« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月26日 (月)

●プチ旅行お数珠づくり体験編

瑞巌寺で(兎夢的観点で言うと)銀河鉄道999に出てくる
“車掌さん”にそっくりな方に話しかけられた。
いわゆる世間話だけど最後に、伊達政宗のお孫さんの菩提寺
円通院に立ち寄ることを勧められる。
お庭が大変綺麗なこと、お数珠づくり体験ができること、
住職さんが女性であること、などがオススメの理由らしい。

こんな“なまなましい”感覚に包まれるこの地で
結構そこそこ訪れてる人々も多い中、
なぜか私たちに話しかけて来た“車掌さん”の話なので
これもなにかの縁!と思い言われたとおり行ってみることにした。
(お隣なのでそのまま歩いて行ける)
   
道中気になったことをちょっと親友Kに聞いてみる。
  
「ねぇ....あのひと...誰?」

  

…どうやら瑞巌寺の警備員さんらしい(笑)
いや、そうだろなぁ、とは思いつつなんか自分が知ってる警備員さんとは
どことなく違和感があったものでね(^-^;
と同時に、いったん“車掌さん”に見えちゃったら
もうそれ以外考えられない!みたいな。
そうか...警備員さんの青い制服姿が銀河鉄道999に出てくる
“車掌さん”に似てるということか...... 
(後でわかったんだけど警備員さんの制服がアウトドア仕様だったため
 コート型だったんですね。襟もたっぷり首も埋まるほど大きく...w)

050
↑国指定重要文化財/光宗公の霊廟三慧殿@円通院

余談ですが...兎夢には変な癖があるようで、
イギリスに行ったときも道ばたに居る生成りのリネンをまとった
青い目で彫りの深い金髪ロングヘアーなご老人を見て
「あ、神様!」と思っちゃったらもう「神様」が止まらなくなり
自分から話しかけてみたりして神様と会話したことにえらく満足。
(↑道を尋ねてみました( ´艸`))
その後「神様」がそちこちゴロゴロ複数居ようが一切気に留めず。
Waterloo駅構内で警官にしょっぴかれてる連れ立って歩いてるのを
見ても気に留めず....いや、コレはちょびっとショックだったけど(笑)

さて…そんな“夢見る乙女”の成れの果て話はいい加減置いといて、
先に進みます。
  
結果的に円通院を教えていただいてとても良かったです。
全体的に清楚で静かな落ち着いた佇まいで、さほど広くもなく(?)
一見地味な印象を受ける庭ですが、ものすごく美しい!
うっすら雪もありましたが美しい庭の中、地面をついばむ小鳥も
見る事ができ、ホント心から癒される空間でしたねぇ。
ご近所でしたらしょっちゅう訪れたい場所になることでしょう。(残念)

そして、本堂ではお数珠作り体験です。(円通院HP参照)
お部屋にあがらせていただくとストーブがカンカンでポッカポカ。
暖かくて田舎の親戚のお宅にあがったみたいでえらく和みました。
(たぶんこの日の外気温は2℃ぐらいなハズ)

お数珠といっても、普通の「なんまいだぁ〜」のお数珠ではなく
パワーストーンのブレスレットタイプです。
ここでご供養されてる石を使うのでこれを腕にはめてると、
はめてるだけでお経を唱えてるのと一緒だというところがお数珠ですね。
「親珠」とか「主珠」とか「二天」とか...配置が決まってるところもあり
指示にしたがって、自分が選ぶべきところの石を
数ある種類の中からピックアップして配置していきます。

石を選んでるときは特に深く考えず感覚だけで選びましたが
これが出来上がった時に住職さまが“自分が作ったお数珠”の持つ
パワーをひとりひとり解説してくれました。

051

兎夢はパワーストーンに興味があっていくつかブレスレットを持ってますし、
何種類か石の持つ意味を知ってるのもありましたが
今回はなるべく自分が持ってない石(知らない石)をピックアップしながら
ブレスレットではありえない(持ってない)石の置き方にチャレンジした結果
↑こんなもの(向かって左)ができました。

ちなみに、自分の手首のサイズに合わせて石の数が決まったので
親友Kは兎夢より石が3個も多くて...それがちょっと羨ましかったヨ。

で、兎夢が作ったこのお数珠パワーですが...お話によりますと

  知恵を向上させ、持ってる才能を引き出し
  忍耐力と体力を支え、魔除けしてる

こんな感じでした。
最後の「魔除け」の部分は「水晶」の持つ意味を知ってて
意図的に入れたものですが(下の水色の間にある透明な石)
他の石は何かに取り憑かれたようにババババっと選んでしまい
ちゃっちゃっと糸に通し、隣でピックアップに悪戦苦闘してる親友Kに
プレッシャーを与えるほどでしたが、出来上がってから我に返って
なんか変な色合いだなぁ。。。と自分でびっくり(^-^;

でもね、「意味」を聞いたときものすごく納得しました。
だってここに来る時の新幹線の中でのおしゃべりで
今、自分が欲しいもの、として話してた内容とピッタリ一致!
今年はなにかと大変な年になりそうなので
「自分をもっと磨いて能力を高め、良い仕事をバリバリしたい」と
言ってたので、、、、
(こーまとめるとカッコいいが実は昨年の仕事が医療関係だったので
 何かと難しいことが多く、頭が良くないと仕事の進行が大変だったことで
 もっと自分にチカラが欲しいと思ったのですよ)
このお数珠パワーを聞いた時、
親友Kもびっくりして「ピッタリだね!」と喜んでくれました。

親友Kの方はローズクォーツが入ってるので「恋愛運向上」みたいに
説明されてましたが、これって人間関係が向上するパワーなので
現在の彼女の仕事を考えると、とてもナイスな石だと思います。
あと彼女の良さもガンガン引き出してくれるに違いない。
(ローズクォーツ以外の部分では確かそんな意味合いを言ってたような)
ここ近年彼女には困難が次々に押し寄せ毎日必死で戦ってる状態。
このお数珠づくりも兎夢より数倍真剣でした。
そんな彼女が自分で作ったお数珠を嬉しそうに腕に通してる姿は
自分まで嬉しく感じる光景でしたよ。
うんうん。今年もがんばっておくれ!

そんなわけで、このお数珠作り体験は大変楽しかったうえ
私たちにとって有意義だったと思います。
(お布施料3000円也)


つづく....かも。

| | コメント (2)

冬のプチ旅行2

“カモメと遊ぶ遊覧船観光”も終わって...
“激うまの牡蛎”も食べ終わって...
松島の「ぶらり観光編」です。

国宝瑞巌寺HP(Wiki解説はこっち)

039

この門から入って真っすぐ先に本堂がありますが、入ってすぐ右奥に
↓こんなのがあったので“呼ばれて”フラフラっと見に行く。

043

うなぎ?
(後で調べたら松島では昔、鰻をたくさん食していたらしい
 その鰻の供養に建てられたらしいんですが...牡蛎は?
 牡蛎塚はなくてよろしいの?)

で、そのまま順路みたいになっててココから左へ
小径を更に進んでいくと...

042

浅い洞窟があり...
手前にあらせまするのは観音様たちですが

044

古いです。
でも荘厳とか神々しいとかいうより...

046

兎夢には、なんか“なまなましい”感じ。
なにが?ってわからないけど、とにかく浮かぶ言葉は

“なまなましい”

なまなましくてたまらない。
いったいココはどうゆう所?!
と思いながら進むと、ありました。

解説が↓

045

どうりで。
霊場って....我が街川越にもそう呼ばれる所はいくつかあるけど
ここは古さのせいか?生の自然が大き過ぎるせいか?
とにかく、なにかが“なまなましい”。
これを体験してしまったら、そこいらの霊場と呼ばれてる所は
霊場の“抜け殻”?みたいな感覚になります。(ワっ!罰当たり発言(><)

そして極めつけはコレ↓

048

049

“どなたの”遊び心なんでしょか...
っていうか、う、後ろが

他にも「法身窟」が凄かったけど...
写真に撮るのも忘れるほど凄かったけど(^-^;
(なので他の方のお写真を拝見)

ココで親友Kは(写真右の石碑の後ろにある)六地蔵塔の“後生車”を
手で回して「六道を輪廻する未成仏霊」を救済してました。
(たぶん1.5人分ぐらい)

他に、供えられた大きな車輪が光る
「鉄道殉職者弔魂碑」というのもありました。
先人達のご苦労を偲びながら
本日この地に立っていることに感謝させていただきました。
美しく磨かれた車輪のせいかこちらはすごく近代的に見えましたね。
(なので写真撮らなかったらしい)

    

つづく...かも。

| | コメント (4)

2009年1月20日 (火)

冬のプチ旅行

先週末は、高校時代からの悪友親友Kと一緒に日帰りですが
女ふたりのちょっと息抜きプチ旅行に行ってきました(^o^/

030
現地に到着して一番最初に口に入ったのがコレ!(笑)

031
そしてそして、お目当てのコレっ!

034
っぷりっぷり!!!で、ひとくちでは食べきれない大きさ!
ハグハグっとほおばれば想像以上のジューシーな美味しさに、
うわービックリ〜

想像...なんてものはしょせん今までの経験をもとに成り立ってるものだから
未知のものを食べれば想像以上になるのはあたりまえのことなんだな…と。
函館で「イカ刺し」食べた時
「今まで(関東で)食べてたものはイカ刺しぢゃねぇ」と思ったのと同じ
「今まで(関東で)食べてた牡蛎は牡蛎ぢゃねぇ」でしたよ。
(この後、牡蛎雑炊と牡蛎丼を食べました)

あぁぁぁ...思い出しただけでも、ぢゅるっ

ということで「日本三景-陸奥の松島」に牡蛎食べに行ってきました(^o^/
松島...すごくいい所でした!

彼女とは高校時代、春休みと夏休み2回に渡って一緒に
“鉄道でなぞる日本一周旅行”をした仲です。
高校生なのでお金無いから(最終日以外は)どこにも泊まらず
すべて車中泊での旅を一緒に経験した仲なのですよ。
今回は日帰りでしたが、うんじゅううんねんぶりに
こうしてまた席を隣にして一緒に旅行ができた喜びもひとしおで
とても楽しい1日を過ごす事ができました。

帰宅後。
あんまり楽しかったから『こりゃ“笑う夢”見そうだな』と思ったら
ホントに自分の大笑いで目が覚める“笑う夢”見ましたよ。
いやぁ...いいよね、こうゆうささやかなシアワセも。。。
日々の励みになるわぁ。

今はお互いいろいろ大変だけど、またこうして息抜きしたいねぇ。
そしてだんだんグレードアップしていけたらいいねぇ。

つづく...↓

| | コメント (5)

●プチ旅行電車編

朝は親友Kと待ち合わせて、大宮発7時22分の新幹線
これで仙台まで行きます。
なにしろ、この二人うんじゅううんねんぶりの一緒旅行なので
もう朝から(兎夢なんか朝早いので寝ないで行った)
ペチャクチャペチャクチャ女同士のおしゃべりは尽きない。。。

新幹線のガクンっ!としたブレーキと車内アナウンスらしき声で
我に返った二人は「いっこめの停車駅ってドコだろねぇ〜♪」とか
呑気なこと言いながら窓の外を見ると、、、、、

「仙台ぃ〜仙台ぃ〜!」

「ええっ!もう仙台?!早っ(アタフタアタフタ)」

たった1時間15分で仙台に到着です。驚きの近さ!
旅行気分、まだ全然味わってないよぉ〜

仙台からは「仙石線」(石巻に行くやつ)に乗り換えです。
ちなみに「仙山線」(山形に行くやつ)もある。

これに乗り換えてからは40分ぐらいで着くハズなんだけど
あとひといきってところで、終点になってしまい
“乗り継ぎ”になってしまったけど、そのおかげで
自分たちが乗ってた車両がこんなだったことを知って
写真を撮る時間があった(笑)

015

016

018

石森章太郎のキャラクタートレインだって。
これが“なんの漫画”だってことがわかってもすぐに口に出せる
同級生との旅。あぁお気楽でシアワセだこと(笑)

外見はこうだけど乗っちゃうとまったく普通のローカル列車で
地元学生がジャージ姿で隣に居たり(しかもほぼ標準語)
...だったのでやっぱり“旅行気分”湧かず。
ただ寒冷地仕様(?)の乗り降りに自分で扉を開け閉めする
車両だったので兎夢的にはそのボタンが新鮮でした。
熊谷市在住の親友Kは「熊谷でもこれついてるよ」と言うので
同じ埼玉県内にもそんな車両があるんだ!と驚いた兎夢。

ということで、ドア係に任命したら慣れた手つきで
到着駅まで乗降ボタン係やってくれました。(確か帰りも)

つづく↓

| | コメント (0)

●プチ旅行カモメ編

大宮駅でに乗って仙台駅でに乗り換えても
9時半ちょっと過ぎた頃には松島海岸駅に到着。
(大宮から2時間ちょいといったところ)

列車内には自分たち以外にあまり観光客らしき人たちは
見当たらない気がしてたので、電車降りて駅前に出た時
さっそく遊覧船クルーズにお誘いのおぢさまに声を掛けられて
そのままチケット売り場に行く人たちが
思ってたよりたくさん居たのでちょっと驚きました。

020

私たちも最初っから乗るつもりだったから声を掛けられて助かったけど。
初心者観光客と、もう通になってる観光客とか地元民とか
巧みに見分けてるおぢさん、すごいなぁと、つい思ってしまった。
でもよく考えてみると、改札出るなり“目が泳ぐ”のが、
そのまま船に乗る初心者観光客だったのね。

...まんまと目、泳がしちゃってちょっと悔しい兎夢でした
(負けず嫌い)

021

しかしこの“松島湾一周クルーズ約50分”が思いのほか良かった!
なにが良かったって、生き物好きの兎夢にとっては
  
カモメとの触れ合いがすごく良かった!

Kamome

航行中は“カモメの餌やり”と称して船内に
“カッパえびせん小袋100円”が用意されてます。
兎夢、カモメの餌は魚のすり身っぽいものと勝手に思い込んでいたので
「カモメの餌ください〜!」って船内の売店に行った時
「そこからどうぞ〜」と言われて示されたカッパえびせん小袋群を見て

「え!…こ、これっすか?!」

びっくりした拍子にまぢでヘンな言葉出ちゃいましたよf(^-^;
(美しいマダムふたり旅のハズなのにぃ。。。)

で、親友Kのところに戻り「カモメのエサがカッパえびせんだよ!」と
ひとしきり騒いでいたら彼女が
「カモメ...塩分過多になっちゃうよねぇ。。。」と塩分を心配してる。

…いや、心配するのは塩分でなくて油分のほうぢゃね?
カモメ達は普段海水の中に居る魚食べてるんだから一緒に口に入る塩分の
処理ぐらいはできそうな気がするけど油分は....?

まぁ心配しながらも、ひとつまみのカッパえびせんをデッキから
身を乗り出しながら差し出すと.......

〜ぱひゅぅ〜!

と、旋回して来たカモメ達が次々に素早く“くちばし”で捕っていく。
最初のうちは、あのくちばしがずれて兎夢の手に刺さったりしないだろか?
と心配だったけど、ずれて身体の一部が触れてしまう多少の衝撃は
あるもののくちばしが“刺さる”ことはなかったですw

で、これ慣れてくるとハマるハマる!
そこそこのスピードで走って揺れる船に乗ってるヒトの指先にある
小さなカッパえびせんを上空から旋回してきて狙いを定め
捕っていくわけだけど、うまいやつも居ればヘタなやつも居る。

観察の結果3タイプにわけられるもよう。
1.旋回しながら一気に近寄ってそのままかっさらうタイプ
 ↑ズレることが多々ありカモメの首や肩が手に当たる
2.旋回しながらも、手元間近で一瞬滞空してよく確認しながらそっと
 えびせんを取る。
 ↑カモメと世間話ができそうなくらい余裕があって見事!
3.旋回しながら船に近寄りすぎるのが怖くていつまでたっても
 外回りしてるやつ。
 ↑いつも残念そうな目をして通り過ぎていく。

ほとんどが1番なわけだけど、たまに異常にスマートな2番が居て
感動します。
そしてヒトには見えないけど風向きの関係か、
突如近寄ってこなく(これなく)なることがあり
『あれ?やけに外回りになったねぇ???』って見てると
今までよりほんのちょっと風下の位置で滞空して
兎夢の目見ながら「投げて!」って合図してくるやつが居る!
あんなちっこい目なのに、アイコンタクトができるカモメ!
『よしわかった、いち、にぃ、のぉ、サン!』
兎夢、投げる前にお決まりのモーションつけて高く放り投げると
やつは見事にキャッチ!

クー!...た、たまりません

この瞬間の満足感はたとえようがないね(笑)
きっとうまくキャッチしたカモメも同じような満足感
味わってるんだろな。

でもヘタなやつも居るおかげでカモメの首周りを生で触る事が
できました。指先に感じた体温、質感...今でも忘れません。
寒空の中飛んでる割にはそんなに冷たくなくてとても筋肉質でした。
ニワトリやハトとは比べ物にはならないね。(比べるな)

でも兎夢、経験あるけど.....移動中に当たったとこって
その時はたいしたことないと感じてても後で
痛んだりアザになってたりでびっくりするんだよね。
何度も当たっちゃったカモメの首...大丈夫なのかしら(^-^;

Nec_9149 Nec_9150
        ↑親友Kの携帯写メ↑

50分間一緒に航行するカモメたち。
計画してたときは“カモメと遊ぶ”なんて予定に入ってなかったけど
寒さも忘れてホントに楽しいひとときでした。(^o^/

鳥嫌いな方は明るくて暖かくて広くて綺麗な船内でまったりどうぞ。
観光ガイドの英訳が意外におもしろいですよ。

つづく↓

| | コメント (0)

●プチ旅行おみくじ編

松島湾を望むように建てられていて

037

桃山建築で国重要文化財となってる五大堂ってところで
“おみくじ”ひいたんですよ。

うちも、出版業界と自動車業界の不況をまともにくらって
いろいろあれこれ深刻な1年になりそうなので
ついおみくじも神妙にひいてしまいます。

で神妙に引いた兎夢今年初の、このおみくじ冒頭がね...

Omikuji02

げげっ!
  

転げ落ちるの?
   

お先真っ暗?!

 
  il||li _| ̄|○ il||li

涙目になるの押さえて読み進んだら....

Amikuji01

なぁ〜んだ、良い事だったの...(=´Д`=)ゞ
ビビったぁ。。。

とりあえずホっとして更に読み進めると...

Omikuji03

う〜〜ん。。。。
う〜〜ん。。。。

う〜〜ん。。。。ま、あれだ、
つまり..アタシのことぢゃん!(ということにしておこう)

おみくじって久しぶりにひいてみたけど
ボぉ〜としてたら解釈が難しいのね。
意味を読み取るだけで身が引き締まったわぁ。。。

ちなみに、【学問】困難です。一心に勉強しなさい。以外は
全部良い事が書いてありました。(爆)

つづく...かも

| | コメント (2)

2009年1月 8日 (木)

あけてまして2009

え、え、
松の内終わっちゃったの?

2009nenga01

ま、とりあえず、
昨年中は暖かいコメントありがとうございました。
本年もヨロシクお願いいたします。m(..)m

昨年末は死にそうに忙しかったんですが
やっとなんとか落ち着いてきました。
たまにメールで励ましてくださった皆さんありがとございます。
孤独と戦うSOHOになによりの励みでございます。
...なのでブログの更新だけはコメント欲しさに続けたかったのに
それさえままならないという久々の激務でしたわぁ。。。
今回は医療系の本なので出来上がったら
みなさんの健康のためにもおすすめ紹介させてもらうかもです。
(あ、本の題名まだ聞いてないや(^-^;)

Cake01
↑お正月だからって奮発した“あまおう”のショートケーキ

なんか今年はね、郵便局の都合なのかみなさんの都合なのか、
お正月中に届いた年賀状がものすごく少なくてびっくりなんですよ。
最初は、みんな忙しいんだな、って思ってたけど
さすがに毎年必ずいただいてるメンバーからも届いてないので
郵便局に確認してもらおうかな...と思ってた矢先に昨日
どさっ!って例年の三分の一ぐらい来ました。
あと三分の一.....は????(いただけてないのか?

2009nenga02

....っていうか、弟2号からも来てないぞ。
ねぇ、出した?
うちのちゃんと届いてる?

※地域的に言うと、
 福島県と神奈川県から1通も届いてない!
 という現象

| | コメント (10)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »