« 2018年5月 | トップページ

2018年7月

2018年7月15日 (日)

2年目(その1)

母が他界して早2年となりました。

母とは、、、
私が子供の頃から
あまりうまくいってなかったので
どちらかというと悲しみよりも、
介護の援助や
葬儀の手伝い、
父を助けたりすること、などが
なんとか無事やり遂げられたという
ホッとした気持ちの方が強くて
最初の頃はケロッとしていましたが...

一年近く経ってから
『…そうか、
  母とはもう二度と話ができなんだっけ』
という実感を自覚。
 
もっと腹を割って
色々話をしておけば良かったかな、とか
聞きたい事全部聞いておけば良かった、とか
かなり後から喪失感が湧いてきました。
 
 
という訳で
残っている父には今のうちに聞きたい事
いっぱい聞いておこうね!....と
同じことを感じている弟1号とも話をして
今は積極的に父と三人でよく会話をしています。
 
昔の事
戦争中の事
私たちが子供の頃の話
父と母の結婚前の話やいきさつ
色々聞いて、
初めて知ったりすることもあり
これが意外と結構面白い。
   
自分の小さい頃の記憶って
間違ってたり勘違いしたまま
思い込んでたりしてるものもあって
今更記憶訂正したものもある。
 
あと、散々聞かされてきた母の言い分と
今聞く父側の言い分が、かなり違う(笑)
  
 
最近では、あ、あれも聞いてみよう!
これも今のうちに聞いとこう!と、
日常生活の中で思いついたことを
ついメモるまで
父との会話が楽しみになりました。
   
 
そうそう。
今になって
   
どうしても母に聞きたい!って事が
  

ひとつあるんですよ。
   
母はちょっとした謎を残していったのです。
  

実は去年のニセ札騒動なんですが
あれは母の鏡台の引き出しの中から
出てきたものなのです。

母は昔の旧札やコインを集めていたようで
昔の小銭とともに
古〜い、千円札数枚と
古〜い五千円札一枚が
一緒になって保管されていたのですが
   
その五千円札一枚が
プリンターで両面印刷されてる
ニセ札だったのです。
    
(プロの印刷機で刷られたものではないの)
      
しかし今は使われていない昔のお札で
全く馴染みがないので
パッと見それほど違和感もなく
(っていうかニセ札があるなんて
 思いもしてないと
 意外と気づかないものみたい)
   
気づかないまま父はそれらを
信用金庫に持っていって
両替を依頼。
    
→気づいた信金側が警察に通報。
→父、警察に連れていかれる。
→父への疑いはすぐ晴れたけど
→今度は孫たちが疑われる。
  
そんないきさつだったんだけど
実際のところ家族内(私と弟)では
警察が全く疑わなかった母の方を
半分ぐらい疑っていました。(^.^;
   
だって実家にある
両面プリントできるプリンターは
母が管理していたからねぇ。。。
(バリバリ使いこなしてました)
  
もし、意図的にやろうと思えば
例えば旧札コレクションを
なんとなくコンプリートしたくて
たまたま誰かが持っていたのを
借りてコピーしてみた、とか?
   
使う気は全くなくても
ちょっとコレクション的に
そんな気になって試してみた?
  
それとも誰かに騙されて、
うっかり交換(買わされた?)した?
  
それとも誰も気づかず、普通に巡り巡って
母の元にやってきたニセ札を
そうとは気づかず大事にしまっておいた???
   
実際のところ、母に聞いてみない限り
本当のことはわからない。┐(´-`)┌
   
でも、もはや二度と聞けないので
これらの件はミステリーなまま
我が家的に迷宮入りなのです。
   
   
…たまに
考えても考えても答えがわからない
この件を思い出すと
なんだか、私も死んだ後に
ちょっと小洒落たプチミステリーなんぞを
わざと残してみたいな、と
最近は思ってしまう。
 
(ニセ札コレクションは、、、、しないけどね。(^-^;)
      
2年目は、悲しみも喪失感もあまりなくて
母がプチミステリーを遺した事が
ちょっと羨ましく思ったりする…頃のようです。

| | コメント (4)

2018年7月 1日 (日)

水無月と夏空

私は甘い物がニガテなので
普段はほとんどケーキも和菓子も食べません。
   

が、
   

唯一、
「あぁ、、、アレ食べたいな」と自発的に思う和菓子がコレです。
↓↓↓↓↓↓↓

Img_0313

コレはうちから徒歩で15分ぐらいの所で売っている
水無月という和菓子です。
4年位前に偶然知ってそれ以来トリコなんですが....
なんと1年の中で6月のみに販売される期間限定の和菓子です。

でも普段、和菓子屋さんに行く習慣もないので
毎年6月になってもなかなか思い出さず、
「あ、そういえば!水無月!」と気づいた時は
いつも月半ば。
しかも、思い出して(午後に)買いに行くと
その姿は跡形も無く
店員さんに(こんな時間に来るなら)明日の分予約しますか?
とか、言われてしまう期間限定のみならず
作る数にも限定があるような気配で
夜更かしで朝寝坊な私には
なかなか口にする事ができないしろものなのです。

仕方ないので思い出した時は翌朝
早起きな家族Aに頼んで朝一で購入してきてもらって
やっと1回食べられる…という次第。
だからここ3年で3回ぐらいしか食べた事がない。

だけど今年は違った!
たぶんあまり雨が降らなかった梅雨のせいだと思うけど
(自分的にはすごく)早起きして炎天下の中、
自分で歩いて買いに行ったのです。

自分でスイーツのたぐいをわざわざ買いに行く、
なんて事は今までに無かったので、
こんな簡単な事今まで思いつかなかったけど
今年は、自分で買いに行ってしまうほど
水無月が食べたかったらしい(笑)

そしたら、和菓子の袋の中に
半年間の邪気払いと暑い夏を乗り切るために
6月30日は水無月を食べる日です....みたいな事が書いてある
小さな説明書きがあって
水無月4年目にして「ほうほう...」と由来を知りました。

6月30日で“水無月”はおしまい。

 

そして“夏”ですよ!
いつのまにかとっくに夏ですよ!
ここのところ思うところあってよく出歩いているんです。
(和菓子買いに行っちゃうほどだしね)

↓先週水曜日に行った、南青山にある根津美術館の庭園入り口あたり

Img_7862_2

↓先週金曜日に行った築地本願寺

Img_7904

自分で撮ってきた画像を見ながら思ったんですよ。
あれですね。
炎天下歩き回ってる時は結構過酷なんですが
こうやって写真に撮ってしまうと

”なんかすがすがしく見えるではありませんか“

家に帰ってシャワー浴びてさっぱりして
居心地良くした室温の部屋で見ると
なんかすごくすがすがしい......ので

過酷な暑さは写真に撮って清々しくしちゃえ!

と、思ったよ(^o^/

   
7月も出歩くぞ〜。

| | コメント (5)

« 2018年5月 | トップページ