« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月25日 (水)

2年目(その2)

母が他界して父が家事全般をこなすようになって
早2年です。

と言っても母が存命中でもボケ始めて
家事ができなくなった
前期間があるので
父の主婦業は2年半強ぐらいかな。
     

最初の頃は、私と一緒にキッチンに入り
あれはどうやる?これはどうする?
と、いろいろ聞かれたので
私が基本的なことを教えてあげてたけれど
1年を過ぎたあたりから実家のキッチンは
すっかり父の縄張りとなり
下手に私が手伝おうとすると、
自分の聖域が乱されるような苛立ちを見せ
「いいよ、いいよ、」と手伝いを断る事が
多くなってきました。
     

父は元々自分が食べたいものは自分で作る
ぐらいのスキルがあったので
キッチンに入る事は
全然苦ではなかったようだし
冷蔵庫の中は母が管理してた時より
断然綺麗に整頓されていて、
料理も母が一度も作らなかったようなものを
クックパッドを味方にバンバン作っている。
     

世の中は本当に便利になったものです。
パソコンをそこそこ使いこなせる父は
わからない事はパソコンに聞きながら
ほぼ普通に家事をこなせるようになり
最近では、使いかけのレタスやキャベツを
長持ちさせる方法とか
中途半端に残ったもやしをうまく生かす方法とか
市販の麺つゆにひと手間かけて
すごく美味しいオリジナルつゆにしたり
という方法を面白おかしく私に教えたりする。
   

父はシソが好きなので自分で苗を植えて
(植物なんか母存命中は何もしたことがないのに)
真夏にはわっさわっさbudの大収穫となり

毎日シソを料理に使っているし
私もシソが好き!と言ったら私の家の分も
苗を育ててくれて、
先月わっさわっさのbudbud2鉢を持たされた。
    

お陰様で私も毎日シソを使っています。
(知ってる?シソって緑黄色野菜なんだよ)
   

シソの育て方とか料理の豆知識とか
父から色々習ってると、
なんだか奇妙な気分になるけど(^-^;

私は母とはこういったやりとりが殆ど無かったので
奇妙だけど結構楽しいのです。
   

そんな父も65歳で拡張型心筋症を発症して
「いつ死んでもおかしくない」と言われて18年。
   
「ぽっくり逝っちゃうけど癌よりかはいいや」
    
と自分を慰めていたのに、その後前立腺がんも発症。
    
80歳になった時、さすがにもうそろそろかな、と
子供達に迷惑かけないようお墓を作ったら
なんと母が先に入ってしまった......とな。
   

そしてあと5ヶ月で83歳となるんですが
今年の春ごろから合併症で腎臓が
かなり悪化してしまい
人工透析一歩手前
ギリギリとなってしまいました。

   
割と今までは江戸っ子なので
ブラックジョークを楽しげにかまして
うまく自分の運命をコントロールしてきたけど、
さすがに人工透析はショックだったらしく
食べたいものも思うように食べられず
お酒も呑めなくなり、、、かなり堪えて
坐骨神経痛の悪化も合わせて満身創痍の様相。
最近はちょっとヤバイ。

 

でも今日電話で話してたら
(普通の主婦同士みたいに日常の愚痴とか
 今夜は何作る?とか結構長電話するのよ)

そしたらなんと、同居してる長男の弟1号が
エアコン嫌いだそうで!(私と同じぢゃん!)

エアコン無しの部屋で毎日寝てるから
毎朝「長男が熱中症で死んでたらどうしよう(・_・;」と
無事に起きて来るまですごく心配で
ドキドキハラハラするんだそうです。
    
会社に行ってる間にこっそり長男の部屋に
エアコン設置しちゃおうかな、とか

言ってました。
   

たぶん私も弟1号も、
「83歳のアンタの方が数百倍心配だよ!」

と思っているんだけど、
父はちょっと前に寝室にエアコン買って
毎日涼しく過ごしているそうな。
    

最近父は、弟1号と私と3人で話している時
私たちを見ながらちょっとニヤニヤ顔で
「トンビは鷹を生まない…」
「トンビは…鷹を生まなかった!」
「鷹は俺だ!」

って言うのです。

なんのこっちゃ?!

と思ってたけど....

自分が同じ病気を背負い83歳になった時
伴侶を失った後でも
今の父のように朝5時半に起きて
朝食の支度をしたり
家事をしたり、
他の人の事を心配したり…

って、できるんだろか?
と、考えるとトンビとか鷹とか
それはよくわからないけど(^-^;
満身創痍の父ですが、今の彼は

父親としての生き様を子に見せて、
それらを
私たちの将来
辛い時や痛い時や苦しい時に

なんとか、父を思い出し
乗り切るチカラとしなさいよ、

…みたいな生き方をしているように
思えます。

父から見ると私たち子供らには
そこまでの根性と乗り切るユニークさが
父ほど持ち合わせていない、
って事なんだろな。

確かにそもそも83歳まで生きられる自信が
全くないです私(^.^; (諦め早いし)
私と父は体の中身がよく似ていて
罹る(そんな深刻でない程度の)
病気が今まで
ほとんど同じなのでもしかしたら
私も将来拡張型心筋症を発症して
医者に父が言われたように
  
「明日死んでもおかしくない」
「明日が普通にやって来ると思わない生活を」と
  
言われた時、
きっとその瞬間、父のことを
鷹だった!
と、思うのかもしれないね
coldsweats01

| | コメント (3)

2018年7月24日 (火)

あまりに人ごと

先日の同じ市内の気心知れた女性たち数人との話。

ここのところ毎日ニュースで
「お年寄りの方が畑で倒れてsun熱中症で亡くなった」
と言うのを見てるはずなのに、
なぜその翌日も同じような年齢の人が
同じように畑仕事をして亡くなるんだろうか。

なぜ台風typhoonや洪水の時に毎回、
川を見に行ったり田んぼを見に行ったりして
亡くなるお年寄りがいるんだろか。
毎回そういったニュースが流れているのに
なぜ同じことをするんだろか?

なぜ自分はやらない、ではなく
自分は大丈夫と思うのだろか?

と言う話が出て
「自分は関係ないとなんの根拠をもって思うのか?」
「謎だよねぇ。。。」
と皆で言ってたんだけど(結構盛り上がって)
 
「そう言えばNさんの所は去年大雨で避難勧告出たよねぇ」
「市のメール配信で知って心配したよ」
と言う話になった時、

Nさんが
「川を見に行ったら思ってたより違う方向に…」
とか言い出して、、、、、
dangerそれを聞いた他のメンバー全員が
話を最後まで聞かずに口を揃えて(と言うか揃った!)

「川を見に行っちゃダメ!!!って言ってるでしょ!!!」
「ちょ、なんで見に行くの!?」
「ダメぢゃーん!」

と、思わず総ツッコミ。sweat02
 
ちなみにこのNさんはそこに居たメンバーでは
最年長で70才。
ついさっきまで話していた
お年寄りは自分だけは関係ないと思ってるらしい?
と言う内容に繋がってしまい
それに気づいた本人も、話の途中で
なんとなく気まずい表情を見せた。

ツッコミを入れた他のメンバーも
ちょっと気まずくなったけど
こればっかりは同意も味方もできないので
「とにかく川は見に行っちゃダメ!」と
避難勧告が出たら絶対避難するように!と
皆で何回も念を押して....
    
そして口には出さなかったけど
何を聞いても自分には関係ない、と簡単に思い込むらしい。
しかもやってる事と言われてる事が一致してないらしい。
ということを目の当たりにしたので
今後自分はそうならないよう気をつけよう、と
それぞれ思ったのでした。

まぁ、そういう訳で
私の「sun暑さに強いsun」も慎重に考えなければ、
と思っているのですよ。
 
 
ところで、今日(23日)もすっごく暑かったですね!!!
早朝5時からすでに30度あったし
それから気温は上昇するばかり
朝の8時過ぎた頃からもう33度になってしまったし
更にガンガン上がって午後には39度となりました。
 
なんで放射冷却がないんだろ????(謎)

| | コメント (5)

2018年7月23日 (月)

強いのか鈍感なのか

sunあっつい。。。sweat01

 
毎日毎日…..sunあっつい日が続きますが
皆さんいかがお過ごしですか?
 
私はsun暑さにはかなり強い!sun
が密かな自慢だったんですが
今年はなんかやりにくいんです(^-^;
 
例年通り
  
「私は暑さには強いから室温31度までは
 扇風機だけで全然大丈夫です(^-^/」
   
なんて言おうものなら今年は皆、口を揃えて
  
「それでも速やかにエアコンを使いましょう!」
    
と、うるさい。
 
 
「寝る時だってエアコンなしで大丈夫!」
   
なんて言えば
   
就寝中でも知らない間に熱中症になるんだから
(マジですか?)
寝る時もエアコンをちゃんと使いましょう!...と
やっぱりうるさい。
 
なんかね。「暑さに強い」は
歳取ると通用しなくなるんですね。gawkdown
 
 
 
歳取ると暑さ寒さは感じにくくなるから…
 
と、説得されてぢぶんでもそうなのかなぁ。。。
と段々とそんな気になってきて
最近一日中エアコンを使い始めたんだけど
これがねー。
 
絶不調!
 
エアコンつけるとたちまち
足首冷える、膝冷える、太もも冷える。
 
で、腰が痛くなり….そして程なく
背中の筋を痛めて動きが不自由になってしまった!
(28度設定なのに!)
 
就寝時もエアコンをつけてると
なぜか一睡もできない。
   
タイマーでエアコンが切れると同時に
身体がホッとしてやっと眠りにつくんだけど
早朝から気温がぐんぐん上がってくるので
朝の6時半ごろにはもう室温が32度になり
暑くて飛び起きる。
なので毎日が寝不足。
   
特に何もしてないのにどんどん疲れていくばかり。
     
で、日中買い物で外に出た途端
あっついsun日差しと熱風でもわーーー!として
うげげ、ってなるはずなのに
あっつい空気に触れた身体はなぜか、
ホッとしてる感じで
むしろ暑い外の方が気持ちがいい。
    
家の中に居る時より元気になる感じ!
これならずっと外に居たいかも!(^o^/
     
…そう言うとまたいろんな人が
心配するのであまり声に出して言えないが...
   
本当にぢぶんが暑さに強いと思うのは
気のせいなのか???
   
今年の夏は色々難しい...┐(´д`)┌
 
…そんなお年頃。

| | コメント (2)

2018年7月15日 (日)

2年目(その1)

母が他界して早2年となりました。

母とは、、、
私が子供の頃から
あまりうまくいってなかったので
どちらかというと悲しみよりも、
介護の援助や
葬儀の手伝い、
父を助けたりすること、などが
なんとか無事やり遂げられたという
ホッとした気持ちの方が強くて
最初の頃はケロッとしていましたが...

一年近く経ってから
『…そうか、
  母とはもう二度と話ができなんだっけ』
という実感を自覚。
 
もっと腹を割って
色々話をしておけば良かったかな、とか
聞きたい事全部聞いておけば良かった、とか
かなり後から喪失感が湧いてきました。
 
 
という訳で
残っている父には今のうちに聞きたい事
いっぱい聞いておこうね!....と
同じことを感じている弟1号とも話をして
今は積極的に父と三人でよく会話をしています。
 
昔の事
戦争中の事
私たちが子供の頃の話
父と母の結婚前の話やいきさつ
色々聞いて、
初めて知ったりすることもあり
これが意外と結構面白い。
   
自分の小さい頃の記憶って
間違ってたり勘違いしたまま
思い込んでたりしてるものもあって
今更記憶訂正したものもある。
 
あと、散々聞かされてきた母の言い分と
今聞く父側の言い分が、かなり違う(笑)
  
 
最近では、あ、あれも聞いてみよう!
これも今のうちに聞いとこう!と、
日常生活の中で思いついたことを
ついメモるまで
父との会話が楽しみになりました。
   
 
そうそう。
今になって
   
どうしても母に聞きたい!って事が
  

ひとつあるんですよ。
   
母はちょっとした謎を残していったのです。
  

実は去年のニセ札騒動なんですが
あれは母の鏡台の引き出しの中から
出てきたものなのです。

母は昔の旧札やコインを集めていたようで
昔の小銭とともに
古〜い、千円札数枚と
古〜い五千円札一枚が
一緒になって保管されていたのですが
   
その五千円札一枚が
プリンターで両面印刷されてる
ニセ札だったのです。
    
(プロの印刷機で刷られたものではないの)
      
しかし今は使われていない昔のお札で
全く馴染みがないので
パッと見それほど違和感もなく
(っていうかニセ札があるなんて
 思いもしてないと
 意外と気づかないものみたい)
   
気づかないまま父はそれらを
信用金庫に持っていって
両替を依頼。
    
→気づいた信金側が警察に通報。
→父、警察に連れていかれる。
→父への疑いはすぐ晴れたけど
→今度は孫たちが疑われる。
  
そんないきさつだったんだけど
実際のところ家族内(私と弟)では
警察が全く疑わなかった母の方を
半分ぐらい疑っていました。(^.^;
   
だって実家にある
両面プリントできるプリンターは
母が管理していたからねぇ。。。
(バリバリ使いこなしてました)
  
もし、意図的にやろうと思えば
例えば旧札コレクションを
なんとなくコンプリートしたくて
たまたま誰かが持っていたのを
借りてコピーしてみた、とか?
   
