« 全部同じ。 | トップページ | 小枝入りました! »

変形。

↓この水槽に入った直後の寧々。

71017nene77_2

↓5日後の夜の寧々

71022nene77
もしもし、腹びれ押しつぶされてますよ......( ̄ω ̄;) 

困るほど食べてくれちゃって変形してる寧々です。

ここに来て自我に目覚めたのか、「何食べてるの?」ではなく
「ごはんの時はあっちいけ!」な追い払いをするようになりました。
(↑見かけは似てるがびみょーに違うw)
お友達作りたい派なくせに、こーゆー時は
それとこれは別!.....というクラウンローチな寧々なのです。

これは先代のClaraさんにもちょうどこのぐらいな時期に見られた事で
(水槽内をぴゅんぴゅん泳ぎ回ってたくさん遊ぶ時期)
やはりごはんの時はまわりに「あっちいけ!」な追い払いをしました。
その時代はこの水槽にヒメダカがたくさん居たんですが、
テトラミンを投入するとClaraさんは、
テトラミンが5センチ落下する間
そばに寄ってくるヒメダカ達をすべて口と身体で弾き飛ばしてしまい
誰も居なくなった空間で、落ちてきたテトラミンをキャッチするという
すんごい技を持ってました(笑)
いや、それは見事なもので毎日タイムアタックしてるかのようでしたよ。
うっかりこのエリアに近づいちゃって、当時下の白い砂利粒ぐらいな
小さな顔だったHooがくわえられて後ろに放り投げられちゃったのも
この頃です。
もっと身体が大きくなって動きが緩慢になり寝てばかりの時期に入ると
こんなすごい追い払いはしなくなるんですけどね。
(っていうか....できなくなるのかな(^.^;)

ということで。
コリ達にもちゃんとごはんがいくよう頭を悩ませる工夫の日々が
また始まりました.......しかも、これに小枝も混ざるし(^.^;

 

|

« 全部同じ。 | トップページ | 小枝入りました! »

コメント

なんか、成長限界と関係有りそうなお話ですね。
クラウンローチの天然なら30cmオーバーも採取されるのに、水槽では15cm程度が限界ですよね。
この時期の栄養でサイズに影響するのでは…。

投稿: ルキノ | 2007/11/04 19:30

追加コメント

サンダーバード2号に見えるのはルキノが年だからでしょうか?

投稿: ルキノ | 2007/11/04 23:31

もぉ。すっかりいつもの寧々ちゃんですなぁ。完全に全快という感じ。ぷっ。お腹の重みで傾いてませんかぁ?ぷっぷっぷっ。

そうかぁ。Claraさんも晩年は(?)おとなしい感じでしたねぇ。えっ。家のクラウンはもぉかなり大きくなったと思っていたけど、まだ「あっちいけドカドカ」をやっているような?とっいうことは・・・まだまだ大きくなるのかぁ。ふぅ(苦笑)

投稿: スチャラカ | 2007/11/05 09:46

本当に寧々ちゃんすっかり元気でよかった。
うちで同時期にイソジン浴してた
転覆病(&尾ぐされ)の丹頂金魚は半年の転覆後★に。感染元のちびオランダは治る見込みなく
いまだ薬浴中です。あらゆる薬を試したんですが
耐性がついちゃったみたいで。

わが家の同期生、虎太(クラウンローチ)
とナオミ(赤尾黒鮫)の場合は
途中まで虎太が食欲旺盛でおっきくなったのに
今はナオミがつねに餌前線に全面的にせりでて
1.3倍くらい大きくなっちゃってます。^^;

投稿: moon&sea | 2007/11/05 16:29

サンダーバード2号(笑)寧々さんのコンテナには食料が満載です。「でもアゲない」って感じなのでしょうか(救助隊じゃないのか)
メダカみたいなお腹になってしまいそうですね…。でもルキノさんの仰る通りにこの時期の栄養が大事なら大型機を目指してたくさん食べて欲しいです。
エサを投入し過ぎないで行き渡らせるのは大変ですよね。兎夢さんの妙案が楽しみ!

投稿: ayamaru | 2007/11/05 21:50

>ルキノさん
 「サンダーバード2号」って以前にも誰かに対して
 コメントされた言葉だな!って→の検索機能使って
 探してみたらやっぱりありました(笑)

 うんうん、この寧々と同じ体型してる!

 成長の仕方は同じ水槽でも栄養の加減で違いますね。
 先代のClaraさんと既に発育の仕方が違う寧々なのです。

>スチャラカさん
 Claraさんもこのころはやんちゃでしたが
 Juliiさんが消えたり、ステルス君が泡吹いて転がったり
 小炭が拒絶ポーズとったり...といろいろ経験していくうちに
 相手の様子を見る「やさしさ」を学んだみたいですね。
 晩年は身体も大きくてキレのある動きはできなかった
 ってのもありますがw

 今の寧々は天下をとったようなやんちゃぶりです。
 この後「学ぶ」チャンスはあるのでしょうかね(^.^;

>moon&seaさん
 可愛がってらした金魚さんが居なくなってさぞかし
 寂しいことと心中お察しいたします。
 ちびオランダさんにはぜひともがんばってもらいたいですね。
 陰ながら応援させていただきます(-人-)祈

 転覆病...っていうのもやっかいな病気みたいですね。
 内臓疾患とか精神病とかもからんでくるのかな?
 そうなると菌を殺せば回復にいたる病気とは違う
 難しさがありますね。

 でもね、寧々を見てて思いますが必死に看病したことは
 ちゃんと通じてるんですよ。本当に。魚でも。
 病気で心細くなるのは人でも魚でも一緒です。
 そんな時一生懸命めんどうをみてくれるmoon&seaさんの
 ことはヒトのように表現できないけど何かを感じてるハズ。
 大変でしょうが、がんばってくださいね。

 すごいですね!クラウンローチのドカドカに勝てる
 ナオミちゃんですか!
 やっぱり賢いので、クラウンローチの臆病なとこ
 見抜いたのかな?
 今2匹のサイズはそれぞれどのくらいですか?

>ayamaruさん
 食料満載し過ぎで浮上できなくなったり傾いたり....
 してますよ(^.^;
 妙案。。。
 「ヒトは賢い」ならこれでがんばるしかないですからねw

 楽しみって、まったく人ごとなんだからぁもぉ(笑)
 
 

投稿: 兎夢 | 2007/11/06 14:29

兎夢さん、ありがとうございます。
思わず涙しちゃいました。
最近、私も本当、魚でも心は通じるって思えるように
なってきました。
ちびオランダは、がんばってますよ!
ナオミは7cm弱、トラ太は6cm弱かな。
まだほっぺ赤丸です。^^
取り急ぎ、お礼がいいたくて。再度おじゃましました。

投稿: moonsea | 2007/11/06 16:09

すみませんすみません(笑)でも他人事ではなくて実感のあることだったので。
私もオトシンにあげるタブレットが魚達に食べられてしまうので色々試行錯誤していました。
①消灯後にエサ投下→食べているところが見れないので×。
②エサ落下が魚に見えないように不透明の塩ビパイプで投下
など色々やりました。
今はオトシン用に昆布を煮て少し傷をつけてから吊るしています。魚は昆布には見向きもしません。
と、いうわけで楽しみに…(笑)

投稿: ayamaru | 2007/11/06 21:28

>moon&seaさん
 ナオミでかいっ!(笑)
 うちの小枝もすぐに追いつきそうですが。
 クラウンローチは6センチ越えたあたりが
 ほっぺ赤丸消え時なのかしら....

>ayamaruさん
 をを!
 ayamaruさんもいろいろ工夫されてるわけで(笑)
 うち、透明のアクリルパイプを餌置きガイドにしてますが
 やっぱ「見える」もんでw Hooが突いたり
 寧々が巻き付いたり、持ってかれそうな勢いですわ。

投稿: 兎夢 | 2007/11/08 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全部同じ。 | トップページ | 小枝入りました! »