてきてから発見してびっくりw

そんなわけで「まるちゃん」と呼んでますが....

まだ10回に7回ぐらいは「寧々!」と呼んでしまいます┐(´-`)┌

 

 

※おまけ画像

寧々も最初は、ちーーーっこかったんですよw
水槽初日の寧々↓↓↓↓

20061217nene01

2〜3年で、この窓から見えるのはお腹だけになります(^-^;

| | コメント (11)

2010年12月18日 (土)

泳ぐ好奇心

熱帯魚の本を見ると、殆どたいてい

「臆病で恐がり。1匹だと引きこもったままになるので
 複数飼育をお勧めします」


と書いてあるクラウンローチですが、物心つく前の小さな小さな幼魚だと
人間の子供同様、恐怖心よりも好奇心が勝つらしい...

Maru02
カメラタンを覚えたのでカメラを構えて挨拶に行くと飛んできます。

Maru1
兎夢より、先にカメラタンの方に懐きました(^-^;

寧々をこのぐらい小さな幼魚の時から飼育したら
とてもよく懐いたのでまた小さな小さなコをお連れしました。

20101217m01
カメラタンだと必ず来てくれます。餌でつってるわけではありません。

20101217m02
黒くて大きな“お友達”に興味があるのは大変良いことですw

まだ35ミリぐらいしかないので、先住魚の小枝(約9センチ)とは
まだ遊べません。

現在、身体作り&カメラ慣らしをしているところです。
(寧々にもこの過程がありました)

今の所.....うまくいってますv

 

寧々は生涯二度と出会えないだろう。。。と思う程
特別なクラウンローチでした。(奇跡と言っても過言でないくらい)
熱帯魚なのにまるで子犬のようなのです。
呼べばいつも飛んで来て
毎日挨拶する度に身体を震わせて喜びを表現してくれました。

そんな寧々を急に失ってしまい悲しみがとんでもなく大きかったけど
しばらく悲しんでたら.....
クラウンローチをもっともっと長生きさせられる人になりたい!
と強く想うようになりました。
そしてそれがまた新たな目標になりました。

私は自分が死ぬまできっとクラウンローチを飼い続けるでしょう。
クラウンローチの可愛さは特別です。
そして幼魚の可愛さもこれまた格別なのです(笑)

| | コメント (9)

2010年12月 4日 (土)

幕が閉じた世界

キッチンカウンターの上にあった小さな世界。

80912sui06
寧々タン4歳/ステルスくん6歳)

先月中ごろ。病魚を出してしまい助ける事ができず特別な愛魚を
2匹失いました。

Img_1127

左の2つの小中水槽は、生き残ってくれた小さな1匹と大きな1匹の
隔離水槽です。

病原菌根絶のためにリセットして消毒したカラっぽの本水槽。
ここで7年間、毎日毎日いつも....光り輝いて
小さな不思議わ〜るどを魅せてくれていた箱がご覧の通り
   
からっぽの真っ暗....に。


いつも夜遅くまで光り輝きながら兎夢を癒してくれてたあの世界が
見えません。

80921sui

こんなことは初めてです。
いつ以来?
と考えたら7年間でした。
長かったと思います。
おそるおそる始めた水槽がいつの間に
   
そこにあるのがあたりまえになってました....

20101110s01_2

20101108s02
寧々が遊びを仕込み見事に実を結んだ仲良し2匹!!

20101108s07
3年の付き合いで息もぴったり!

10110834
小枝(3歳半)はステルス兄ぃも大好きで....

10110835

10110833
3匹とても仲良しでした
   

愉快なメンバーたちが消えたその真っ暗な箱を深夜に眺めていたら、

終わったんだなぁ.....と。

20101108s04
呼べば飛んでくる....特別中の最上級特別な寧々タン...でした 

ブログだけではなく実水槽の“不思議なびっくりぼっくすTHE SUISOU”も
終わったのです。


    

   

ん、、、、もとい。

7年間の“不思議なびっくりぼっくすTHE SUISOU Vol.1 ”が
静かに幕を閉じたのかも。。。。

| | コメント (7)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »