« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月25日 (月)

☆☆TAMIYA

前の記事の続きみたいなものだけど…
同じ会場でTAMIYAグッズの販売もしてるんだけどね

Kuma01
限定販売だったのでつい衝動買い↑

しかもちょうど↑の箱がピッタリ収まるので
ついでにこんなバッグまで購入↓

Tami01

おねぃさんが「刺繍入れますよheart01」って言うので
なんでだかつい入れてもらっちゃったよcoldsweats01 金文字で!www
(でも刺繍は有料なんだぜぃsweat02

Tami02

で、どうすんのコレ!(笑)
名前入れちゃったらメルカリで売れないぢゃん!(゚ー゚;)
(と、後で気づく。。。)

いいモン、POPのお道具入れにするからさ,,,

ところで、これだけど↓

Kuma02
くまモンドライバーがツボにハマって 熊本応援で買ったんだけど

Kuma03

果たして私に作れるんだろか?coldsweats01

Kuma04
ドライビングシートにくまモンをガシっ!とハメ込む瞬間を楽しみに
ガンバるYO

あとね、↓こんなステッカーをもらったんだけど…
もらって嬉しいものなのか???
誰か要る???

Tami05_2
メルカリで売ろうかしら(笑)

| | コメント (0)

タミヤモデラーズギャラリー

ここんとこずーっとお腹壊れっぱなしでサエないdown...ので

ちょっと気分転換に池袋東武に出掛けてみたら
こんなイベントやってましたdownwardright

Tami07

eyeややっsign02実車だsign03
Tami04_2    

面白そうだったのでちょっと覗いてきました。

…で、私が特に面白かったのはコレ!(^o^/

Tyou06

兵隊ばっかりかと思ったら、こんな奴らがぁ!!!

Tyou04

Tyou02

Tyou03

Tyou01

いやいやいや、楽しい楽しい♪
鳥獣戯画の絵より面白いhappy01
いろんな方向からしばらく眺め倒しましたよ.....
っていうか、そこのカエル3匹!
笑い過ぎ! (;`O´)o (...と兎の肩を持ちたい気分)

他にもたくさんのコンテスト作品が並んでいて
なかなか圧巻でした。
皆さんの手先の器用さに感嘆したり
センスの良さにあこがれたり
スイーツデコレーションもあったり、で
良い気晴らしになりました(^-^/
  

(お腹…治らなかったけどsweat01

※7月26日(火)午後8時までやってるよ




| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

葬儀も無事終了しました!

葬儀は、17日だったのですが滞り無く無事に終了しました。confident

Kiku01

たくさんのコメントをありがとうございました。
葬儀の前に読んだらとても励みになり、
そして葬儀の後、再びじっくり読ませていただいて
自分だけでなく皆さんも同時体験してるんだな、と
励まされたり癒されたり
深く人生を振り返ったり、今後を考えたり

今まで考えもしてなかった新たな経験値を積み上げた気分です。
こういったなかなか普段口にしないような件に対しての
コメントを書いてくださった皆さんにとても感謝しております。
ありがとうございました。

本当に本当に、やりとげた感があって
心からホっとしたのですが、なんだか思ってたより疲れていて
2日たった今日の夕方あたりからやっと体力回復の兆しです。
(スポーツじゃないのになんでこんなに体が疲れるんだ???)

葬儀中の一番の心配は
心臓がとても弱っている喪主である父の体調で
前の晩、葬儀の日の朝に父の身に万が一の事が発生してたら
弟一号と私それぞれどんな役割で何をするか、を
こっそり決めておいたほどでした(^-^;

葬儀中もハラハラしっぱなしでしたが
とにかく、ホント、とにかく無事に終わって
心からホっとしています。

Kiku02

皆さんが書いてくれたコメントに
これからゆっくりお返事を書いていきたいと思います。
もう少しお待ちくださいね。

| | コメント (0)

2016年7月14日 (木)

急に…終わった。。。

唐突に始まった介護
本日、急に終了しました。

「急に」って感じるのは....
だいたいこんなぐらいかな、と
自分で予想してたのより
一ヶ月早かったから。

いろいろな事情があって
自分には絶対出来ないと思ってた事が
すんなりできて自分で驚いたこと
家族の絆を感じて楽しくもあった事

文明の利器が役立って面白かった事
プロの介護士さん達を見れた事

2人と3人は全然違うとわかった事

いつも新しい問題が発生して
「同じ」が続かないこと

今度は何が起こるんだろ???


…と思ってたら、葬儀か!
こっちは経験がある。
初めての2人を助けながらもうひとがんばりsweat01

| | コメント (7)

2016年7月 5日 (火)

深夜の怪音

前記事の碗琴の音色の話に続いて
またまた“音”のお話ですが。。。。
こっちはちょっと怖い音のお話です。

先日の深夜。
兎夢は茶の間で録画ビデオの鑑賞中.....突如
リビングダイニングの方から
  

ちゃゴトン!!!impact
 

という、なにやら聞き慣れない妙な音がした!

?????

でもそれは確かに外ではなくうちの中からの音であり
でも普段、聞くような音でもなく
なんか聞いた事がない音だったので
ちょっと気味悪いような気持ちで
その音を確かめに行かなければなりませんでした。

   

『ちゃゴトン?...
 まるで水槽から魚が飛び出したみたいな音ぢゃん?』
   
 …などと実際にはそんな音聞いた経験なかったけど
 (飛び出し事故で何匹も失ってるわりには現場に居ないので
  今まで音は聞いた事がなかったのです)
  

なんとなくそんな独り言を言いながら
音が聞こえたあたりまで行って目を凝らしてみると
  
   
それは....
そ、それは、水槽の真下に、
そこは確か床だけのハズで他に何も無いハズ、ってとこに
なにやら黒い物体があるのがうっすら見えたのです。
   

『え、っ、』
     

(((ぞわぞわぞわ)))

兎夢ビビるw
    

   
少し離れた所から、そっとしゃがんで黒い物体を確かめる。
  

  

そしたらさ。

本当に、うちのコだったのよ!!!

(水槽の熱帯魚)
   
   

『やだなぁbearing 魚が飛び出した音みたい、って言ったけどさ
 本当にそう思ってたわけではないよぉ!っていうかさ
 それだけは勘弁して欲しい事なんだけどさぁ、
 っていうかさぁ、

 それ誰よ!?

   わーーー誰?!sweat01
   わーーーーsweat02dash

 

と、なぜか兎夢は妙にビビって
誰だか確かめる前に
頭抱えて部屋の中をうろうろしてから(笑)
  

『え、と、どうすればいいんだっけ???』
『え、と、網か、網、網、網!』
   

とプチパニックsweat01

(本当はすぐに拾ってあげなきゃいけないのにねぇ)
   
  



まぁ、あとでわかったというか気づいたんですが.....
水槽初心者でもなく、飛び出し事故初めてでもなく
なのに、なんでこんなに慌てたのかよく考えてみたら

普通、水槽で泳いでた魚がうっかり飛び出したとすると
床に落ちてもピチピチ跳ねると思いませんか?
   

ちゃゴトン!!!impactピチペチsweat01ピチペチsweat01


って。


それがね、シぃ〜〜〜〜〜ン・・・・としていたんですよ。

ピクとも動かずにね。

最初に音を聞いてから『なんだ?』と思って
『見に行かなきゃいけないかな?』
『よっこらしょ』
『どこよ?』
『…まさかね』

って結構時間があったんだけど
ずーーーーっとシぃ〜〜〜〜ンとしてたのよ!
  

気味が悪いったらありゃしないsweat02

 

 

…気絶してたのかぁ!

水槽の蓋の隙間2センチから勢い良く飛び出して
約1m50cm下の床に
体のどこから着地したのかは知らないけど(^-^;
あれだけの音がしたんだから結構な衝撃だったハズ。

   
 ※あれだけの音=ちゃゴトン!!!impact

トコトコさん、まぁご無事でなによりです。

落ちたコはコリドラスのトコトコさんでした。

 (ステルバイのプンプンさんが大好きでいつもプンプンの後を
  トコトコついていくから、トコトコさんと呼ばれている)

この方がdownwardright トコトコさん

20160705cc01
…えと、、、種類はなんだっけcoldsweats01(忘れちゃったよ)

トコトコさんは網で拾われて、
水槽の中に戻ってから(戻った瞬間?)意識が回復したらしく、

20160705cc02

20160705cc03

その後は何事も無かったかのように
普通に元気です。happy01

20160705cc04

良かったね。

まぁ水位がいつもより高いかな?という自覚があったので
今回の件は兎夢が悪い。
  
すぐに水位を下げて
2センチの隙間もダメなんだとわかり
急遽セロハンテープ張りもしました。

でも、兎夢が一番元気(敏感)な時間帯で良かったです。
(早朝とかだったらと思うと、ひぃぃぃ〜〜〜shock

悲劇にならず、すみやかに反省&対策ができて良かったです。
  

ついでに、現在3匹居るクラウンローチ達downwardleft

20160703c01
仲良しなんだけど、喧嘩もしょっちゅう(笑)

一番でっかいのが、花ちゃんです。

| | コメント (3)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »