« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月18日 (金)

お礼参り(その3)

写真多し!!
  
豪徳寺。
うちからだと、副都心線で渋谷まで行き
そこから東急田園都市線で三軒茶屋へ。
そして東急世田谷線に乗り換えて宮の坂で下車。
(昔は玉電て言ってたような....)
 
電車の所要時間は1時間24分で到着です。
思ってたより簡単で早かった!

でも着いてから豪徳寺の山門が見つからず
なんと豪徳寺外回り一周してしまった
G01
ほぼ一周近く歩いてから見つけた山門。
くぐると中は広い!
G03
そして(冬でも)美しい!
G05 G02
父が中学生の時に撮ったという木は....コレか?
つい木ばかりに目がいくw
G04 G06_2
12月15日だったけどまだ紅葉が美しくてびっくり!
G09 G10
井伊家のお墓がある方にも行ってみたら
やたら背の高い巨木が!!!!
コレか?!

そして、招き猫
G12
予備知識はあったものの
やはり目のあたりのすると圧巻です
なんか変な声(←これを奇声と言う)が
つい自分から発せられてしまふ
G13 G14
よく見ると微妙に表情が違っていたりして
見ていて飽きません。

G19 G17
ここでは絵馬の変わりに招き猫に
願いを込めて奉納するようです。

そして来た時に迷って横っちょ入りしたから
帰りに初めて歩いた参道↓  
G07_2
(伯母が年下の彼氏とデートしたという参道です)
木々が皆すごく高い!
G11
正面にクロスしてるような木が見える!
父が撮った木は....コレか?! 
 
…しかし木が大きい!
招き猫も圧巻だけど、木々の迫力も圧巻です。
東京なのにこんなに木が大きいなんて...
空襲でやられなかったのかな。
  
そういえば東京大空襲の時の話を聞いた。
当時小学生だった父は、近くの病院に
交通事故で入院中だったそうです。
  
そこで空襲警報が
   
すると(父の)お父さんが駆けつけて
父をおんぶして走ってこの豪徳寺に避難!
直後、病院に焼夷弾が落ちて
父が入院していた病院は木っ端微塵に。

その後出先からそれぞれ避難してきた
他の家族とこの豪徳寺で再会したそうな。
 
この豪徳寺は戦争中の避難所指定だったようです。
  
G08

73年前。
この日の空襲で罹災者が100万人を超えたという。
父や祖父や祖母に伯母や伯父、
皆がこの木々の下で身を寄せ合った場所。

大きな木々を見上げながら
感慨深い想いに包まれた。
 
H01
こちらは、豪徳寺の西側にある
世田谷八幡宮です。
地元の人は八幡様と呼んでるらしい。
なぜか境内に土俵もある!
とても立派な神社でした。
 
私は初めて来たように感じるけれど
実は何十年も前に何度もお参りに
連れて来てもらっていた場所なので
全然初めてでは無いって....
なんか不思議な感じがしながらの
お礼参りでした。
 
H02 H03
結婚前の若き日の父が
まだ付き合いはじめの母を連れて来た〝池〟とは
ココだろうか?
そこにはたくさんのウシガエルがいて
夕方暗くなると気味の悪い声で鳴くので
大抵の女性は「キャっ!」と言って
しがみついて来るのが〝狙い〟だったと言っている。

なにそれ
そんな落語に出て来るようなベタなデートを
自分の親たちがこの辺で繰り広げていたなんて,,,(///ω///)
(でもここにはカエルは居なかった)
  

その後、上町に移動して
激混みのボロ市をかき分けながら
上町天祖神社にお参りしました。
T01
多分、本家から一番近い神社なので
私が生まれて一番最初にお参りしたのは
ここだと思うので
T03
この日は扉が閉じられていたけれど
(心に中で)丁寧にお礼参りをして来ました。
T04
ただココはボロ市の植木市会場になっていて
人や植木がごった返していたので
普段の境内の様子とか全然わからなかったから
また静かな時にしんみり行ってみたいです。

何十年も前に
父と母と私が何度も来たところ。
 
 
このあとはすぐ近くの本家に
40年ぶりぐらいに顔を出して
小さい時にいつも
「まぁ〇〇ちゃん大きくなったわねぇ」と
言いながらお年玉をくれた伯母と
普通に大人の女性同士の会話をペラペラ...
 
途中で奇妙な感じがしたけど
なんだか楽しかったです。
 
その後はこれまたすぐそば(ボロ市会場内)に
入院している伯父を見舞ったりしながら
ボロ市も覗いたけど思ってたより
面白かった!
時間がなくて眺めただけだったけど
次回は買い物したい!!!
  
というわけで
「未熟児過ぎて育たない」と言われた私を連れて
父や母や祖母が何度も足を運んだ神社に
無事に育ちあがっている私本人がお礼を述べて
現在は父が大変な時なので
父の残りの日々が苦しむことのない
穏やかで幸せな日々となるように
お祈りして来ました。
 
父にとっても産土神様のはず。
 
 
 
そうそう。
父が中学生の時に撮って
写真コンテストで優勝したという
「4本の並ぶ古木」
後日父に確かめに行きましたが
どれも違っていて
現在の寺内案内図と照らし合わせたら
もう存在していないようでした。
(70年前にすでに古木だったからね)
  
それとウシガエルの声に便乗し
父がベタなデートをしていた池ですが
八幡様でなく豪徳寺の方にあったそうで
やはり現在は存在してないようです。

しかし、今はネットで結構色々調べられて
父が言っていた通りの場所に
池があったという記録を見つけました!

しかもカエルがたくさん居たという
記述つきで思わず笑ってしまいました
 
今回のお礼参りで私の気持ちが
すごくスッキリした事。
父や伯母とたくさん話をして
興味深い話をたくさん聞けた事。
若き日の父や母の足跡を辿るのが
面白かった事。
色々良かったです。
 
皆さんも今のうちに昔を知る人から
色々お話を聞いておくと良いと思いますよ。
子供の頃には言えなかったような話も
大人になってから話をすると
色々教えてくれたりもしますから。
 
オススメです(^o^/
 
長い長い記事を読んでくれて
ありがとうございました。
 
 

| | コメント (12)

2019年1月15日 (火)

お礼参り(その2)

御朱印巡りで神社に興味を持ったら
「産土神(うぶすながみ)」と言う
神様の存在を知りました。
   
WIKIより一部抜粋
 産土神は、神道において、その者が生まれた土地の

 守護神を指す

 その者を生まれる前から死んだ後まで守護する神と

 されており、他所に移住しても一生を通じ守護して

 くれると信じられている

     

   
これに興味が湧き
早速父に聞いてみた。

 

まぁ産土神には諸説あるので
とりあえず現代的に考えて
お宮参りをした神社を聞いてみると
上町天祖神社!」と即答でした。
でも念のため伯母に聞いてみると
八幡様だと思う!」と言う。
   
地図で見てみると両方とも
本家のすぐそばで
当時父と母が住んでいた所からも
生まれた病院からも近い神社です。

もう一度父に確認すると...

「オマエは育たないって言われたから
 あちこちお参りしたんだよ。」

 
そうか......当時、祖母や若い両親が
私がちゃんと育つよう
一生懸命あちこち神社にお参りした。
そして、今の私がある。
    
そこはやっぱり産土神。

そして、この年まで無事に成長できたのは
お参りしてくれた祖母や
両親のおかげでもある。
そんな父はもう高齢で病気で
本当に、いつ死んでもおかしくない。
     
  
…今度は私がお参りをしなければ!
  
  
Setagayamap
※このほぼ全域若き日の父の縄張り↑
 この中に父が育った実家や私が生まれた病院がある


地図でみると上町天祖神社の北に
招き猫で有名で人気な豪徳寺がある!
友人知人達の豪徳寺招き猫画像を
インスタでしょっちゅう見ていたので
一度行ってみたいと思ってたけど
   
豪徳寺ってここにあったのか!
  
そして豪徳寺の西に
世田谷八幡宮がある。

 
父に豪徳寺の事を聞くと
若い頃の遊び場だったらしく
彼女ができると必ず連れて行ったという
デートスポットだったそうな。

父の場合はウシガエルがいる池。
ちなみに父の妹の伯母さんは参道が
やっぱりデートスポットだったらしい。
 
こんな話も聞いた。
父が中学生の時、豪徳寺の
趣のある並ぶ4本の古木を撮影して
写真コンテストに出したら
なんと優勝したそうだ。
(残念ながらその写真は今は無い)

どんな木だ!?
私が撮ったらどんな風?
  
遠いと思っていた豪徳寺が
いきなり身近になった。
 
ならば、お礼参りツアーは
上町天祖神社
世田谷八幡宮
豪徳寺

の三点セットだな。
 
という事で12月にはちょうど
世田谷ではボロ市もあるので
その日に合わせて
私のお礼参りツアーの日としました。
 
つづく。

 

 

| | コメント (0)

2019年1月14日 (月)

お礼参り(その1)

物騒な〝お礼参り〟のお話ではありません。
 
今から18年ほど前、
65歳にて難病の拡張型心筋症を発症し
「明日死んでもおかしくない」と
診断された父は現在83歳です。
   
医者の予想を裏切る....って凄いなぁ。。。
と、常々思ってたけど
      
そういえば。。。。
私自身も未熟児で生まれ
しばらくの間ガラス箱(無菌保育箱)の
お世話になったのですが
まだ赤ちゃん医療がそれほど発達してない
大昔だったので担当医が
「この子は育たないでしょう」と
診断を下したそうな。
 
そんな私は現在......いい歳凄い歳
      
私が二十歳になった時
母が遠い目をしながら
「まさか成人式を迎える年まで
 無事に育ったなんて
 あの先生は思ってないから
 見せに行きたいわ。
 さぞかしびっくりするでしょうね」
と、言っていたのをフと思い出しました。
 
をを!
私も医者の予想を裏切っていたんだっけ!
 
 
祖母もこう言ってました。
  
「この子は育たないでしょう」
と、医者に言われた時....
それを聞いた祖母が
  
「ならば可愛い孫をこのまま病院で
 死なすわけにはいかない!」
   
と、江戸っ子タンカ切って
未熟児赤ん坊を無理やり
退院させたそうな。
 
 
まだ無菌箱にいなきゃいけない状態
だったから私を抱っこするときは
「素手で触ってはイケナイ」
と言われてたそうで、
布団ぐるぐる巻きで
手巻き寿司の具になってるような
私の写真がアルバムにあったっけ。
 
どうせすぐ死んでしまうなら
せめて親に抱っこされてから...
との想いだったらしいのですが
ぐるぐる巻きの布団のせいで
実際はかなり抱きづらかった、と
聞いた覚えがある。(笑)
 
 
そして私は死ななかった。。。
 
 
つづく。 
 

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

にんまり

私事ですが
ちょっと前に免許証の更新がありました。
 
 
ところで。

免許証の顔写真て撮ったその年は

「うっわー老けて写っちゃったよー
 こんなの使いたくなーい

って、毎回思うんだけど、
5年後の更新時に見ると

「あれ、そんなに悪くなかったこの写真」

とか思っちゃって
確実に5年の間の老化現象を
目の当たりにする…って
ありませんか?

(え、まだない?)
(あ、そーですか

   

でね。
今回来たお知らせハガキをよく読んでみたら

「警察署」でなく
「免許センター」の方に
〝写真を持参〟すれば
それを使って免許証にしてくれる、
   
と書いてあるではないか!

 
 

これはチャンスだ!

(なんの?w)
 
  

長年企んでいた事が
いよいよ実行できる時がきたんですよ!

      

長年企んでいた事=にんまり顔搭載の免許証

 

警察のカメラの前でまぢめな顔をさせられると
どうしても口角が下がり気味に写ってしまう
残念なお年頃になってきたので
今後は思い切って口角をグイッ!と上げた

〝にんまり顔〟で写りたい、

と、思ってたんですよ。

なぜ〝笑顔〟でなく〝にんまり顔〟かと言うと

〝笑顔〟はNGなんです。

(注意された事があるw)


この〝笑顔〟の定義が
「歯が見える」事のようなので
口角を上げただけの歯を見せない
〝にんまり顔〟なら大丈夫なのでは?
  
でも現場でうっかり注意されたら
困惑して変な顔になってしまう。
  
でも持参なら、、、、

 
イケる!
イケるよね?!
 

てな訳で
わざわざ事前に〝にんまり顔〟写真を撮って
(結構練習した↑)
  

わざわざいつもの警察署より
ずーっと遠い免許センターに
    
わざわざすごい早起きをして
(時間指定されてるので↑)

いざチャレンジ!

 

当然ですが持参した写真で更新する人には
写真の審査があります。

なるべく持参した顔と同じ顔に…(笑)

    ・・・・・・

 「これは…」
 
 「はい?」(ドキドキ)

 

 「この耳のところに見えるのは....
  イヤリングですか?」

   
 (え、そこ?
   
 「あ、はいピアスです。」


担当者、ポンポンとハンコ押す。


どうやら通過できそうだ。


と、思ったら、、、

担当者さん書類を私に渡しながら
    

「あの…
  次回はあまり笑った顔を
    しないでくださいね

 

と、笑いながら注意された!!(^-^;

 
 

にんまりおかげせい???
この時、なぜ免許証の写真が
笑った顔ではダメなのか
なんとなくわかった気がしたyo...(違?)


 

と言う事で無事念願の
〝にんまり顔〟写真搭載の
免許証ができました(^o^/(嬉)

 
 

ところで、後日
実の父親にこの免許証を見せたら
顔写真見てすごい爆笑しましたよ!


ヤバイ。

爆笑を誘う〝にんまり顔〟なのか。。。?
(まだ親以外には誰にも見せてない)
 
 
なお、真似をして
  写真審査で叱られても

   
当方一切責任を持ちませんので
    皆様におかれましては

    自己責任でお願いしたします。

 

 

| | コメント (3)

2019年1月 7日 (月)

鎮守の森

皆さん、どんなお正月を過ごされましたか?
 
うちは、1日は年賀状描きで(^-^;
2日は都内のデパ職人展覗きにいって
3日からはのんびり神社詣でです。
 
昨年は御朱印目当てで、
たくさんの東京神社巡りをしました。
Fukutoku01 Fukutoku02
福徳神社@日本橋

   
神社とビルのコラボに何度も目を奪われ....
 
Hie02 Hie01
日枝神社@赤坂見附

写真もいっぱい撮って....

Tenso01 Tenso02
天祖神社@六本木
  
その不思議な景色を
何枚もお持ち帰りしたものですが......
 
 
初詣はやっぱり地元からだよね!.....
と言う事で
久しぶりに地元の神社へ....
 
.....行って見ると! 
Ozaki01_2
尾崎神社@川越市
   
あれ?、こんなに参道長かったっけ???
しかもなんかワイルドw
(途中から石畳があります)
   
いつも駐車場に近い所から
横っちょ入りしてたので
きちんと参道を歩こうとしたら
思ってたより
すご〜く長い参道だったのでびっくり!
 
Ozaki02_2
あれ?、ここの木こんなに大きかったっけ?
   
初めてここに来たのは、
もうかれこれ20年以上前なので
そりゃ木も大きくなりますよね。
でも木があるのは
当たり前のように思ってたから
今までは改めて上を見上げたり
しなかったようです。
  
そして突き当たりの拝殿には.....   
Ozaki03
あれ?、こんなにちっさかったっけ?と
一瞬戸惑う、こじんまりとした拝殿に並ぶは、
外国人などいない
ほとんどがご近所の人ばかり。
 
『あ〜〜〜なんかいい。。。
 あ〜〜〜これがホ〜ム(氏神様)!?』
 
と、今まであまり意識したことがなかった
〝和み〟を感じることができました。
 
まったり甘酒も頂いたしね。。。
 
お参り後も横っちょから帰らず
ちゃんと参道を歩く...  

Ozaki05_3
巨大な?防寒マスクしてなかったら
私は多分鎮守の森に溶け込んでいて
見えなくなっていたでしょう(笑)

 

Syuin01
翌日は川越総鎮守であらせまする
氷川神社に詣でましたが
こちらは外国人も大勢含む観光客と
地元民で混み混みごった返しで
写真もろくに撮れず....

 

5日はお隣の市の神社へ....
現在の住所は川越市だけれど
お隣の鶴ヶ島市との境目のような所なので
こちらの神社の方が実は近いのです。

 
それに川越に引っ越してくる以前は
鶴ヶ島市民だったし、
その時はここが氏神様でした。↓

Koutoku01_2
高徳神社@鶴ヶ島市

久しぶりに来てみたら
参道が綺麗に整備されていて
Koutoku02
やっぱり木がすごく大きくなっていて
とても気持ちの良い参道になってました!
 
Koutoku03
すでに5日なのでお参りに来るのは地元民だけ。
Koutoku04
やっぱり拝殿は小さい!
でも、門松がありますよ!

お参り後の帰り道の景色↓

Koutoku05

地元の鎮守の森が
こんなに素敵に感じたのは
初めてです。 
 
「当たり前」と思って見ていた光景と
「当たり前ではないんだな」と
知ってから見る光景は、
こんなにも違って見えるもの...らしい。
 
 
この日は他にもご近所にある
2箇所の〝日枝神社〟にお参りしました。。
東京の日枝神社とは大違い過ぎるので
それはまた今度記事にします。

| | コメント (3)

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年2019

あけおめ!
2019nenga_2
ことよろ!
 
いつもコメントありがとうございます。
去年はたくさん出掛けたので
ネタがいっぱいあったのに
あまり記事にできませんでした。
(ありすぎて迷うのだ
今年はもうちょっと頑張ります

| | コメント (4)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »