« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004年6月21日 (月)

驚異の根性&努力

わたくし兎夢はここ数週間、異常な首の痛みと転げまわりそうな大頭痛に悩まされていたのですよ。
もともと頭痛持ちではなかったので、この鳥肌たてながら転がってしまうほどの我慢できない頭痛と、ひとりでは起き上がれないほどの首の痛みにかなりビビリました。
『脳腫瘍?』....とまで考えたです。

というわけで、まわりにも勧められて医者に行きました。まずは整形外科ね。
レントゲン検査の結果、首の骨が通常の反対側に湾曲するほどの“首のコリ”が指摘されました。
すぐにマッサージに回されましたが“筋膜”が腫上がってるとのこと、で。マッサージの先生もビビリながら慎重です。

で、次に疑わしき。眼科に行きました。
以前ドラクエ&仕事の両立で激しくドライアイになってしまった兎夢の性格を良く知る眼科医先生は診断の結果すごいことを言いました。

「アナタは近くのものを見る視力が衰えてるにもかかわらず“アナタの身体のすごい根性と努力で”それらを見てしまってるので身体にかかってる負担が半端ではナイ!」....だって!

...なんか、大笑いしたくなるよな妙になっとくできる診断でした。。。。f(^.^;

ちなみに“ワタシの身体のすごい根性と努力で”ここ数週間見続けたものに心あたりがあるのですよ。恥をしのんで書きますが....

ココ数週間ワタシが見続けてきたものは、水槽内微生物なのです。
すべて1ミリ以下の世界で、プランクトンを筆頭にミジンコ、ミズミミズ、ヒドラ等。
ヒドラは1匹1匹...1日に200匹ぐらいスポイトで穫ってたし、ミジンコやミズミミズも1匹1匹餌用に捕獲してたし、プランクトンにいたっては生きてるヤツと死んでるヤツを見分けるほど見えてたし。。。
はたまた...動き回るちーーーさな稚魚たちを毎日数えたりして(過去最大重症のドライアイにもなってましたよ)

ワタシもいい歳なので同じ年代の友達たちはそろそろ近くが見づらくなってきてるのに、ワタシはなんで裸眼でプランクトンが見えるのだろう!....ってちょっとだけ不思議に思っていましたが、そのことがこんなことになろうとは.....

でも、人間ってすごいですね。
見たい一心という精神的なことで首の骨が曲がるという物理的なことがおこるんですよ(^.^;
しかも見えないハズのものが見えたり。。。。
いやぁ〜〜〜人間も奥が深くて興味深いよね。

あっはっは。
...で、水槽内微生物を見るためのメガネを作らされました。

| | コメント (3)

2004年6月15日 (火)

なんちゃら....Kittyちゃん

別にKittyファンじゃないけど.....
桧原湖のボート屋さんで思わずゲットしてきました。
ココのオリジナルKittyらしいです。(やるな目黒)

kitty.jpg

.....喰われてるみたいで、ぷぷぷ

さて何キティちゃんでしょうか。

| | コメント (3)

2004年6月 9日 (水)

油断が招くワナワナワナ

ワタシの弟2号がなんと「ネットオークション詐欺」に遭ったそうだ。
いやぁ〜びっくり!
弟2号は結構しっかりしてて非常に用心深く、ネット歴もワタシより長いと思う。
ワタシ自身は絶対「ネットオークション詐欺」に遭わない自信があったから余計にびっくりだ。

いったい何を購入したんだ?!
えっ?!.....パソコン....らしい。
また・・・・なんでそんな一番危ないものを(^o^;

ん〜〜〜〜、すごく欲しかったらしい。
子供達も大きくなってきてお金もかかるようになってきたから少しでも安く....って考えて、やられてしまったのか?
ちょっとかわいそうだな。。。

で。
弟2号は最初、保険がおりるから......と、落ち着いていた。
聞いたワタシも安心した。


が!

なんと


おりません

という解答をもらったそうだ。
理由は、代金引き換えの代引きを利用しないで先に支払いをする銀行振込をしたからだそうだ。
(弟2号はお金を振り込む前に相手と電話で話し相手を確認したそうだ)

なんですとーーー!
ほとんどのオークションが銀行振込を指定してるではないか!
ってか、代引きってのを見たことがナイっ!
保険制度ってそんな落とし穴があったん?????
それじゃー、オークションで安いもの見つけて節約するより「詐欺師」になったほうがいいよね。
うぅぅぅぅ、、、納得いかないよ。

怖いですねー皆さん。気をつけましょう、皆さん。ワナワナワナですよ。

ところで。
ワタシは買った時から不良があった新しいMacを保証期間内に修理に出そうとして、Appleに問い合わせをしたら、なんと今までまったく気がつかなかったけど保証書になぜか販売店のスタンプがなかったのです。
(軽く忘れられていたらしい)
で、今から押してもらおうにもその販売店は撤退というか(つぶれた)すでにナイのですよ。

ま。
そんなことから


あっさり

無償修理を断られました。
「ココが壊れてるのはワタシのせいぢゃなーい!」
「スタンプ押し忘れたのはワタシぢゃなーい!」
「納品日にカスタマー登録してるワタシは悪くなーーい!」
「店がつぶれたのはワタシのせいぢゃなーーい!」


なにを言ってもニベもなく断られました。
初期不良だっていうのにね。
....なら、不良品つくるなーーー!
って少し泣きましたよ。

ま。
そんなわけでみなさんも油断しないように気をつけましょう。

| | コメント (2)

2004年6月 3日 (木)

あこがれの伝統工芸師

先日地元デパート内で職人展みたいなのをやってました。
ワタシは職人にあこがれてるので(笑)こーゆーの大好きです。

いいですよねぇ〜大臣認定“伝統工芸師”のマーク。
『あこがれるなぁ......』とそのマークの下に表示されていたお名前を見て
ワタシびっくりして固まりました!

その方のお名前は大島紬のワタシなんかまったく手が出ない金額の
素晴らしい着物展示の所にありました。
そしてそのお名前がなんとワタシと同名だったのです(^o^/
(“兎夢”じゃないよ(^o^;....本名の名前のこと。漢字がそのまんま同じです。)

それってすごく珍しいのです。
今まで同名の方に会ったことがありません。
しかも初めて同名を発見したのが“あこがれの伝統工芸師”です。
嬉しくてこの方のお写真はないか....とあたりを探しました。

すると、ご本人がいらっしゃいましたよ!
「先生」と呼ばれてるその方はワタシより年上でしたがとても素敵な方でした。
現在のワタシには、あまりに大島紬が関係ないものだったので(笑)
正直に「同名でうれしく思い、お声を掛けました」と言いました。
すると先生も、ものすごく驚いて
「同じ名前の方にお会いするのは生まれて初めてです!」と言って
とても感激してくださいました。そしてしばらくの時間、雑談。

別れ際に「お互いにがんばりましょうね!」と言ってくださったことがとても嬉しかったし、励みになりました。えぇぇぇ〜い、がんばるぞーーー!

そうそう。
生まれて初めて触った大島紬は羽のように軽くてとても上品な正絹でした。
とても買えるものではなかったのに、なぜか1点だけワタシでも買えるものがありました。
それはちーさな小袋。
ちーさな小袋に大きな夢を託して、ワタシのためにこの1点があったの?って感じのソレを持ち帰らせていただきました。

いい日だったな。。。。。

| | コメント (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »