夢のお話

2008年6月29日 (日)

悪霊退散!

なんか疲れてたのか....

今朝、悪霊に取り憑かれそうになった夢を見ましてね。
右肩から取り憑いてきやがったんで
腹にチカラ入れて声を轟かせ一喝してやったんですよ。

「◇☆×△※
impactsign03

 

い〜や...あまりの大声(ぢぶんの)で
一発で目が覚めましたわ coldsweats02うるさくてビックリ〜!!!

で、ぢぶんの声で驚いて目を覚ましたわりには
この悪霊を一喝したかっこいい言葉が
なんだか思い出せなくてねぇ。。。

なんて言ったんだろぢぶん????coldsweats01

なぁ〜んて考えてたら
昔、幼稚園児だったかわいい娘を連れて
お化け屋敷に入ったときの事を思い出したよ。

生まれて初めて「お化け屋敷」に入った娘は
母親に手を引かれながら泣きもせず
後ろからついてきた生おバケに
今まで聞いた事もないようなドスの効いた大声で

「てめぇannoyついてくるんぢゃねーよthundersign03

と一喝!
(こ、こんな言葉遣い教えた覚えもありませんが)

母親(兎夢)も驚くぐらいだから、生おバケも驚いて
思わず「ご、ごめんなさいshocksweat01とあやまって
どっかに消えていきましたよw

その後娘はキリリとした顔を保ったまま(もぉ生オバは出ない)
小屋内を普通に全部歩きお化け屋敷の外に出てきましたが....
そこで、お化け屋敷の宣伝的効果音として中の悲鳴を外に流す
仕組みになっていたことを知り(中に居る皆の悲鳴を外で聞いた)

「ねぇお母さんcherry.....○○ちゃんの声tulip
 みんな聞いちゃったかなぁ?
cherryblossom

と、愛くるしい顔した幼稚園児の娘が
おバケに発した“ドスの効いたぢぶんの一喝”を
外のみんなが聞いてしまったんではないかと
えらく気にしてましたよ。(そりゃ聞こえたさ)
まぁ、いろんな意味で
外で待ってた他のちびっ子たちも
恐かったろうね。はっはっは、、、


ところで。
アタシはなんて言ったんだろなぁ...う〜むthink

| | コメント (8)

2005年3月 3日 (木)

沈む黒糖島

沖縄の海を思わせるエメラルドグリーンの海に囲まれてソレはありました。

キラキラ光るベージュ色の砂浜の内側は茶色の枝が迷路のようにひしめく大きな樹木でできている小さな島でした。
葉っぱはまったくないのですよ。
茶色の樹木の枝は頭上で複雑に絡み合い大きなドームのようです。
最初は見上げていたのに、いつのまにか中腰でその茶色のトンネルを進んでいます。
元気な子供たちと最初はここに迷い込んできたのに、中腰にならないと前に進めない私はいつのまにか取り残されました。

中腰に疲れて一休みしている時にフと気づきます。
足下も枝と同じ茶色の地面なのですが......ひたひたな水があがってくるのです。

『満潮?!』

どうやら潮が満ちてきてこの島がジョジョに浸水していくみたい。
気がつくとやけに空間が狭くなっていて、私は四つん這いになっている。
その膝が.....前に進もうとした自分の膝がズボっ!...と地面を壊しました!
慌てて手をつくと手元もグズっ!...と崩れます。

『えっ!!!...黒糖!?』

私はベタベタになった手と膝を見て驚愕の声をあげます。
そーなんです!....なんとココは黒糖でできている黒糖島でした。
『そ、そんなぁ!』と思わず立ち上がるわたしに黒糖でできた枝達が海水の湿気を吸ってすっかりベトベトになり髪や頬に絡んできます。

ひょぇ〜〜〜〜!!!  キモイっ!
膝も足も髪も頬も手も手もベトベトです。
黒糖の甘い香りで息もくるしいぃぃぃ。
しかも足下の海水はどんどんあがってくる。
狭い、、、立ち上がりたいのに立てない、、、動けない、、、枝がじゃま!...くるしぃ!

うわぁ〜〜〜〜!!!

走りたくても足下はすでにグツグツだし立ち上がることもできない。

『こ、このままココで黒糖に埋もれながら私は溺れ死ぬのか!』
そー思ったらパニックになって
「ヤだーーーー!」...と叫んで目が覚めました。
汗びっしょりで息が荒くゼイゼイハァハァ、、、、


以上、インフルエンザちぅに見た恐ろしい悪夢でした。。。。
治ってよかった。

| | コメント (11)

2004年7月12日 (月)

夢の中の自分

ワタシはすっかり昼と夜が反対な生活なのですが、この季節は暑くてうるさいので
昼間の眠りが浅くて浅くて、、、、
さて。
眠りが浅いとどんなことが起こるでしょうか。
そーなんです。夢をいっぱい見るのです。これはこれで楽しいのです。

みなさんは夢の中の自分に会ったことありますか?
その日のワタシは夢の中と半分起きてる世界をいったりきたりしてたらしい。
だから夢の中の自分が見えました。

夢の中の自分がみんなに何かを熱く語ってます。(水槽の話だったかな(笑))
それを半分起きてる自分が「あ〜自分が一生懸命語ってる夢だわぁ〜」と見てます。

すると突然、夢の中のワタシがこっちを見て

「ね!」

と、同意を求めてきました。

半分起きてる自分は夢の中の自分にイキナリ話しかけられたのでかなりびっくりしましたが、話の内容は同意できるものなので(だって自分が語ってるんだもんね)とまどったものの

「うん!」

と、かなりハッキリ現実の声で夢の中の自分に答えました。
夢の中の自分も満足そう。

その瞬間、おかしいやらうれしいやら。
だって夢の中の自分と起きてる自分が会話したんですよ!
(ま、「うん!」って答えただけだけど)

面白かったのでこの日は眠りが浅いわりには、良い目覚めになりました。(笑)
あ、ドラッグなんてやってませんよ〜(爆)

| | コメント (2)