« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月26日 (月)

これもアジアな定番おみやげ(^o^/

ちゃんと1つあったです(笑)

あ。コナンくーん!?
omi01
ピ、ピンクのブレザーですか?(^.^;...蝶ネクタイ黄色だしぃ。
目がちっちゃくて顔が平べったい気もするんですが。

裏表紙のコナンくん(?)は、蝶ネクタイが赤(^o^/
omi02
でも、ブレザーの色は、、、、意地でもブルーは着ないらしい(笑)

ちなみに.....みんな居ます。
omi03

ほらっ、
omi04
おっちゃんもちゃんと寝てるしぃ(笑)

| | コメント (3)

2005年12月24日 (土)

南国サンタさんの袋の中身

の、一部です(爆)
もう身につけちゃったアクセサリーとか(笑)
まだ象さんのTシャツとかがいっぱい。

santabag

見てるだけでも楽しいねぇ、アジアン雑貨(^o^/

| | コメント (9)

2005年12月23日 (金)

南の国からサンタクロース

初もぶろぐお試しちぅ。

ここは成田です〜。
今日のところは到着ロビーだけど次回は出発ロビーだな。
それまで待ってろよ出発ロビー!(逃げないって)

でも本日は南国のおみやげ満載なサンタさんをお迎えなので
おみやげ...わくわくなのです。
o(^∇^)o...p1000170.jpg

| | コメント (3)

2005年12月20日 (火)

非常に目立たず....

発売ちぅ。
06b01
年賀状をつくろう!関連にすっかり押しのけられて
まったく目立たない所でひっそり発売ちぅ....(笑)

見覚えのある人も居るかと思いますが、2004年版に引き続き
なかなか好評だったため、兎夢の素材イラストがプラスアルファで
2006年版に再収録となってます。(おまけCDにね)

06b02
ね。

06b03
で、今回はシール用素材だけでなく、
12ヶ月のお花をテーマにしたカット素材も提供。

06b04
ところがなんということでしょう、、、、
IllustratorCSで作った画像なのに
GIF画像にされてしまったのですよ(悲)
まだまだ受け渡しデータの互換性に問題ありなこの世界、、、、

06b05

まぁとりあえず本屋さんで偶然発見したら....
(TUTAYA鶴ヶ島店にも川越の紀伊国屋書店にもあったよ)
たまにはWeb上でないとこでの「兎夢」の文字を見て
『ほほぉ。。。』とかつぶやいてみてください(笑)

他にもあるけど、今回は季節柄こんなん紹介してみました(^o^/

| | コメント (6)

感動は心のエネルギー!

ま反対な生活。

お酒を一滴も飲まず。
毎日、早寝早起きして。
お日様の光浴びて外を歩き。
冷たい風を受けて自転車にも乗り。
食事はできるだけ努力して少量でも日に3回。
人と良くしゃべり。
良く笑い、大きな声も出す。
興味があるとこにはマメに出かけて行って。
新しいものをいっぱい見ていっぱい感動する。

Albert03

そしたら....
たまげるような酷い自律神経失調症の症状がすべて消えました(^o^/
動機息切れ不整脈のみならずパニック発作や躁鬱病まで引き起こしてたのに。
ちょうど一ヶ月で....逆に以前より健康的で顔色がいい!とさえ言われるようになりました(^.^;

このような生活って普通の人がたいていやってることなんですけどね。
今までこれを裏返したような生活だったんですねー。
(んもー自律神経失調症なんてなるべくしてなったってかんじぃ)
SOHOだからしかたがないと思ってたけど....。ってか特権みたいな(^.^;

ストレスに打ち勝つためには、自然界にさらして鍛えた健康体が必要!
健康体であれば、ストレス回避の思考もいっぱい浮かんでくる訳で。
健康体であれば、自分を助けてくれる人達にもいっぱい接することができるわけで。


世の中いろんなことがあって、へこたれて動けなくなっちゃったら
まずは、動ける身体にすることが最初にすることなんだなぁ。。。
って、つくづく思い知ったきょうこのごろ。
「ひとりでがんばりすぎない!」って意味がやっとわかってきたきょうこのごろ。

一生懸命、私を助けてくれた人。
知らず知らずのうちに私を助けてくれた人。
たくさんの私を動かしてくれた「人たち」にもとても感謝してます。

そしてみなさん。
健康な身体はココロのためにも大事で必要なものなので不摂生はほどほどに!

f(^.^;...ハイ、ぢぶんに言ってます。
このまま今度はアレルギー撲滅に向かってれっつごー!...だわ。


※お話に関係ない画像は去年イギリスから連れ帰ってきたアルバート

| | コメント (7)

2005年12月15日 (木)

兎夢よさこいチームに入団(^o^/

以前からやりたくてやりたくてしょうがなかったんですが
やっとチャンスがめぐってきました。
うちのすぐ近所でメンバー募集があったのです!

↓初めて手にした鳴子という楽器。
naruko03
これを両手に持って踊ります。

本場高知県の直属チーム(?)らしく思ってたよりかなり
ハイレベルでビビリましたが、も〜ぉ1度見たら虜です!
す、素晴らしいねー、あのチームワーク。
気持ちいいねーあのキレのある踊りと威勢の良い掛け声!

兎夢、1匹オオカミのように1年中ひとりでじっと仕事してます。
他人より抜きん出た「個性」が勝負の世界に居ます。
そして、基本的にはいつも黙って仕事してます。
(たまに笑ったり独りごと言ったりしますが...)

それに対してこの「よさこい」はまったく対局の位置にあって
「チームワーク」が一番大事な世界なのです。
皆と一糸乱れず揃って動けなければいけません。
老若男女一緒に同じ踊りして一糸乱れず揃って動くのです。
でっかい人もちっこい人も。
だからいつも皆で声を掛け合います。

どーです、このまったく正反対っぷり!!!
この両方に身を置き、
それぞれを精一杯成し遂げることによって得られるものは、
両方に身を置かなければ得られない、
きっと素晴らしいことではないかな。

ということでまた筋トレな日々が始まるのです(^.^;
来年真夏の「原宿表参道スーパーよさこい」とか
「浅草スーパーロックよさこい」とかに
デビューできるだろうか(笑)

できたらいいな。
がんばろっと。
そのうち兎夢の粋なコスプレ(?)姿ここに披露するかも(笑)

・・・・・・

・・・・・・

 あ、アナタ、アナタ、"d(-x・)チッチッチ....
「兎夢さんって昔タケノコ族だったの?」ってコメントなんか
 しちゃイケマセンことよ。

 ...........死語だしぃぃぃ。

| | コメント (5)

2005年12月 6日 (火)

生カホンに興奮した夜...

もともと不整脈持ちだったんですが....
いつもより長引く不整脈と動悸の乱れ打ちに辟易しはじめたある日。
そーだ!
本当の正しいリズムを身体に体感させて思い出させてやろうではないか。
ということでラファエル・アマルゴのダンスステージを見にいくことに
しました。

なぜラファエル?
たまたま見てたテレビで紹介してたからです。
「超イケメンのスペイン人フラメンコダンサー!」
古典的フラメンコのみならずヒップホップも取り入れて...うんぬん。
ををっ!
美しいものが好きでヒップホップな私にはいいかも(笑)
フラメンコはよくわからんが、、、

ということでネットでポチっとな。
そしてお得なクリスマスシートをげっーと!

1205o

最初はカホンが使われてるなんて全然気がつきませんでした。
アコギが2名とバイオリンが1名居るってのはすぐわかりましたが
なにしろ「超イケメンのスペイン人フラメンコダンサー!」の
美しい動きに目が釘付けですからぁ(笑)

気がついたのは演目がヒップホップになった時です。
ジーンズのダンサーが華麗なるステップを順番に披露していくのですが
真ん中にダンスしないで腰掛けてリズムとってる人が居るのです。
やっと見えた(笑)

でもそれがカホンとはまだ気づかない(^.^;
気がついたのは、奏者の手がその木の箱の側面をスーーッとなぞった時。
その動きと初めて聞くような不思議な音がシンクロしてたので
「ん?」と手に注目するようになりました。
そして。。。

さっきからずっと聞いていた

このリズムボックスな音は
その腰掛けから出てたんですかー!!!
それってカホンぢゃありませんか!
え、ええぇぇ?!
カ、カホンってそんなにいろんな音が
いっぱい出てくるんですかぁ!!!

思わず立ち上がって叫びそうな勢いでした(^.^;
なぜならカホンって以前に触ったりちょっと叩いてみたりしたことが
あったので知ってる楽器だったのです。
お友達の枯れっぺさんライブにご招待された時にお友達の北さんが、
カホンを持参してきて隣で椅子代わりに腰掛けてました。
後ろに丸い大きな穴があいてる木の箱なので「ゴミ箱?」と言う
お約束で遊んだり(^.^;
自分で叩いても小さな木の音がするだけで......
でも北さんが叩くと楽器らしかったけど、でもでもあんなにもっと
いろんな音がいっぱい出てくるなんてホントに驚きました。

そうそう、そーいえばさっきからステージ上でカホン奏者は
移動するたびに後ろの丸い穴に手を入れて軽く持ち上げひょいっと
スタスタ。まるでリビングのゴミ箱を持って移動してる姿です(笑)

しかしその後も凄かった。
ダンサーの足技スーパーテクに命の息吹を与えてるのは紛れもなく
カホン!
そこに躍動してるのは「ヒト一人の足2本」と「ヒト一人の手ふたつ」
しかありません。す、すっごいシンプル!
シンプルなのにまるで宿命に見えるこの組合せ!
そして命に染み込むようなパワーがそこからいっぱい飛び出してくる!
なんかすごい、すごいよ!すごーーーい!

さて、こー思って激しく感動した後が大変でした(^.^;
もー好奇心が止まりません。
イケメンダンサーの悩ましくハイレベルな美しいダンスがまったく
目に入らなくなり、カホン奏者の手に夢中。
木の箱を叩いたり撫でたり、さすったりげんこつくれたり、
してるだけなのにそこからいろんな音とリズムがいっぱい!
魔法のミュージックボックスみたい!

『ずっと座ってずっと叩いてるとお尻や手が熱くなるよね?』
『そしたらあの箱、あったまるのかな?』
『あったまったら音が変わるのかな?』
『あったまった時しか出せない音があるのかな?』
たまにカホン奏者もカホンから離れて手拍子やダンスに混ざりに
行ったりします。
『あ、カホン冷えたな...そろそろ叩いてみてよー!』などなど(笑)

カホンとダンサーが対になってる時はいい。
でもダンサーはダンスしてるからカホンから離れたりする。
すると観客の目は一斉にダンサーを追う。
....なのに兎夢だけ、頭動かずカホンを見てる(^.^/
ダンサー紹介や奏者紹介もあるんだけど、カホンに拍手したのは
なぜか兎夢だけ。
っていうか、カホンをすぐ飛ばし次のこれまたイケメンなギター奏者の
紹介に入ってしまった。
初めて聞いたカホンの素晴らしさに感動してる兎夢は、カホン奏者に
なんとかこの感動を伝えたくなってしまい、、、、、
この後恐ろしいことをし始めたのです(怖っ)

・・・・・・

演目も全部終わり、会場はカラフルで大きなゴムバルーンが飛び交い
みんなでパスをし合いながら余韻を楽しむファンサービスなお祭り状態に
なりました。
気がつくと、兎夢はステージ前に立っていて両腕はステージの上(^.^;
いや、ともかく近くに言ってカホン奏者と目があったら手を振って
ぴょんぴょん跳ねて「カホン良かったよー!」な表現をしたかっただけ
なんですが....
みんなのお目当て超イケメン達はステージの反対側に居るらしく、
観客たちはみなそっちに移動してるらしい。
あまりにあっさりステージ前に行けてしまい自分でもビックリな兎夢(汗)

見上げればカホン奏者はステージ上の真ん中へんで遊んでます。
小柄でちょっとずんぐりしてて長髪な毛がゴワゴワしてるのがわかる
距離でした。
小顔でスラっ!としたイケメンがいっぱい居る中ちょっと違うタイプです。
なんていうか....
日本人がなんとなくあまり馴染めない外国のオモチャみたいな感じ。

他のみんなはファンサービスでよく周りを見てるのに
なぜかカホン奏者だけは、なかなか目が合いません。
(ファン抱擁サービス(?)の時も降りてこなかったし)

「呼べば聞こえるかも...呼んでみよう!」
「なんて呼べばいいんだ?..名前知らないよ(^.^;」
「兎夢が知ってるスペイン語はコモエスタセニョールだけだし....
 ここでそれはさすがにヘン?」
「う〜〜〜ん、ここまで来てただ立ってるだけぢゃヘンすぎるし」
「呼びたい!」

で、ステージに両肘を乗せ身を乗り出し口横に手をあてて大きな声で
叫んだ言葉が


「カホォォ〜〜〜ン!」

アホか(-_-;)

もともと声は小さいし風邪でやられた喉も完治してないので
このステージ上では蚊の鳴く声でした。
それでも3度ほど叫んでみると(よくやるなぁ。。。)
そばに居たギター奏者が気づいてくれて目も眩むようなイケメンスマイルで
ゴムバルーンをパスしてくれるが....
『ちがーーーーう、ギターぢゃなーい!』


「カホォォ〜〜〜ン!」

(笑)
こんなに(蚊の鳴く声で)呼んでるのにカホン奏者は、
なぜか自分の後ろ襟首を自分でひょいと摘んで
「ひとりマリオネット」遊びちぅ。

....なんでマリオネットなんだろ(-_-;)

そのまま、オモチャのようなカホン奏者は一度も観客席の方を
見る事もなくマリオネットなまんま舞台のそでに消えていったのです。

はぁぁぁぁ。ちょっと残念だったけど(笑)
なんだかたったひとりだけ異質な人がカホン奏者だったってのも
それはそれでいいではないか。
自分もこんなトコで(^.^;大きな声を出したので気持ちがいいし
それよりなにより、あのカホンからダンサー達だけでなく
私も確実に躍動のエネルギーを受け取ったのを実感できたから。

すっごく気持ち良く帰宅できました。
でも、動悸は興奮でしばらくバクバク(笑)
感動の動悸なら、いいや。
気にしない気にしない。

| | コメント (3)

2005年12月 4日 (日)

着々とPHOTOSHOP化

がんばりすぎて体調を崩したものの、強制的早寝早起きによる
生活改善&中国気功整体で、段々元気になってきました(^o^/
そして今年年内のお仕事を終了し、主に楽しい勉強にハマる
充電期間としてます。

先月、初めて「PHOTOSHOP WOLD2005」のセッションに参加したら
自分の中で写真に対する意識の革命が起こりました!
どちらかっていうと仕事では、ほとんどIllustratorが主体で
Photoshopを使ってなかったし。
今回このような、カメラ系写真系の関係者方々に接してみると
グラフィックデザインの世界の方々とはまったく違う雰囲気を
感じられすごく興味が湧きました。
なんだか雰囲気的には兎夢はこっちに向いてるような。。。

てなことで、PHOTOSHOP WOLDで紹介された「電塾」
メンバー登録して、さっそくタイミング良く開催された
「第9回電塾大勉強会」に参加してきたのです。

1204day

いやぁ〜よかった、よかった。すごく勉強になりました。
今までPhotoshopは特に勉強せず(本も買わず)自己流で
適当に使ってましたが、苦し紛れにあみ出したヘン(?)なやり方を
塾長がまるで秘密兵器のように紹介してくれた時にはもぉ〜(乱舞)

懇親会の立食パーティーは、おいしいパンとおいしいワインとおいしい
チーズが主体で他にソーセージやサラミやオリーブがあったような。
こんな夢のような会場の中で(笑)現在お酒が飲めない兎夢は
人数のわりにはたった3本しか用意されてない緑茶ペットボトルを
ひとりで抱いて、、、、(-_-;)

でもそんな懇親会も新鮮でおもしろかったです。
とにかく一番驚いたのが「鋭い観察眼」です。すごい(笑)
いつでもどこでも誰かがすごい観察を口走ってるかんじぃ〜。
思わず、午後の30分休憩時間の時、疲れて教室の椅子に横寝したの
マズかったかな。と、ドキドキしちゃいました。
緑茶ボトルひとりで抱いてたこともどっかで観察報告されてそう(^.^;

↑上の画像は、先月PHOTOSHOP WOLDで有料セッションに参加した人が
もらったTシャツで、キャップは大勉強会後の懇親会でビンゴゲームがあり
それでゲットしたものです。(両方とも兎夢にはデカイ感じもするけど)
セットになった感じなのでなにげに嬉しいのですが....

cs2cap

本物のCS2Premium(20万円相当)をストレートビンゴしてげっとした
女性がいて、たまげました。
だって、ビンゴゲーム開始してたった4つの数字でビンゴですよ!

ストレートですよ!

奇跡をまのあたりにしたみたいで、羨ましいのとーりこして
そんなことってあるんだーって妙に感動しちゃいました(^o^/
自分も含めて他人のでさえ、めったに見れないんではないのかな?


来年も2月から毎月定例勉強会があるそうなので、とても楽しみです。

| | コメント (4)

2005年12月 2日 (金)

心臓マッサージ

うぅぅぅ、こー書くと怖いですね(^.^;

スミマセンm(..)m違うんです。
中国気功整体における“心臓まわり”の筋肉マッサージのことです。

10月の前後を含む約7週間ぐらいな間、取り組んでいた仕事が
とてもハードだったので、かなりがんばっちゃったのですが
がんばりすぎて、途中“胸痛発作”を起こし数度パソコンから離れ
横になることがありました。
私が仕事中、身体に痛みを感じてパソコンから離れた、なんてことは
この10年間で初めてのことです。
作図中、首をねん挫して何もできない状態になって離れたことはありますが(^.^;)

いつも何か起こってても全然気づかず(笑)
医者に「なんでこうなるまで気づかないかなぁ。。。」とあきれられることばかり。

それがさすがに心臓となると、、、ちょっとヘン?で離れるもんです(笑)
いつもの不整脈とは全然違いますし。
で、かかりつけのお医者さんではいつも血圧を診ることから始めるんですが
私はとんでもなく低い人なので、安心されて「様子をみましょう」ということに
なります。一応血液検査による心筋梗塞等の検査もしますがひっかかりません。

でも席をはなれるほどの胸痛はあきらかにあるんです。
(で、この時は血圧が上がってます)

そのうち耳が異常に痛い事に気づき....ネットで検索してたら
東洋医学においての耳のツボの図を発見。
自分の痛い所をあてはめてみたら.....なんと「心臓」ではありませんか。
びっくりして耳の痛いトコ自分でおもいっきりマッサージしちゃいましたよ(^.^;
痛くなくなるまでマッサージしちゃって、そのままほっときました。
胸痛発作もそれほど頻繁ではなくなったし。

ちょうどそんな時たまたま、近所の中国気功整体からチラシが入って
全身50分間のお試し価格3000円、につられて肩でもマッサージしてもらおっと
な軽いノリで初整体体験です。

中国人の整体師さんは、すぐに骨盤の歪みハッケーン!
異常な肩こりハッケーン!
耳が痛かったことを言ってみたら、あたりまえだと言われ
心臓はなんでもないかすぐに聞かれた(^.^;

うぅぅぅ、、、やっぱり、、、

胸痛発作のことを言ってから大騒ぎ。
異常な筋肉のコリによって心臓周りの骨も一緒に縮めてるらしいのです。
数ミリ縮んでも縮んだ骨によって狭苦しくなっちゃった心臓は正常な機能を
はたしづらくなるらしい。
特に骨盤周りの血流も著しく悪くなってるので心臓が自動的にポンプの
パワーアップを計ろうとすると、縮んだ骨に押さえられて、、、、、ということで
物理的要因による心筋梗塞に似た発作になるそうな。

てなわけで、緊急に「心臓マッサージ」が必要と診断されたのでありました。
先に2日連続通って全身の血流を良くしてから、心臓周りは女性の整体師さんに
バトンタッチ。

「次回はいよいよ心臓の周りを念入りにやりますから女性が担当しますよ」と
言われ......「えっ!?」

うぅぅぅ、それってなんだかえ〜と、、、そうだよねー心臓ってここにあるんだもんね。
とかなんとか怖いような複雑な気分で次回に気持ちを備えるのでした。

つづく。

| | コメント (3)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »