« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月23日 (金)

シンデレラコート

書こう!と思いながら...忘れて...
あっという間に月日が経ってしまった
数年前の秋のお話です。
 

数年前の秋のある日。
久しぶりに用事があって外出したら
歩道は秋も深まり落ち葉がいっぱい。

カサコソ落ち葉踏みながら歩いていたら
頭の中になぜか突如
  
『ハリスツィード』
   
というワードが押し寄せてきて
隙間なく一杯になってしまった。

なぜ今『ハリスツィード』????
 
と、とても不思議だったけど
頭の中はハッキリくっきり
  
  
『ハリスツィード』
 
 
思い当たるフシは、、、、
最近家族Aがハリスツイードの
ジャケットを購入。
その柄の上品さと落ち着いた色合いに
多分ヤラレタのだろう。
 
自分のファッションは若い頃からずっと
エスニックや和が主流だったので
そのようなトラディショナル系とは無縁。
家族Aのそれはすごく新鮮だったし
本物の大人〜って感じがして
多分羨ましかったのかもしれない。
 
で、
秋の気配を実感した途端頭の中いっぱいに
  
『ハリスツィード』
  

でも、女性のファッションでは
あまりハリスツィードは使われない。
ツィードの服はいっぱいあれど
軽さを優先するから
ハリスツィードは使われない。
 
ならば、部分的に(ちょっとだけでも)
ハリスツィードをあしらった服は
ないだろか?
例えば、、、、どんな、、、、
  
ず〜っと考え事をしながら
用事を済ませ。
いつもその用事を済ませた後、
ついでに立ち寄る
アンティークショップに入った。
      
そこは西洋アンティーク専門のお店で
ワイングラスとかキッチングッズとか
照明器具とか、クリスマスカードとか
いつも目を楽しませてもらっているのだけど
その日は、いつもと違う物が参加していた。
         
いつもと違うので
いきなり目に飛び込んできたそれは
メンズライクなアンティークショートコート。
そのお店で衣類を見たのは初めてで
特に新しく衣類コーナーが
誕生したわけでもなくただ一着だけ
お店の奥の柱に掛かっている。

なぜ急に一着だけ?
そばまで行って見たら.....
   
驚いた!
|)゚0゚(|
  

    


驚き過ぎてしばし固まる。
  
 
だって、そのコート。
   
 
袖の折り返しがハリスツィード!
 
ハリスツィードワッペンもちゃんと
コートの裏地についている。
更に驚いたことはアンティーク(古着)
とはいえ
とてもリーズナブルなお値段なので
もし衝動買いしたければ
すぐに払えるではないか。
コートなのに!
 
とりあえず試着してみたい。
展示で少し高い所に掛かっているので
お店のマスターにコートを試着させて、と
言いに行ったら、
 
「あのコートが気に入ったの?
 あのコートはちょっといわくつきで
 
今まで何人もの人が、
 欲しいと言って試着したんだけど

 誰にもサイズが合わなくて
今もまだ
 売れずに掛かっているんだよ。

 貴方に合うといいんだけど....」
 
と、言いながら柱から降ろして手渡してくれた
そのコートはやけに重くて襟の所には
〝L〟というサイズ表記があった。
  
肩凝り番長の私には重たい服は天敵だ。
しかもSサイズの私にLサイズとな
もう試着以前の話で無理...と思った。
 
気を落として試着を辞めようと思ったけど
マスターがせっかくだから着てみたら?
というのでコートを受け取ると
指の関節がポキッ!と言いそうになる程
重くて重くて、、、
重くて、、、、
おも、、、、、、?????

あれ????
  
あれれ?
  
あの重さはどこへ行っちゃったの????

というぐらい、着用した途端
コートは綺麗に体に纏われ
あのポキりそうな重さは消滅!

え????
なぜか重くなくなって
しかもちょうどいい!?
え、ぴったり???

「あれま、ぴったりじゃないですか!
 それ着て来たみたいに馴染んでるけど
 うちのコートだよね????
 貴方のじゃないよね???」
 
お店の人も困惑するほど
ぴったりだった私w
 
    
なんで〝L〟がぴったりなのか
なんで突如頭の中に湧いたハリスツィードが
絶妙なタイミングで目の前に現れたのか
不思議でたまらなかったけど
ありがたくいただいて
脱いで手に持つとすごく重くなるので
着たまま帰って来ましたよ(笑)

マスターにも着たままでいいじゃない
って言われたし。(*´ェ`*)
 
 
帰り道。
また歩道で落ち葉をカサコソ踏みながら
行きに願っていたことが帰りに叶ってるという
不思議と喜びを味わったので
落ち葉の匂いと不思議がセットで
深まった秋の日の思い出として刻まれました。
 
201811h02
   
  
 
落ち葉を踏むと
不思議世界の扉が開く

 
 
201811h01

| | コメント (4)

こうだったっけ?

今年は頻繁に都内に出掛けています。
 
東京で信号待ちで暇してると
つい、パチリ
201810t01
(↑9月の信号待ち)   
(10月の信号待ち↓)
201811t01
…なんか図形的にいいw

もしかしてビルフェチ?
 
一昔前だと東京でこんな写真を撮ってたら
〝おのぼりさん〟丸出しで
かなり恥ずかしかったのですが
最近はインスタ流行りのおかげで
あまり恥ずかしい行為ではなくなった...
...ような気がします。(私だけ?)
 
201811t02
あ、あんな所に東京タワーが!パチリ
 
 
(.....おのぼりさんに見えませんよーに)   
    
  
 
本当に東京タワーだったのか拡大してみました。
201811t03
東京タワーって、
こうだったっけ???
    
私が知ってた東京タワーとは
なぁ〜んかちょっと違うような。。。
やっぱり踏ん張ってる下の部分を見ないと
ピンとこないものなのか?
 
 
    

…アブラムシついてません?

| | コメント (3)

2018年11月10日 (土)

またまたパイプオルガン’ず

前回の記事で言っていた【8月の記事】
   
東京芸術劇場(池袋)の
10月のナイトタイムコンサート
つい先日行って来たサントリーホール(六本木)の
11月のランチタイムコンサートのお話です。
 
8月に体験したナイトタイムコンサートの時に
会場で〝次回のチラシ〟も頂いて
そこに演奏予定の曲目が書いてあったので
YouTubeで検索してみたら数曲ヒットして
事前にどんな曲かわかったのです。
 (便利な世の中だよねー!)
 
そこで閃きました。
 
『知らない曲より知っている曲を
 演奏してもらったほうが
 数倍楽しい♩に違いない』
 
と言う事で、検索してわかった曲を
ほぼ毎日再生して聴き込む事にしました。
 
一ヶ月ぐらい聴き込むと
それがちゃんと〝好きな曲〟になり
もっと聴き込むと
もっと好きな曲になりました!
 
 
もう、次のコンサートが楽しみでたまらない!!!
 
と言う状況で迎えた当日。
Touoru01
 
Touoru02
 
演奏者は前回の
〝ちょっと体格の良い日本人の男性〟
とは違って今回は
若くて細身のイタリア人でした。
 
そして、、、
 
そして待ち望んでいた一曲目!
 
 
驚いた驚いた驚いた!
 
 
一ヶ月以上聴き込んで来た曲そのものではあるけれど
アレンジの仕方(?)が全く違っていて
ものすごくパワフルで荘厳で
エネルギッシュでグイグイくるので圧倒されました!
 
バロックなのに。グイグイくる。
 
前回の奏者さんとも全く違う。
(前回と)同じオルガンでこんなにも違う!
(YouTubeと)同じ曲なのにこんなにも違う!
 
 
そうねぇ〜。。。。
 
バイクで例えて言うとぉ…(をぃ!)
 
 
前回のちょっと体格の良い日本人の男性の演奏は
「ホンダのバイク」って感じだけど
 
今回のイタリアンな若い奏者の演奏は
「カワサキのバイク」って感じ(^-^/
 
…すみません、こんな例えで
なんでバイクで例えるのか
ぢぶんでもよくわからない ┐(´-`)┌
 
でも他に説明できる音楽用語を知らないのだ。
 
で、先日行って来たサントリーホールの
パイプオルガンですが....
Sanoru02
昼間だよ(^o^/ 
Sanoru01
これがまた建築物的にホールがかっこよくて
すごく気持ちが良い!(無料ですよ!)
  
30分で5曲ぐらい演奏してくれたんですが
そのうち1曲は超有名曲だったので
事前聴き込みなしでも楽しめました。
 

え〜とぉ….
バイクで例えると(またかいw)
 
こっちのオルガンは
「大型スクーター」って感じ。
 

すみません、すみません
こんな奴がパイプオルガン語って
すみません、すみません
わからない例えで
すみません、すみません
 
ランチタイムコンサートだけあって
最後の曲が終わる頃にはほとんどの人が
気持ち良すぎて、うとうと……
 
本当に気持ちの良い空間と音色と
温感でした。(なぜか音で温度を感じるのよ〜)
 
さて、次はみなとみらいホールの
ルーシー(←パイプオルガンの名前だそうで)
に会いに行ってこようかな。
 
 
 
どんなバイクかな....(違っ!)
 

| | コメント (6)

2018年11月 1日 (木)

カンパチ

先にお断りしておきますが
釣りの話題ではありません。
 
ここんとこ仕事がらみで
久しぶりにアナログな作業に
没頭しています。
 
PC使わず全部手書きで仕上げる
一点もののオリジナル
 
「お手元カレンダーBook」
 
バッグに入れて持ち出せて
どこでも見やすく
メモ書きもおっけーで
帰宅後は卓上カレンダーにもなる
…というようなブツを
手作りするわけで
 
Cbook01
 
手書きカレンダーと言うのは
ミスりやすいものなので
いざ始めてみると最初は大変で
すぐにデータ化したくなるのを
グッと抑えながら
しかも間を置くと再びミスるので
一気に仕上げていく
 
 
Cbook05
Cbook03 Cbook04
※卓上にもなるので背面はメモや予定欄で活躍
Cbook06  Cbook07
※手書きなので色々なパターンを作ろう!  
 
…と言うことで1週間ぐらい
あまり寝ないで没頭していたら
 
なんか
   
眉間にやけに深いシワ

      
出現していてびっくりよ!
 
これは多分、、、、
ほら、2月なのに30日まで書いちゃった!
とか、やっちゃうとまた最初からでしょ。
だからPC作業の時には使わなかった部類の
細かい神経を使うのよ。
それで眉間にシワが寄るような顔に
なるんだな、きっと。
 
あ、あと手書きの強い味方は
ライトボックス(トレース板)なんだけど
私のは15年ぐらい前に購入した
明るさ調節もできない眼に眩しい
蛍光灯の入ってるやつなもんで
サングラス常用の私にとって
天敵みたいなもん。
そんなもんに1週間晒されてたんだから
眉間にシワが寄るのも不思議ではない。
   
Cbook08
 
で。
困った。
 
だってこの眉間についた
八の字のやけに深いシワが
全然消えないの!
 
あっためて擦ってみるか?!
(フリクションぢゃない)
 
数日経っても消えないので
家族Aに
  
「これ消えなくて困ったわぁ
   
とおでこ見せたら
   
 
・・・・・(ジィ〜
  
 
  
;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
カンパチだ!
 
 
  
カンパチだぁ(笑)
 
 
  
カンパチだぁぁぁ(大笑)
 
ゲラゲラゲラ'`,、(´▽`) '`,、
 

  
 
〝カンパチ〟ってなによ?
   
   
 
デコに八(ハチ)って書いてあるw
 
デコに八(ハチ)って書いてあるw
 
デコに八(ハチ)って書いてあるw
   
 
  
( ´艸`)オモシロイ
 
 
 
 
 
 
おでこに八って書いてあったら
〝カンパチ〟なのかい?
 
 
 
 
ヒアルロン酸でも刺すかな…

| | コメント (6)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »