« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004年12月29日 (水)

退院しました(^o^/

12月26日に(予定より2日早く)無事退院できました。
とはいえすっかり完治というわけではなくこれから自宅療養です。
でも自宅はたのし(^o^/

↓入院生活ちうお世話になりました。のモノたち

huwa
一緒に寝たり、身代わりに寝てもらったり、見下ろしてもらったり。。。
お友達が連れてきてくれたお友達のふわぞうさんです。

bar
消火栓にお世話になったのではなくて、、、、
消火栓までにもついている“てすり”にお世話になったのです。
いやぁ〜〜〜痛かった、、、、

hime
iBookの姫。下界との接点でしたぁ〜。
もはやこれがなきゃ生きていけませんね(^.^;
でも生粋の夜行性な私が入院したもんだから、相変わらず夜更かしだろうと
消灯後に携帯が鳴ったりメールがいっぱいきたり、、、、
えとね、ほんとーーーーーに、9時半には寝てたのですよ。
ホントだってば。ホント。

yaku
術後3日目、痛みからやや解放されて初めて自分を取り戻した日。
深夜1時にぱっちり眼を開けて眠れなくなってたら(←本来の兎夢に戻った!)
“睡眠障害”ということでその日からヤクで眠らされてしまいました。
これが効くんだわ〜〜〜驚くほど。
退院前に一度ヤクなしで寝てみようとしたけどたちまち夜行性に戻ってしまい(^.^;
おみやげにコレ5日分持たされて退院してきました(^.^;
だから年内もまだ早寝早起きです。
(だからまだ9時半過ぎたら携帯に電話してきちゃダメダメよん)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年12月24日 (金)

入院ちぅ

兎夢、クリスマスイブなのに入院してます。
12月15日に手術してお腹を切りました。

122402

いやぁ〜〜〜全身麻酔なので切ってる最中は痛くないけど
麻酔って切れるんだわぁ、、、、、。

122403

切れたときには「なんぢゃこりゃーーー!」って騒ぎでしたよ。
かれこれ3日間なにげに悶絶。
風邪ひいたまま手術したしぃぃぃ。
この世から咳というものがなくなればいいのに!の日々でした。

122401

今は元気回復!
もうすぐ退院です。
筋トレしてますよぉ〜ん。

122405

実は、治療してもしても繰り返す貧血騒動の最終編が手術だったのです。
これで来年はいつでもバリバリ健康体!


直ったです!!!

そうそう....コメント欄が表示されないトラブルを負ってます(^.^;
質問やコメントはメールでくださいね。
tomu@mba.nifty.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月10日 (金)

街うろテク@LONDON

town01
見かける度に「虫車!」と叫んでた(^.^;ちっちゃくてヘンな車。
お掃除車かゴミ車だとおもふ。遅いの...ぷぷぷ....かわいい。

town02
コンピュータフェアだって!

town03
これがApple Storeかと思ってたら.....本物のApple Storeは
11月にオープンしました。←すごいです!

town04
オーナーの服装にも激しく期待しましたが出会えずじまい....あぁ残念。

town10
かっちょいいが....乗り心地は????

town05
かの有名なデパート、ハロッズのエントランスに展示してありました。
そうそう、イタリアンフェアだって。後ろの国旗.....渋いよね。

town06
ヨーロッパの街並に似合うバイクがいっぱい。日本製もいっぱい。
雨なので後日ゆっくりバイク写真を.....と思ってたら忘れた!

town09
大好きなDDRユーロミックスを本物のヨーロッパでできるとは(感動)

town11
ちなみに料金は1£(200円で3曲)日本と一緒だ!
ちなみにゲームセンター内は日本と同じUFOキャッチャーだらけでした。
太鼓の達人はなかったなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 8日 (水)

スケールが大きい博物館たち(^o^/@LONDON

イギリスでは博物館や美術館の入場料が無料なんですよ。
しかもすごいスケールです。
毎日一ヶ月間ぐらい通いたい....。

ロンドンといえばお約束の大英博物館です。
大きすぎるので、的を絞らなければ(^.^; ....画像もきりがないので一部にします。
まずは大人気のエジプト。
かの有名なあのサナギみたいな棺をレントゲン写真撮ったらちゃんと人間の骨が写った!というポスターに驚き。
他、包帯にくるまったミイラでなく井戸端みたいな所にうずくまってる人そのものの本物ミイラとか。
静かに亡くなっていったように見えるその方は、ずっと未来にこんな多くの人たちに見学されるなんて思ってもみなかった事でしょう。......生の世界はいろいろ考えさせられる不思議な世界でした。
britishM01.jpg

なんと猫のミイラもありました。(画像はミイラぢゃないけど)
首から下があのサナギみたいに包帯でした。なんかシュールぅ。
笑いすぎて画像がナイ(ToT)
britishM03.jpg

兎夢的には象形文字がとても楽しかったです。
う〜〜〜ん、、、わかりそうでわからない(^.^;
しかし、何かを残すヒトたちって素晴らしい!!!感動しました。
britishM04.jpg

エジプトの次はアジアです。
象形文字はナイけれど手の込んだ美術品がぞくぞくと。。。
britishM02.jpg

人間ってすごい、人間ってすごい!...うわごとつぶやきながら見まくりました。
britishM05.jpg

階段の踊り場に展示してあったなんともいえない魅力的な象さん。
british06.jpg

残念だったのは「日本」のコーナーが日本刀のみの展示だったことです。
歌麿とか北斎が見たかったよぉ〜〜〜(泣)

ココは自然史博物館です。テレビで一度はみたことがある光景。
でも、生はすごい迫力でした。
naturalH02.jpg

どこに行っても喰われそうな生々しさ。
naturalH01.jpg

いやぁ〜〜〜面白いんです。とんでもなく面白い!
でも、、、、、すごく疲れる(^.^;
夕方の4時を過ぎると展示物(?)が増えます。
インターナショナルなヒトたちの疲労顔(^.^;
あっちにもこっちも階段にもロビーにもフロアにも、、、、
人種違ってもみぃ〜〜んな同じように疲れきった顔をしていてすごく面白い。

特にインド人は疲労知らず、、、とか、なかったです(^.^;
みんな一緒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »