« 強風怖いっ!! | トップページ | お葬式っていろいろいっぱい大変;;;;;; »

2010年3月 2日 (火)

仏顔。

去る2月の16日。寒い寒い週の寒い寒い日の朝...
義母が急逝しました。

行年90歳。
死因は急性心筋梗塞(もともと慢性心不全という持病がありました)で、
自分の家の自分のベッドで眠ってるまま亡くなったようです。

義母は3年前に一度倒れて入退院騒ぎがありましたが...
その後すっかり回復して元気に独り住まい生活を復活させてました。
検死による所見ですと朝の4時ごろに息を引き取ったようで
その5時間後の9時ごろ通院補助の依頼をしていたヘルパーさんに
発見されました。

「発見」に立ち会った数名の方のお話によりますと
その時はまだ少し暖かくまさに眠ったままの穏やかな姿で、
皆に「自分も死ぬ時はあんな風に眠ったまま亡くなりたい。。。」と
思わせたそうです。

実際、義母は自宅で亡くなったのでご遺体は一旦警察に引き取られ
知らせを受けた身内である夫と私は警察に呼ばれたわけですが
そこで見た義母は、まだ死後硬直状態だったんですが
本当に綺麗で自然な寝姿(横向き)で眉間に皺ひとつなく、
揺すれば今にも起きそうな優しいお顔でした。

私も今までに何度かお葬式やお通夜に参列した経験があり
何人かに最後のご挨拶をして見送らせていただいたことがありますが
今まで見たなかで一番...いや驚く程、特別に綺麗なお顔でした。
過去に見たことあるご遺体はすでに(おくりびと見て知ったけど)
葬儀屋さんの技術で「穏やかな寝顔」に修正されてるものであり
その上、一般の葬儀の時にはすでに亡くなってから日数も経ち
今思えば顔色も皮膚の感じも、死後硬直の状態とは随分違うわけで...
今回のこのお顔が本当の「眠ってる寝顔のまま」の姿なんだなぁと
しみじみ思いました。
      

このような急な出来事は、残された身内はいろんなことが大変です。
夫の家族はかつて、父、母、兄、夫、の4人家族だったんですが
父も兄もすでに亡くなっており...そして母が亡くなったので
3回目の葬儀を出すとはいえ(遠い親戚はたくさん居ますが)
今回は身近な身内は私ひとりしか居ない状況だったのでなにかと
人出不足でありまして、なんだかとても大変でした。

こんな時の事でよく「一人っ子はかわいそう」と言いますが
身内の縁が薄い「末っ子もかわいそう」だったんですね!
とにかくたった二人で、葬儀の打ち合わせやら
親戚への連絡やらお金(いろんな支払い)の準備やらで
てんてこまいの忙しさ!
しかもこの週はとても寒かったので葬儀前に二人ともすでに
ヘトヘトになってしまいましたが
そんな時...仮安置されてる“義母の寝顔”があまりにやすらかなので
毎日忙しい合間をみてお焼香する度に和む和む。。。。
顔見て...和む!

妙なハナシですが、まさに疲れが吹き飛ぶ死顔なんですよ。
なんですか何度も見たくなる死顔なんですよ。

「あぁ...お義母さんったら本当の仏様!」

見た人をなごませるご遺体て。。。。。まさにこのことを
仏様って言うんだなぁ、と思う程
綺麗で穏やかな義母でした。

遺産とか高価な遺品とかは何も残さなかった人ですが
お金では買えない、
作ろうと思っても作れない完璧な仏顔を
私たちに残してくれた義母でした。

そして...
火葬される瞬間までそのことに感謝させていただきました。
お義母さん、ありがとうございました。
寒くない所でゆっくりお休みください...

 

誰でも必ずいつか「死」が訪れます。
人に悲しみではなく安らぎを与えられるような
美しい仏様になりたいものです。

 

   
そうそう...
義母は焼かれても完璧な喉仏様を残しましたよ!!
私は完璧なのは初めて見たので、
それがあまりに仏様のお姿でとてもびっくり!
そして感動しました。

|

« 強風怖いっ!! | トップページ | お葬式っていろいろいっぱい大変;;;;;; »

コメント

改めて、悲しみのお気持を拝察いたします。

在りし日の大切な思い出を心に浮かべれば、
お母さまもきっと安らかにお眠りになることと思います。
心からご冥福をお祈りいたします。

弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。

> 行年90歳。
死因は急性心筋梗塞(もともと慢性心不全という持病がありました)で、
自分の家の自分のベッドで眠ってるまま亡くなったようです。

色々と持病もちの私ですが、このような死を迎えたいものだと思います。

投稿: 愛美の父 | 2010年3月 2日 (火) 06:04

遅ればせながらこの度はこころからの弔意を込めて…
とあえて申し上げさせて頂きます。
(仏さまの様な和やかなお顔には「お悔やみ」よりも
 その方がふさわしいような気がしましたので)
お会いした事はなかったけどお伺いしていて
とても周囲から愛されていらっしゃったんだなあとお見受けしていました。
財産よりもなによりも暖かな笑顔と思い出を残されたお義母様、
そしてそれをちゃんと受け取られた兎夢さんとご主人様は
本当に素敵な仲良しご家族だからこそだと思います。
(うちは親戚が多くて私はひとりっこ…
 結構葬儀に出た親からいろいろ後日談聞かされてますのね^^;)
本当にこの所の気候は少し落ち着かなかったので
兎夢さんもどうかお身体をおいといくださいませ。

追伸:せめてお花だけでもと思ったのですが
   ここしばらくみっちりしごかれてちょっと手配が遅れています。
   今しばらくお待ちくださいませ。

投稿: 更紗 | 2010年3月 2日 (火) 21:27

>愛美の父さん
 また季節の変わり目がやってきますね。
 私は緊張が解けたのか?ここのところ
 なんだか異常に眠くてたまらない日々です。
 昼間は使い物にならない、、、、(困;)

>更紗さん
 確かに「お悔やみ」という字面を見ると....
 なんか違う気がします!
 さすが更紗さん。

 そういえば更紗さんは「一人っ子」でしたね。
 親戚はたくさんですか。
 でも自分の親戚ならいいかと思います。
 「嫁」の立場で義母の兄弟姉妹が遠くからたくさんやってくると
 日常味わった事無い妙な緊張に縛られます(^-^;

 葬儀に出た親からいろいろ話を聞かされるのは
 いいことだと思いますよ。
 うちの夫は長男教育受けてないし、そういったことが
 まったくなかったのでとまどうことがいっぱいで大変でした。
 まだ遺品の整理とか納骨式とかやらなきゃいけないことがあるんで
 ホっとした感じでもないんですが今はちょっと気が抜けてる状態です(^-^;

 たまにいただくメールで充分和ませていただいてますから
 お気遣いなく(^-^/
 

投稿: 兎夢 | 2010年3月 4日 (木) 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強風怖いっ!! | トップページ | お葬式っていろいろいっぱい大変;;;;;; »