神社仏閣

2019年6月 7日 (金)

メタセコイアLove

連休終わる頃から来ていた
宅配寿司屋さんの日報は
5月29日まで続いて
そこからピタリと止まりました。
  
気が付いたのかな?
それとも詐欺メールだったのかな?
(いまだにわからずw)

 

先日、友人に誘われて
川崎市の生田緑地公園という所に
初めて行ってきました。

目的は岡本太郎美術館だったんだけど
行く途中のその手前の森が素晴らしくて

E3f5f525724948488193adb2cbbd23af
友人と話しながら歩いていたのに
思わずワタクシ変な絶叫‼️

だってこんな
 
真っ直ぐな巨木
  
初めて見たんだもの。

最近は伊勢神宮の御神木も見てきたし
明治神宮の森も楽しんだばかりだし
結構巨木慣れしてたと思ってたけど

これは凄い!

メタセコイアは
テレビで見ても凄いな!と思ってたのに

実物が今目の前に!

日本でもこんなに大きなのが見られるなんて
知りませんでしたよ。

0bca5348ff18400f91d75c4d96654956

0eb956a7400140d9bd5d1062decb7b8d 

2c7b9e0d7a26485a99d01261681f92ad

あぁ。。。でもここは川崎…

もっと近ければしょっちゅう来るのに
あぁ、残念💧

帰宅後、地元近辺でも
メタセコイアの森があるのか
思わず検索してしまいましたが

なんとわりと近くな飯能市にあるらしい(^o^/
近いうちに行ってみたいです。
  

初夏のメタセコイアに
絶叫するほど萌えてるワタシは
秋のメタセコイアを見たらどんな叫び声を
上げるんでしょかね?(^-^;...怖いわ

  

今年は新たなお目当てができて

ワクワクです。

 

 

ところで、川崎市に行く途中
豪徳寺に寄って行きました。

F0d5bfd3dbf843c6a7a630ecf06a1c99

相変わらず…可愛くて見てるだけで和みます。

結構顔が違うんですよね。

Img_0351

28b3ce1c3c1f4142ba3cbaa961a672c7

でも買うときはすでに箱に入ったものを渡されるので
自分で顔は選べません。

まぁそれも帰宅後のお楽しみ。

B5cfdcb5317b47d3996a5804c11cb47e
(私がこっち向かせたのではありません!)

E71e8fbb619b4637bced10483699b806

去年1回今年2回の三度のお参りで
現在4体うちにお連れしてます。

少しずつ増やして
うちも豪徳寺状態にしたいなw

(成就奉納しないのか!)

 

 

| | コメント (2)

2019年5月11日 (土)

続...令和の御朱印

5月1日の早起き御朱印めぐりが
とても気持ちよかったので
〝兎夢的超早起き(当社比)〟
4日まで連日出かけました。

4日間に頂いた御朱印は寺社合わせて12社。
(地元川越は寺社が多いので集めやすい!)

1日は目指した氷川神社を無事ゲットした後が
お寺巡りになってしまったので
後日、神社リベンジです。↓

5d809035ea904676a792cf8e028c7da0

Img_4462
限定御朱印紙もゲット!

(珍しく)美文字が集まりました。


熊野神社では、待ち時間もなく
自分のすぐ目の前で書いていただいたので
美文字が描かれていく様をジーーーっと
見ていました。
  
受け取る時に思わず、
  
「美しい文字をありがとうございます」
 
と、口から出てしまったのですが


「令和になって一番初めに

 褒めてくださった方です」

   

と、お礼を言われました。💓😃😃💓

ホント早起きって三文の得!!!!
   
 


そして調子の乗ってまたまた早起きで
〝1日には待ち時間がいっとき10時間にもなった〟という
あの明治神宮にも行って来ましたよ(^o^/


5月4日なので、そろそろ大丈夫かな?と。

38d36ec1d47641019cefad12656c6999

D94fc63ed5944c9c891d05f1d7998579
くぐる臨場感をドゾ(^-^/

Adff6194abfe4adba39cef9d97380c4b

ところで1日に氷川神社で振る舞われた
樽酒のお神酒があまりに美味しかったので
(アレルギーも出ず!)
  
樽酒の味 が忘れられなくなりました(^-^;

また飲みたい....
樽酒一杯いっぱい呑みたい。呑みたい。
(じゅる💧)

6b5dbfda4eeb4f05afad0e26b390fe60

 6606e8c9a8fc4b69884b7ab7debc25f4

8時半に到着したので
まだそんなに人は多くなくて
最初の鳥居をくぐった瞬間から
本当に気持ちの良いところです。
 
あまりに気持ちよかったので
呑気に写真を撮りながら
のんびり歩いて行ったら...

御朱印待ちの列はもう長かった⤵

8e397bfb49624a638d0895f660a9df5e

9時から授与開始なのですが、
私が並んだのは10分前。
  
Ec47c23203b442de8d35c8f3087c0c95

去年もGW中に来て、
この半分ぐらいの長さで約20分ぐらい待ったので
今回は40分〜1時間かな?と予測を立てて
大人しく並ぶ。


待ってる間は....

A329a124edb147cb9cd19f91906d0a5d

空気があまりに気持ち良いので
上ばかり見上げ
あんな景色やこんな景色を楽しみながら
パチリパチリ📷⚡

....してたら思ってたより早く
35分ぐらいで頂けました。
  
明治神宮は書き手が多いので
開始時間になれば案外早いのです。


それと。
明治神宮の御朱印は潔くて、
座っている書き手の目の前で立って待つのです。
つまり上からず〜っと書いているところを
すっかり眺め倒せるンですよ。

そんなわけで、前日に学習した私は
受け取る時にまた、

「美しい文字をありがとうございます」

ちょっと驚かれたみたいですが
またまたステキなお言葉をいただきました。(^o^/
  

でもね。
美文字でなければいけない、とは思ってません。




このような「ほのぼの系」も私は好きです😃
8c1e69e9929e40918f8d8e9ef96db1a9

 

実家の隣近所の神社です。
一生懸命丁寧に書いてるところを見ていたので
これも大切な御朱印です。

どんな方がどんな風にして書いたものか
知っている。
待っていた時の季節感や匂い。香り。
光や風。を思い出す。
書き手と交わした言葉が
忘れられない思い出になる事がある。

手描き文字の墨の中に一緒に込められた
様々な感覚を後日ページをめくる度に
また味わう事ができる。

まるで文字が生きてるかのようです。



御朱印集めはなかなか奥が深い。


(私に超早起きさせるしね)

| | コメント (2)

2019年5月 1日 (水)

令和最初の御朱印めぐり

ワタクシ的には、超早起きして行って来ましたよ!

やっぱり先ずは地元から、と言うことでココです。

Reiwa01
↗向かって左ページが書置特別記念御朱印紙で、右ページが直書御朱印

早く行ったのでちょっと並んだだけで頂けました。
  
践祚改元奉告祭」 にも参列して
「樽酒振る舞い」も頂き記念授与品も頂きました。

早起きは三文の徳(得)😃


でも10時過ぎたら(市内)どこの神社も
激混み混みになってしまいとても並ぶ気になれない....


が、しかし

お寺さんの方はどこも空いていたのでその後は
歩いて行ける範囲でお寺さん巡りとなりました。

Reiwa03
↗向かって左ページが書置特別記念御朱印紙で、右ページが直書御朱印

Reiwa02

Reiwa04

「令和の文字をどう書くかまだ迷ってます」との声も聞けて
今までとは違った新鮮な薫り漂う御朱印めぐりとなりました。


◇上から順に◇

 川越氷川神社
 川越成田山
 喜多院
 蓮馨寺
 西雲寺

 

| | コメント (2)

2019年4月30日 (火)

平成最後のお伊勢参り(4)

いよいよ平成最後の日となりました!

…なんかね、

なんでしょ?この雰囲気。
   
一夜明けて5月1日になったら

「令和元年あけましておめでとう(^o^/」

ってうっかり言っちゃいそうな雰囲気が
身の回りを漂ってます。(まぢで)

 

あぁ、そんなこと書いてないで
さっさと続きを書かねければ💦



●内宮(皇大神宮)●


普通、神社にお参りするときは
本殿手前にある手水舎にて身を清めますが
ここでは五十鈴川でお手水することが
その代わりになるようで、
テレビでもよく見る光景なので
早速行ってみた所....

Ise0002

Ise0001

なんと水が大分減水していて
手足短い小柄な私がお手水しようとすると
真っ逆さまに川に転げ落ちそうで
ちょっと怖かった😖(水苦手💧)

どこから手を入れたら川に落ちないですむか
ビビりながらオロオロしてたら
手が長いのでさっさとお手水できた友人が
水に一番近い護岸を探してくれたので
なんとかお清めクリアできました。

(気の利く友人と一緒で良かったヨw)

Ise0003 Ise0004

内宮に限らないのですが
樹木たちがものすごく大きくて
特に内宮の樹木は
ぜ〜んぶ御神木に見えるぐらい
荘厳で圧巻で、それだけでも
あ〜特別な所にお伊勢参りにきたな〜、と
感激してしまうほど。
  
ただ上ばかり見ていると色々危ない!

伊勢の神社の参道はどこもかしこも
小さな砂利が敷き詰められていて
そこを結構長い距離歩きます。
 
歩く歩く....

Ise0006
ザクザク歩く。

私は足の甲の腫瘍のせいで草履の人ですが
足首を痛めないよう結構気を使いました。
多分革靴で来ると大変でしょうねぇ。
(ハイヒールは絶対無理!)

参道は細かい砂利なのですが
本殿にお参りするところの鳥居をくぐると
今度は私の握りこぶしぐらいの大きな石が
足元にみっちり敷き詰められているので
参道以上に気をつけなければなりません。

Ise0007
白く見える砂利は大きな石↑

  
先日の美智子さまも
本殿地内では目線がギュウギュウ足元に
行ってましたよ!

ちなみに他の皆さんは
どんな靴で来てるのかな?と見てみたら、
ほとんどの人がワークブーツのような
頑丈で足首も守られてるようなタイプの
靴が圧倒的に多かったです。

これから行く方はここ大事な所なので
(*゚▽゚)b 参考にしてください!



●朝熊の金剛證寺●

🎶お伊勢参らば朝熊をかけよ、
 朝熊かけねば片参り🎵

という事なので
しっかりお参りしてきましたが
想像以上に山の上でした。
これって連れて行かれなければ
自分からは尻込みしそう。。。

ツアーで自動的に連れて行かれて
良かったです。

 

しかも意外にも面白い?所でした!

Ise0008  Ise0009

境内は実に風光明媚。

Ise0010

ガイドさんが
「足に自信のある方は奥の院にも
 行ってみるといいですよ(^o^/」

翻訳すると
「タッタと歩けてチャッチャとお参りして
 ダラダラせずにまたタッタと戻って来れる人
 だけ行ってきなさいな」

と言うので、そんなに自信なかったけど
行ってみる事にした。

Ise0011

極楽門があった!
   

でも...そこをくぐると

Ise0012_1


なんかみたことがあるような,,,

Ise0013

 

えええーーー!

 

お、おっきくないですか?!

Ise0020

と、びっくりして写真を撮ったりした途端、

私と友人はとんでもない冷気に包まれた!!!
  

あまりの冷気で先に進めず
  


😖😖さ、寒い!急に寒すぎる!😵😵




とりあえずそれぞれ衣服の防寒度をアップさせる。

手袋着用
コートの前をしっかり閉じて
マフラー締め直し
マスクのプリーツを広げて顎も仕舞う。
寒いところへ行く、と腹をくくる。
「前に進ませていただきますよ」と
なんとなく囁く。

これでなんとか奥の院まで行けました。

Ise0014

値段表があったよ!

 

番地の立て札を見て友人が

Ise0015

「これ地獄のナン番地ってやつ?」

なんてことを言うので

「極楽門くぐってきたのになんで地獄よ!」

と、ツっこんでみた....


ちなみにバスに戻った時に
「奥の院まで行ってきましたよ!
 でも猛烈に寒かった!!!」

と、言ったらガイドさんが

「あら、私も行ってきたけど

 全然寒くなかったわよ

と、言う。

   
奥の院は一見さんに厳しい所なのだろうか?



●集合時間の不思議●

旅の後半あたりで私達二人はある事に気づく。

バスツアーだと観光地に着くと
この時間までにバスに戻ってきてね、と
戻り時間を発表されます。

もちろん私達はきちんとそれを守って
少なくても余裕を持って戻って来てるハズなのに
なぜかいつもビリ2かビリ4なのです。

つまり、
一番最後か最後から二番目、なのですよ!

薄々、こんな事に気づき始めた頃。

「バスに戻ろう」と
バスの前に来た時フと反対側を見たら、
おみやげ屋さんがありました。

「どうする?まだ時間に余裕があるから寄ってみる?」
「ホントだ、まだ大丈夫だね、寄ろうか!」

立ち止まり行きかけて
「やっぱりたまには早く戻ろう!」
「そうだね、なんかいつも最後の方だからね」

「たまには早く戻ろう!」

と、二人で言いながらまたバスの方を向いて
タッタと戻ってバスに乗ったら
なんと一番最後で

「さぁ全員揃いましたね、出発しましょう!」

だったですよ!
  

えええーー。
みんな見てたの?????
   

みんな見てる前でバスに乗るのやめて
おみやげ屋さんに入っちゃうとこだったの?

え。え???
思いとどまって良かったよ😵危なかった〜💦

どうやら皆さんは旅慣れてる様子で
この後、道路の渋滞が予想されてる日程の時は
なるべく早く戻って来て
予定より早く全員集まったら
そのまま早く出発して時間を稼ぐ?らしい。
敢えて公言しないけど暗黙の了解みたいな。

「時間までに戻ればいい」より
「最低限の用事が済んだらとっととバスに乗れ!」

だったらしい....気づくのちょっと遅かったけど。
その後案の定渋滞にハマってしまったけど
ちゃんと帰りの新幹線には無事間に合いました。
良かった良かった。

 

●帰りのバ〜ン●

Ise0017

帰りはここから新幹線に乗ります。
  
新幹線の発車時間までに車内で食べる
夕食(お弁当)を受け取るのですが
これは事前に申し込んでおいたもので
そのお弁当は二種類あって好みで選んだら
少しお高い方になりました。

なのに、受け取りに行ったら
注文したお高い方ではなく
好みではないお安い方しか残ってなくて...


これはツアー同行者のどなたかが間違えて
自分が注文してない方を持って行ったらしい
と言う事で、しばらくわさわさしてたら
ツアコンさんがどこかから正しいお弁当を
持って来て交換してくれました。

そして新幹線が到着する10分前になったら
「それではホームに移動します〜」と
ツアコンさんから声がかかり
皆改札に向けて一斉に動き出しました。

.....

と、その時。

一人の男性がバ〜ンと転んでしまいました。

 

男性は慌てて立ち上がって
「あ、大丈夫、大丈夫、大丈夫です!」と

言いながら。

 

言いながら、次第に目の焦点が合わなくなって
また後ろにぐらぁ~っ!

今度は周りの人が慌てて体を支えたので
さっきみたいに床に直接倒れたりしなかったけど
もう一人では立ち上がれない様子。

とにかく目の焦点が合ってない。
でも口から出る言葉は

「大丈夫、大丈夫」

(全然大丈夫ではないぢゃん!)

  

ここで倒れた男性より顔が真っ青になったのは
ツアコンさん。

どう見てもパニクっていて
あと7分ぐらいで新幹線が来るけど
必死にどこかに電話をしている。

駅員さんも来て男性の頭を支えながら
何か喋ってて....
ツアコンさんはその前で電話してて...
倒れた男性は合わない焦点のまま
大丈夫、大丈夫、を連呼してて...
 

それらの光景と駅の時計を代わりばんこに見ながら
他、44名は

あと、5分、あと4分、

乗れるのか?、え、乗れるのか?
また走るのか?、

誰も口には出さなかったけど
多分皆同じこと考えてたんだろな(^.^;


あと、3分、、、

ドキドキじれじれ、、、、

ってとこで電話しながらツアコンさんが
身振り手振りでホームに上がってください!って
指示を出したので皆、慌ててホーム目指して
階段駆け上がりりました💦

全員ホームに上がれたところで新幹線到着!
もらった座席表見ながら自分の席に着く。
そして無事発車ーーー!


凄いなコレ最初と最後に目眩がするような
ドキドキ体験つきツアーだわぁ💦


しかし、さすがですよ。
私は感心しています。
さすが御朱印ツアーだけあって皆さん健脚!
靴も砂利の参道を考慮している靴なので
早足とか階段の駆け上がりとか無問題!
普段から神社詣でされてる方々なので
お人柄もよく誰も怒らない!


皆の御朱印をもらって走り回ってるからか
ツアコンさんも運がいい!(いいのか?w)

 

帰りの新幹線の座席表では、3人席の方だったので
今度は知らない女性が一人加わって
私たちと並んで座りました。
その女性は看護師さんだそうで倒れた男性の
すぐそばに居たのでツアコンさんや
駅の職員さんに指示等を出したようです。

で、夕食のお弁当を食べ始めたとき私が、
「良かったちゃんと注文したお弁当で」と
言ったらその看護師さんが
「あ、それ間違って持って行ったの
 さっき倒れた人だよ!」と教えてくれたのです。

ぐ、具合が悪くて間違えたのだろうか?💧

Ise0019

    

お弁当を食べてお腹が満たされて
皆、程よく機嫌が良くなったところに
ツアコンさんが帰りの切符を配りにやって来た。

「乗れたんだー!」(皆怒らない)

倒れた男性は急遽手配された旅行会社の
別の社員が付き添って近くの病院に
救急搬送されたそうで、
まぁとりあえずは一安心です。

Ise0018
この中に10分後に倒れる人が....(左側が改札口)

 

と言う事で他44名は無事に新幹線に乗れて
それぞれ自分たちの帰路につきました。
皆さん別れる時も丁寧に
一人一人ご挨拶してくれて
このツアーの同行者さんたちは
本当に良い人ばかりでした。

行きと帰りにドキドキハラハラ体験つきツアー
だったけど、良いツアーだったと思います。


(あのツアコンさん、元気で何事もなくやってるかなぁ)

 




●おまけ●


さて、私と友人も東京駅で解散です。
行くときは散々練習して集合場所にバッチリ
迷わず行けた私ですが、
帰りは練習枠に入ってなかった中央口に
出て来たもんだから
そこからいったいどこへ向かえばいいのか
さっぱりわからなくて私途方に暮れるw

東京駅構内の覚え方、失敗したらしい(^.^;

なにコレ、どこコレ???

な私に東京駅詳しい友人がわかる所まで
連れて行ってくれて無事帰路につけました。
良かった、友人が詳しくて。
二人してなにコレどこコレじゃね(笑)

その節は助かりました、ありがとう>友人

一泊二日のリーズナブルなツアーは
朝早く出発て夜遅く帰って来ます。
日曜日の夜10時ごろだったので
もうあまり人が居なくて東京駅も
結構静かでした。

一人になってから、
なんだか荷物が重いな、と気づく。
私は小柄で非力なので普段重いものとか
大きなものとか、
たくさんの荷物を持ったりしない。
なのに、気づいたら大きな(当社比)荷物を
3つも持っているではないか!
(行きは2つだったけどお土産分一つ増えた)

なんだかツラい💧

そういえば
スマホに東武東上線は人身事故のために
運行を見合わせているという情報が入っていたっけ
今のうちにトイレに行っておこう!と思い立ち
丸ノ内線乗り場近くのトイレに入ってみた。

大きな荷物を持っていたせいか
なんだかすごく狭い個室で
やっと入ったけど
今度はその3つ荷物の置き場に困る。
いつも使ってる下げるフックの所まで
重くて持ち上げられず掛けられない(^.^;

疲れがどっと出て、、、
なんだかんだやっと荷物をどうにかして
便器に座り込んだら
なにやら警報のような初めて聞く
ちょっと怖い風味のアナウンスが
聞こえて来た。


p.aaa~
「ただ今○○の警報ボタンが押されました。

 近くの係員は現場に○○○ください」
p.aaa~p.aaa~

みたいなのが何度も繰り返されてちょっと怖い。

そういえば男子トイレの入り口あたりで
若い男子の酔っ払いが4人ぐらいで
キャピキャピ騒いでいたから何かやったかな?

と、思ったんだけど程なく
靴音がして、それがどんどん私の居る個室に
近づいて来てとうとう

「大丈夫ですか?どうされましたか?」

と、私に扉越しに聞くではありませんか!

びっくりした私は

「あ、私ぢゃありませーん!」と大声で答えるw

が、もう一度

「そうですか、大丈夫なのですね?」

と、言うので
「はい、私はなんでもありません!」

と、なんでまだ聞くかな.....と思ったら


自分のすぐ横にあるランプが
煌々と点滅しているではありませんか!!!

それが警報してるんですよ!!!
え、なんで?????
あの男子たちぢゃないの?!

と、よく見たら
この狭すぎる個室に大きな荷物3個持ち込んで
あれやこれや置く場所を探しているうちに
警報ボタンに触れてしまったらしいのです。


しょうがないので慌てて

「すみませーん荷物が警報ボタンに当たったみたいです!
 ごめんなさい、病気ではありません!」

と、大きな声で言い直しました。
個室に入ったままね。



なんか恥ずかしかったです。。。(;´д`)ゞ


狭いトイレに大きな荷物や複数の荷物を
持ち込むときは要注意ですよ皆さん。b(^_^;)


Ise0021

買うならココでしょ!とばかりに
お札とか壁掛け神棚とか
ういろう...とか。

荷物一つ増えた理由。

| | コメント (3)

2019年4月27日 (土)

平成最後のお伊勢参り(3)

天皇陛下が先日
「平成最後のお伊勢参り」をされましたね!
   
その翌日のインスタを見て感動しました。
Ise001
(伊勢神宮のインスタをフォローしてます)

皆さん、夜でもお出迎えするんですね。

Ise002Ise003

たくさんの若い人たちが
天皇陛下に労いの言葉や感謝の言葉を
書き込んでいました。

 

 

さてさて,,,
ココログが不調と聞いて控えていたのですが
間が開きすぎました(^.^;
すみませんすみません💦

   
 なんか、記事作成画面がリニューアルされていて
 
戸惑う。。。。書きにくい😖

 

さて、出発早々
色々あった旅の始まりでしたが
ここからはやっと、

   
「あぁツアーで良かったー😃✨」

が、てんこ盛りになります。
ご安心を(^o^/

 
 

●松坂牛●

最初の昼食は
    
松坂牛のすき焼きが出ました。

すごく美味しかった❗


(松坂牛だけが出たわけではないんだけどw)

昼食は大きな部屋で
自分の連れ(友人)は正面席で
知らない他の人が隣に座る、
というシステムでしたが
これ、結構良いなと思いました。

正面は結構遠くて隣はすごく近い!
「これなんだろ?」とか呟くと
正面の友より隣の知らない人が
答えてくれたりするw

新幹線やバスに乗ってると
ツアー同行者さんたちの顔が
あまり見えないのでこの昼食時に
なんとなく全体的に顔が見えたり
会話ができたりして
面白かったです。

Ise004
↗向こうに見えるは伊勢湾(ここは私たちが食事をした隣の部屋)

   

●作法に則った正式参拝●

多分自分たちだけで予定を組んだら
内宮と外宮とおかげ横丁しか
行かなかったかもしれない(^.^;
(それらが最も有名だから)

でも、
お伊勢参りの正式なお参りの仕方は
先に夫婦岩で有名な二見浦にある
二見輿玉(ふたみおきたま)神社にて
禊をして身を清めてから外宮に向かう。

外宮→内宮→ 伊勢神宮の鬼門を守っている
朝熊山の金剛證寺をお参りする、までが
正式参拝だそうです。

ツアーはこの正式参拝に則っているので
良い勉強になりました。

そして正しいことをしている満足感が
得られました😃

Ise005 Ise007
こんな有名な所に居る自分が信じられなくて
思わず友人に証拠写真を撮ってもらったら
.....ら、友人、うまいこと撮ってくれたw↗(縦で)

そしてツアー団体は〝特別参拝〟を受けられる!
(本殿で宮司さんにお祓いしてもらいお守りも手渡し)

 

●唯一神明造●

5年前の式年遷宮の時に
テレビで色々特集をやっていたので
何度か見たはずなのに、
実物をこの目で見たら私はびっくりしました!

Ise008
※外宮、内宮は撮影禁止なのでこれは別宮の画像ですが
 基本的には皆こんな感じ。

 

「をを!ををー!

 ひ、卑弥呼....出てきそう!!!」
  

声に出しちゃいました(恥ずかしい)


式年遷宮からはや5年。
社殿も屋根の藁葺きも、もう新品ではなく
それなりに年季の入った色に変わってて
地味で質素な感じだけど
屋根の鰹木が太陽の光に照らされて
金色に✨キラキラ✨輝いているのです。

Ise009

質素なのに
✨キラキラ✨


あとで写真をよく見たら
鰹木じゃなくて
鰹木を支えてる棟木の方が金色なのかな?
肉眼ではずっと「鰹木が金でできてる!」
と思ってました(^-^;

凛々しい二本の千木(ちぎ)も
厳かでカッコよくて

…うっとり。

  

そして、見慣れないので社殿と同じぐらい目に留まるのが
隣の古殿地です。(20年後に建て替える時の土地)

Ise010

大きな樹木に囲まれたお社のお隣にある
ポッカリと空いた空間が結構広い面積で
それがなんとなく不思議空間を醸し出していて
さらに奥の方に小さな謎の箱のような
小屋があってその中身を知るものは一人だけ
とか説明されたので尚更に神秘的で
見るたびにゾクゾクしました。

その割にはすぐに古殿地(こでんち)という
名称を忘れて「ほら、なんだっけアレアレ
と、二人で言い続けてたっけ┐(´-`)┌


●御朱印●

このツアーの正式名は
「平成最後の御朱印ツアー」なので
行った先々で御朱印を頂くのですが
(それが目的のツアーなんです)

それがなんと、ツアコンさんが
皆の御朱印帳を集めて持って行き
代わりに頂いてきてくれるのですよ!


私たちは個人個人で好きなようにお参りして
決められた時間内にバスに戻ると
ツアコンさんが皆の記入済み御朱印帳を持って
戻ってくるのです。
   

なんか.....

楽だわ。


(いいのか?)



時には、
御朱印授与処がすごく混んでいて
全員バスに戻ってきてるのに
〝ツアコンさんと御朱印帳〟待ちに
なったりもする。

ツアコンさん、重そうな袋持って
(約45人分の御朱印帳↑)
息切らして走ってバスに戻ってくる。

すみません。
お疲れ様です。

私たち楽だけど....

(いいのか?)

 

お伊勢参りでの一番の頂点に当たる
内宮(皇大神宮)の時は
御朱印を頂くために並んでる行列の人数が
あまりにすごくて
思わず若冲展を思い出したぐらい。
多分90分以上....
並ぶのではないでしょうか。

内宮に到着した途端
直ちに走って列に並んでくれた
我らのツアコンさんのおかげで
私たちは長い行列を見て
驚くだけで済んだのです。

多分ツアーでなかったら、
御朱印をいただくだけで
その日の午前中は終わってしまうでしょう。

ツアーで良かったです〜(^-^/
ツアコンさんありがとう!
新幹線間違えたの許します!!!!

 

●ガイドさん●

バスガイドさんも居ます。

Ise011
いろんな事を教えてくれて
とても勉強になります。


声が大きい上によく通る声だったので
寝ずに旅に来てる私がバスに揺られ
昼間の爆睡の誘惑に負けそうになると
キンキンなお声でお役立ち情報を
投げてくるので(辛かったけど)
役に立ちました。

でもすごいよね。
あのややこしい神様たちの名前を
スラスラ言えるのね。

歌も歌うしね。
  

🎶お伊勢参らば朝熊をかけよ、
 朝熊かけねば片参り🎵


●宿泊ホテル●

志摩スペイン村ホテルでした!
お伊勢参りでそこ行くとは思わなかったよ!

とにかく無駄に広い!
笑っちゃうくらい広かった。

温泉入りに行くのも
とんでもなく遠かった!

(疲れてる時は嬉しくない広さ)

 

夕食も朝食もバイキングだったけど
全部美味しかった!!!

伊勢海老は出なかったけど
普通の海老天ぷらとか
海老フライとかがいっぱい出て
私は目の前で揚げてくれる
海老天ぷらの虜となりましたw

 

Ise012  
朝はパンケーキの虜(全部で5枚食べたよ)

 

 

●おかげ横丁●

Ise015

ガイドマップを見たら
ここには美味しそうな食堂が
いっぱいあるみたいだったので
おかげ横丁での昼食は楽しみだったけど...

ツアコンさんが
「三連休中なのでお昼は並ぶだけで
 多分時間がなくなってしまうかも」

というアドバイスをくれたので
泣く泣く団体用の昼食オプションを
申し込んだんだけど、お陰様で
時間通りに昼食をとることができて
おかげ横丁をちょっぴり
見て歩く時間ができた。

アドバイスもらわなかったら
昼食のために並んだだけで
終わってたかもしれない。

Ise020
ツアー用の昼食オプションはこのお店の二階の予約席でした。

おかげ横丁は半日ぐらい遊んで居たい所ですね↓

Ise019   
ここはツアーではない旅で来なくちゃダメですわ.... 



そんなわけで
自分たちは御朱印ツアーに来てる割には
お参りだけを存分に楽しんでいられて
写真もいっぱい撮れたし
その点は良かったです。

ちなみに、
二見輿玉神社、外宮、内宮、金剛證寺の他に、
御朱印がいただける別宮5ヶ所もお参りしたので
全部で9ヶ所の御朱印が集まりました。

(ツアコンさん、ありがとうございました)

 

1日目の歩数は、13250歩 と表示されてましたが
今思うと、スペイン村から温泉まで歩いていくのが
とんでもなく遠かったので
(お風呂にはiPhoneは持って行かなかった)
それを足せば、もっとですねぇ。
プラス4000歩で、17000歩ぐらいだったかも。

 


あと1回...続く。

お家に帰るまでが遠足だ!
家に着くまで気を抜くな!

 

| | コメント (5)

2019年3月12日 (火)

平成最後のお伊勢参り(2)

親友と久しぶりな一泊二日の
ささやかな旅です。

私にとっては、ほぼ初めてに近い
ツアー旅行の初っ端がアレ
(前記事参照)だったので...
    
夜行性の私が一睡もしないで
出掛けて行った割には
新幹線が発車してからは
無事に乗れた喜びで
妙にハイテンションになり
車内ではやたら楽しかった(笑)
    
キヨスクで買っておいた朝食の
サンドイッチもすごく美味しくて
楽しさ倍増!
富士山も見えたしね。
 
    
程なく...豊橋でバスに乗り換えるために
新幹線を降りたのですが
   
乗車した時はものすごく急いで
いたので新幹線の車体を眺めて
楽しむ余裕は全くなかったんだけど
降りた時、何気なく見上げたら
車両の屋根の上に妙なもの
乗っかってるを発見して二人で騒ぐ!
(二人とも鉄ちゃんのケあり)
  
早速写真を撮ろうとするも
あぁ悲しいかな....ツアーゆえの流れで
写真撮る間も無くホームを後に...

写真が撮れなかったので
テキストで説明すると...
   
フランケンシュタインを生き返らす時に
ジジパチやって使うような大きな装置

    
が、屋根の上に乗ってるんですよ!
 
アレは一体なんでしょう???
 
パンタグラフにすっごく大きなカバーが
ついているのも発見して
二人してワイワイしちゃったけど
ツアーの皆さんがどんどん行ってしまうので
慌てて追いかける私と友人
   
(あ〜残念これがツアーなのね)
  
  
  
さて、今度はバスです。
「豊橋」と言う駅名は良く聞くので
駅前には大きなロータリーがある
みたいなイメージだったけど
実際は小さな駅で
駅から出て45人でぞろぞろ外を歩いて
ちょっと行った所の道に
1台の観光バスがポツンと止まっていて
それに乗り込みました。

バスに乗り込む時に
「まさかバスも席が決まってたり?」
と冗談で言ったら
ツアー慣れしてる友人が
「決まってるよ!」と
きっぱり言うのでまたまたびっくり

乗る時に席順表もらって
自分たちの席を探して
(右側の前から4列目ぐらいだったかな)
席についてホッとして落ち着いたら
急激に眠くなってしまった。
  
2019020908
 
バスはすぐに高速に乗ったけど
渋滞してるのかちょっとずつ動くので
早速ウトウトし始めたら
なんか前方から妙な雰囲気が
伝わってきて車内がざわつき始める。

「あらら!」「きゃー!」

なんて聞こえ始めたので
びっくりして窓の外を見たら、、、、
   
  
人が(高速)道路に

転がってるんですよ!
    

しかもちょっと間をあけて二人!
二人ともヘルメットをしてて
ライダーらしいとわかるのですが
その頭を抱えて身を屈めながら転げて、
「痛い!痛い!」と呻きながら
のたうってるのです。二人とも。
 
その様子をバスに乗ってる私達は
上から見下ろしながら横をゆっくり
無情にも走り抜けていくのです。
(助けようにもどうにもならない)

まだ事故は起こったばかりらしく
一人目から5mぐらい
離れた先にもう一人。
さらに10mぐらい行った先にバイクが
点、点、と二台。
三車線の一番右レーンに
これらが点在していて
他の車やバスは轢かないよう
気をつけながら
横を通過して行くという状況でした。

目の前というか、
真下というか、
そこで転げて痛がってる人見ながら
通過していく私達。。。
 
   
なんともいえん。
 
   
 
早起きして出掛けてくると
(っていうか寝てないけど)
いろんなことに遭遇するんだなぁ。。。
 
 
 
つづく。

| | コメント (6)

2019年2月24日 (日)

平成最後のお伊勢参り(1)

決して....
〝コロッケ狩り〟に行ってきた
わけではありません(^.^;

御朱印集めしてるなら
やっぱり伊勢にも行きたくなるわけで
ツアー慣れしている友人と話してたら
「意外とツアーが安くて便利だよ」
と言うので

「平成最後の伊勢神宮御朱印めぐり」

と言うツアーに半信半疑で
乗っかって行ってきましたが
ツアーはワタクシ初めての経験です。
  
大勢の人が旗を持ったガイドさんの元に
ぞろぞろとついて行く様子は
今までの自分の旅行で
何度も見た事がありますが
(たまに側に行って説明を盗み聞きしたりしてました)
   

自分がそこに混ざるなんて
想像しただけでも照れ臭かったのですが
結果的には今回の旅はツアーで良かった!
と思います。

  
旅行を申し込んだのは
去年の11月下旬でしたが
その時点では旅行の日時が
三連休の初日だったなんて
何故か私は全く気づいていなくて(^.^;

『一年で一番クソ寒い←シツレイ!2月に
 御朱印もらいにちまちま歩き回る人なんて
 そう多くは居ないだろう....』

と思ってて
申込者が催行人数に満たないで
ツアー中止になるんではないかと
そればかり心配してたところ
あっという間に
「催行決定!」のメールが来て
びっくりしてたぐらいです。

実際、三連休の初日だったと気づいたのは
旅行の三日前ぐらい(^.^;

ツアーの集合時間は
始発電車に乗って行くような早朝なので
慣れない東京駅でウロウロしてる間に
遅刻してしまうのではないかと
心配で事前に東京駅の集合場所を
下見に行ったりもしました。
  
「よし、万全だ!」

と思ったのもつかの間。
天気予報を見ると当日の朝は雪が降るらしい
と言う事がわかって、焦る。

地元の東武東上線を全く信じていないので
(すぐ止まる)
どこか安いカプセルホテル系で前泊しようと
ネットで探したらどこも満室で
「えー何でだろ????」と
不思議に思ってたくらい(^.^;
(これ旅行の1週間前ね↑)

前日の天気予報は悲惨で
とうとう大雪の予報になってしまいましたが
前泊もできず運を天に任せたわけですが
まぁ結果的には、そんな大雪でもなく
無事に行って来られました。
お祈りしてくれてありがとう(^-^/

2019020901_2 2019020902_2
鶴ヶ島駅始発のホームなのに上りは人がいっぱい
東京駅に6時半到着やはりすでに人がいっぱい
2019020903  
雪が降り始めたのを東京駅日本橋口で見る
  

そして私のような小柄で
私よりもっと華奢で
私より全然小さな声の、
若い添乗員さん(女性)がやって来て
新幹線の座席表が配られ(席が決まってるのね!)
いよいよ新幹線に乗車します!となりました。
45人旗の後についてぞろぞろ移動の始まりですw

ドキドキワクワク。
 

ホームに上がり
新幹線の車両に乗り込み
発車まであと10分ぐらいな状況を見ながら
渡された紙に書いてある番号の席を探す....
   
でも、何か違和感があって落ち着かない。。。
ここらしい、と席を見つけても
   
何故か違和感があって落ち着かない。

 

   
…皆もそうだった。
   

    
  
それもそのはずっ!

 

 

旅行日程によると私達は「こだま」
豊橋まで行く予定なのだけれど
今、皆で乗り込んでいる車両は「のぞみ」なのよ。

  
「こだま」も「のぞみ」も10分以内に発車よ!
いいの?これでいいの?
「のぞみ」は「こだま」なの????

 

・・・・・・・・
   
  
 
な訳ないっ!

 

間違いに気づいた私より小さな声の添乗員さんが
思い切り声を振り絞って

「間違えましたー!降りてくださーい!

「急いで降りてくださーーーい!

 

と、叫びだしたので
皆、大慌てで飛び降りた。
中には荷物を棚に乗せて
くつろぎ始めていた人も居たけど
すごい速さで降り始めた
  
改めてホームで隣のホームを見るも
両隣のホームはひかりとのぞみではないか。
こだまのホームはどこよ!

 

ぜ、絶句

  

今からホームを階段に向かって歩いて
そして転ばないように階段を降りて
向こうのまた向こうの上り口目指して通路歩いて
また階段上って正しい車両を探す...

って、45人全員で6〜7分でできるんだろか!?

 

足の甲に腫瘍が再発して「草履の人」となり
雪予報でも草履履いて来てる私に
この難技急ぎ技がクリアできるのか?!

ツアー慣れしていない私は移動早々
かなり高度な難関に遭遇して(←当社比)
目の前クラクラしましたが...
   
正しい階段を必死に急いで上ろうとした時に
ツアー慣れしてる他のお客さんが大きな声で
 
「皆さん、絶対に乗れますから慌てないで
 ゆっくり階段上がってください!」


って言ってくれたのが神様の言葉のように
私にとって救いでした。。。
(さすが御朱印頂きに旅行される方々はいい方々)

 

そして本物の「こだま」に乗り込んで
自分の席を見つけ、無事に走りだした時の
安心と喜びといったら...もぉ(笑)

2019020906
 
そんなわけで初めてのツアー参加の旅行は
自分が思っていた以上の大きさの
 
   
ドキドキとワクワクで
 
   
始まったのです〜!

 

2019020905
13号車から撮ったら向こうも13号車

2019020907
新幹線の顔を撮れるのは動いてる時なので....頑張るも
ちょっとずれた
ホームの窓越しに富士山の裾野が写ってます。

2019020904
2月9日 9時14分の富士山(新富士あたり)

 

つづく。

| | コメント (6)

2019年1月18日 (金)

お礼参り(その3)

写真多し!!
  
豪徳寺。
うちからだと、副都心線で渋谷まで行き
そこから東急田園都市線で三軒茶屋へ。
そして東急世田谷線に乗り換えて宮の坂で下車。
(昔は玉電て言ってたような....)
 
電車の所要時間は1時間24分で到着です。
思ってたより簡単で早かった!

でも着いてから豪徳寺の山門が見つからず
なんと豪徳寺外回り一周してしまった
G01
ほぼ一周近く歩いてから見つけた山門。
くぐると中は広い!
G03
そして(冬でも)美しい!
G05 G02
父が中学生の時に撮ったという木は....コレか?
つい木ばかりに目がいくw
G04 G06_2
12月15日だったけどまだ紅葉が美しくてびっくり!
G09 G10
井伊家のお墓がある方にも行ってみたら
やたら背の高い巨木が!!!!
コレか?!

そして、招き猫
G12
予備知識はあったものの
やはり目のあたりのすると圧巻です
なんか変な声(←これを奇声と言う)が
つい自分から発せられてしまふ
G13 G14
よく見ると微妙に表情が違っていたりして
見ていて飽きません。

G19 G17
ここでは絵馬の変わりに招き猫に
願いを込めて奉納するようです。

そして来た時に迷って横っちょ入りしたから
帰りに初めて歩いた参道↓  
G07_2
(伯母が年下の彼氏とデートしたという参道です)
木々が皆すごく高い!
G11
正面にクロスしてるような木が見える!
父が撮った木は....コレか?! 
 
…しかし木が大きい!
招き猫も圧巻だけど、木々の迫力も圧巻です。
東京なのにこんなに木が大きいなんて...
空襲でやられなかったのかな。
  
そういえば東京大空襲の時の話を聞いた。
当時小学生だった父は、近くの病院に
交通事故で入院中だったそうです。
  
そこで空襲警報が
   
すると(父の)お父さんが駆けつけて
父をおんぶして走ってこの豪徳寺に避難!
直後、病院に焼夷弾が落ちて
父が入院していた病院は木っ端微塵に。

その後出先からそれぞれ避難してきた
他の家族とこの豪徳寺で再会したそうな。
 
この豪徳寺は戦争中の避難所指定だったようです。
  
G08

73年前。
この日の空襲で罹災者が100万人を超えたという。
父や祖父や祖母に伯母や伯父、
皆がこの木々の下で身を寄せ合った場所。

大きな木々を見上げながら
感慨深い想いに包まれた。
 
H01
こちらは、豪徳寺の西側にある
世田谷八幡宮です。
地元の人は八幡様と呼んでるらしい。
なぜか境内に土俵もある!
とても立派な神社でした。
 
私は初めて来たように感じるけれど
実は何十年も前に何度もお参りに
連れて来てもらっていた場所なので
全然初めてでは無いって....
なんか不思議な感じがしながらの
お礼参りでした。
 
H02 H03
結婚前の若き日の父が
まだ付き合いはじめの母を連れて来た〝池〟とは
ココだろうか?
そこにはたくさんのウシガエルがいて
夕方暗くなると気味の悪い声で鳴くので
大抵の女性は「キャっ!」と言って
しがみついて来るのが〝狙い〟だったと言っている。

なにそれ
そんな落語に出て来るようなベタなデートを
自分の親たちがこの辺で繰り広げていたなんて,,,(///ω///)
(でもここにはカエルは居なかった)
  

その後、上町に移動して
激混みのボロ市をかき分けながら
上町天祖神社にお参りしました。
T01
多分、本家から一番近い神社なので
私が生まれて一番最初にお参りしたのは
ここだと思うので
T03
この日は扉が閉じられていたけれど
(心に中で)丁寧にお礼参りをして来ました。
T04
ただココはボロ市の植木市会場になっていて
人や植木がごった返していたので
普段の境内の様子とか全然わからなかったから
また静かな時にしんみり行ってみたいです。

何十年も前に
父と母と私が何度も来たところ。
 
 
このあとはすぐ近くの本家に
40年ぶりぐらいに顔を出して
小さい時にいつも
「まぁ〇〇ちゃん大きくなったわねぇ」と
言いながらお年玉をくれた伯母と
普通に大人の女性同士の会話をペラペラ...
 
途中で奇妙な感じがしたけど
なんだか楽しかったです。
 
その後はこれまたすぐそば(ボロ市会場内)に
入院している伯父を見舞ったりしながら
ボロ市も覗いたけど思ってたより
面白かった!
時間がなくて眺めただけだったけど
次回は買い物したい!!!
  
というわけで
「未熟児過ぎて育たない」と言われた私を連れて
父や母や祖母が何度も足を運んだ神社に
無事に育ちあがっている私本人がお礼を述べて
現在は父が大変な時なので
父の残りの日々が苦しむことのない
穏やかで幸せな日々となるように
お祈りして来ました。
 
父にとっても産土神様のはず。
 
 
 
そうそう。
父が中学生の時に撮って
写真コンテストで優勝したという
「4本の並ぶ古木」
後日父に確かめに行きましたが
どれも違っていて
現在の寺内案内図と照らし合わせたら
もう存在していないようでした。
(70年前にすでに古木だったからね)
  
それとウシガエルの声に便乗し
父がベタなデートをしていた池ですが
八幡様でなく豪徳寺の方にあったそうで
やはり現在は存在してないようです。

しかし、今はネットで結構色々調べられて
父が言っていた通りの場所に
池があったという記録を見つけました!

しかもカエルがたくさん居たという
記述つきで思わず笑ってしまいました
 
今回のお礼参りで私の気持ちが
すごくスッキリした事。
父や伯母とたくさん話をして
興味深い話をたくさん聞けた事。
若き日の父や母の足跡を辿るのが
面白かった事。
色々良かったです。
 
皆さんも今のうちに昔を知る人から
色々お話を聞いておくと良いと思いますよ。
子供の頃には言えなかったような話も
大人になってから話をすると
色々教えてくれたりもしますから。
 
オススメです(^o^/
 
長い長い記事を読んでくれて
ありがとうございました。
 
 

| | コメント (12)

2019年1月15日 (火)

お礼参り(その2)

御朱印巡りで神社に興味を持ったら
「産土神(うぶすながみ)」と言う
神様の存在を知りました。
   
WIKIより一部抜粋
 産土神は、神道において、その者が生まれた土地の

 守護神を指す

 その者を生まれる前から死んだ後まで守護する神と

 されており、他所に移住しても一生を通じ守護して

 くれると信じられている

     

   
これに興味が湧き
早速父に聞いてみた。

 

まぁ産土神には諸説あるので
とりあえず現代的に考えて
お宮参りをした神社を聞いてみると
上町天祖神社!」と即答でした。
でも念のため伯母に聞いてみると
八幡様だと思う!」と言う。
   
地図で見てみると両方とも
本家のすぐそばで
当時父と母が住んでいた所からも
生まれた病院からも近い神社です。

もう一度父に確認すると...

「オマエは育たないって言われたから
 あちこちお参りしたんだよ。」

 
そうか......当時、祖母や若い両親が
私がちゃんと育つよう
一生懸命あちこち神社にお参りした。
そして、今の私がある。
    
そこはやっぱり産土神。

そして、この年まで無事に成長できたのは
お参りしてくれた祖母や
両親のおかげでもある。
そんな父はもう高齢で病気で
本当に、いつ死んでもおかしくない。
     
  
…今度は私がお参りをしなければ!
  
  
Setagayamap
※このほぼ全域若き日の父の縄張り↑
 この中に父が育った実家や私が生まれた病院がある


地図でみると上町天祖神社の北に
招き猫で有名で人気な豪徳寺がある!
友人知人達の豪徳寺招き猫画像を
インスタでしょっちゅう見ていたので
一度行ってみたいと思ってたけど
   
豪徳寺ってここにあったのか!
  
そして豪徳寺の西に
世田谷八幡宮がある。

 
父に豪徳寺の事を聞くと
若い頃の遊び場だったらしく
彼女ができると必ず連れて行ったという
デートスポットだったそうな。

父の場合はウシガエルがいる池。
ちなみに父の妹の伯母さんは参道が
やっぱりデートスポットだったらしい。
 
こんな話も聞いた。
父が中学生の時、豪徳寺の
趣のある並ぶ4本の古木を撮影して
写真コンテストに出したら
なんと優勝したそうだ。
(残念ながらその写真は今は無い)

どんな木だ!?
私が撮ったらどんな風?
  
遠いと思っていた豪徳寺が
いきなり身近になった。
 
ならば、お礼参りツアーは
上町天祖神社
世田谷八幡宮
豪徳寺

の三点セットだな。
 
という事で12月にはちょうど
世田谷ではボロ市もあるので
その日に合わせて
私のお礼参りツアーの日としました。
 
つづく。

 

 

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

鎮守の森

皆さん、どんなお正月を過ごされましたか?
 
うちは、1日は年賀状描きで(^-^;
2日は都内のデパ職人展覗きにいって
3日からはのんびり神社詣でです。
 
昨年は御朱印目当てで、
たくさんの東京神社巡りをしました。
Fukutoku01 Fukutoku02
福徳神社@日本橋

   
神社とビルのコラボに何度も目を奪われ....
 
Hie02 Hie01
日枝神社@赤坂見附

写真もいっぱい撮って....

Tenso01 Tenso02
天祖神社@六本木
  
その不思議な景色を
何枚もお持ち帰りしたものですが......
 
 
初詣はやっぱり地元からだよね!.....
と言う事で
久しぶりに地元の神社へ....
 
.....行って見ると! 
Ozaki01_2
尾崎神社@川越市
   
あれ?、こんなに参道長かったっけ???
しかもなんかワイルドw
(途中から石畳があります)
   
いつも駐車場に近い所から
横っちょ入りしてたので
きちんと参道を歩こうとしたら
思ってたより
すご〜く長い参道だったのでびっくり!
 
Ozaki02_2
あれ?、ここの木こんなに大きかったっけ?
   
初めてここに来たのは、
もうかれこれ20年以上前なので
そりゃ木も大きくなりますよね。
でも木があるのは
当たり前のように思ってたから
今までは改めて上を見上げたり
しなかったようです。
  
そして突き当たりの拝殿には.....   
Ozaki03
あれ?、こんなにちっさかったっけ?と
一瞬戸惑う、こじんまりとした拝殿に並ぶは、
外国人などいない
ほとんどがご近所の人ばかり。
 
『あ〜〜〜なんかいい。。。
 あ〜〜〜これがホ〜ム(氏神様)!?』
 
と、今まであまり意識したことがなかった
〝和み〟を感じることができました。
 
まったり甘酒も頂いたしね。。。
 
お参り後も横っちょから帰らず
ちゃんと参道を歩く...  

Ozaki05_3
巨大な?防寒マスクしてなかったら
私は多分鎮守の森に溶け込んでいて
見えなくなっていたでしょう(笑)

 

Syuin01
翌日は川越総鎮守であらせまする
氷川神社に詣でましたが
こちらは外国人も大勢含む観光客と
地元民で混み混みごった返しで
写真もろくに撮れず....

 

5日はお隣の市の神社へ....
現在の住所は川越市だけれど
お隣の鶴ヶ島市との境目のような所なので
こちらの神社の方が実は近いのです。

 
それに川越に引っ越してくる以前は
鶴ヶ島市民だったし、
その時はここが氏神様でした。↓

Koutoku01_2
高徳神社@鶴ヶ島市

久しぶりに来てみたら
参道が綺麗に整備されていて
Koutoku02
やっぱり木がすごく大きくなっていて
とても気持ちの良い参道になってました!
 
Koutoku03
すでに5日なのでお参りに来るのは地元民だけ。
Koutoku04
やっぱり拝殿は小さい!
でも、門松がありますよ!

お参り後の帰り道の景色↓

Koutoku05

地元の鎮守の森が
こんなに素敵に感じたのは
初めてです。 
 
「当たり前」と思って見ていた光景と
「当たり前ではないんだな」と
知ってから見る光景は、
こんなにも違って見えるもの...らしい。
 
 
この日は他にもご近所にある
2箇所の〝日枝神社〟にお参りしました。。
東京の日枝神社とは大違い過ぎるので
それはまた今度記事にします。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