使う気は全くなくても
ちょっとコレクション的に
そんな気になって試してみた?
  
それとも誰かに騙されて、
うっかり交換(買わされた?)した?
  
それとも誰も気づかず、普通に巡り巡って
母の元にやってきたニセ札を
そうとは気づかず大事にしまっておいた???
   
実際のところ、母に聞いてみない限り
本当のことはわからない。┐(´-`)┌
   
でも、もはや二度と聞けないので
これらの件はミステリーなまま
我が家的に迷宮入りなのです。
   
   
…たまに
考えても考えても答えがわからない
この件を思い出すと
なんだか、私も死んだ後に
ちょっと小洒落たプチミステリーなんぞを
わざと残してみたいな、と
最近は思ってしまう。
 
(ニセ札コレクションは、、、、しないけどね。(^-^;)
      
2年目は、悲しみも喪失感もあまりなくて
母がプチミステリーを遺した事が
ちょっと羨ましく思ったりする…頃のようです。

| | コメント (5)

2018年7月 1日 (日)

水無月と夏空

私は甘い物がニガテなので
普段はほとんどケーキも和菓子も食べません。
   

が、
   

唯一、
「あぁ、、、アレ食べたいな」と自発的に思う和菓子がコレです。
↓↓↓↓↓↓↓

Img_0313

コレはうちから徒歩で15分ぐらいの所で売っている
水無月という和菓子です。
4年位前に偶然知ってそれ以来トリコなんですが....
なんと1年の中で6月のみに販売される期間限定の和菓子です。

でも普段、和菓子屋さんに行く習慣もないので
毎年6月になってもなかなか思い出さず、
「あ、そういえば!水無月!」と気づいた時は
いつも月半ば。
しかも、思い出して(午後に)買いに行くと
その姿は跡形も無く
店員さんに(こんな時間に来るなら)明日の分予約しますか?
とか、言われてしまう期間限定のみならず
作る数にも限定があるような気配で
夜更かしで朝寝坊な私には
なかなか口にする事ができないしろものなのです。

仕方ないので思い出した時は翌朝
早起きな家族Aに頼んで朝一で購入してきてもらって
やっと1回食べられる…という次第。
だからここ3年で3回ぐらいしか食べた事がない。

だけど今年は違った!
たぶんあまり雨が降らなかった梅雨のせいだと思うけど
(自分的にはすごく)早起きして炎天下の中、
自分で歩いて買いに行ったのです。

自分でスイーツのたぐいをわざわざ買いに行く、
なんて事は今までに無かったので、
こんな簡単な事今まで思いつかなかったけど
今年は、自分で買いに行ってしまうほど
水無月が食べたかったらしい(笑)

そしたら、和菓子の袋の中に
半年間の邪気払いと暑い夏を乗り切るために
6月30日は水無月を食べる日です....みたいな事が書いてある
小さな説明書きがあって
水無月4年目にして「ほうほう...」と由来を知りました。

6月30日で“水無月”はおしまい。

 

そして“夏”ですよ!
いつのまにかとっくに夏ですよ!
ここのところ思うところあってよく出歩いているんです。
(和菓子買いに行っちゃうほどだしね)

↓先週水曜日に行った、南青山にある根津美術館の庭園入り口あたり

Img_7862_2

↓先週金曜日に行った築地本願寺

Img_7904

自分で撮ってきた画像を見ながら思ったんですよ。
あれですね。
炎天下歩き回ってる時は結構過酷なんですが
こうやって写真に撮ってしまうと

”なんかすがすがしく見えるではありませんか“

家に帰ってシャワー浴びてさっぱりして
居心地良くした室温の部屋で見ると
なんかすごくすがすがしい......ので

過酷な暑さは写真に撮って清々しくしちゃえ!

と、思ったよ(^o^/

   
7月も出歩くぞ〜。

| | コメント (5)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »