« 合流準備(にぃ) | トップページ | 狂喜乱舞(にぃ) »

狂喜乱舞(いち)

71017sui11

来ましたね〜(^-^)
peachが帰還した5日後、今度は寧々が3ヶ月半ぶりの帰還です。
午前中はHooがぼ〜っとしてるのでw 午後3時ごろに移動させました。
(寧々は朝から元気なんだけどね)
本水槽は明るいベランダに向いてるので昼間は写り込みがあって
写真が綺麗に撮れないんですが、あんまり寧々がかわいいので(笑)
偏光フィルターつけてがんばって撮ってみましたよ。

71017nene11

71017nene12_2

71017nene13

寧々はとーっても小さな時うちにやって来て...
ココで約半年間生活したのち病気になってしまい治療のため
3ヶ月半も出てました。
そう半年間で3ヶ月半。。。結構出てた期間が長いよね。
(その間に幼魚マークも消えたしw)

果たしてココを覚えてるんだろか、しばらくしたら思い出すかな。
なんて考えながら連れてきた寧々をそっと上空で放すと....
なんと寧々はそのまま下を見下ろした瞬間にもうココがわかりましたよ。
え、匂いでわかるの?って思ったほど早かった!
仲間達と接して気づいたとかでなく水槽そのもので気づいた感じ。
普通はスーっとボトムに降りて一旦物陰に身を置いてから
周りの様子を見たりするハズなんですがそれら一切なしで
上空に居るうちにあきらかに「ココ知ってるよ!」
そして「すごく嬉しいよ!」という誰が見てもそう見える
喜びの舞いを始めました(^o^/

それはまさにヽ( ´ー`)ノヽ(´▽`)/ 狂喜乱舞。 

そんなにココが好きだったんだー。
ホント嬉しそうに水槽の端から端まで使って
喜びの舞を見せる寧々を見て、
いやぁ〜。。。兎夢、泣きましたよ。
思わずもらい嬉しで一緒に踊りそうになりながら、

....なぜか涙が出ました。

寧々、元気になれて良かった。
ホント良かった良かった。

71017sui02_2

         71017sui55

71017sui56

         71017sui57

71017sui58

         71017sui59
この日の寧々のこの“喜びの舞い”は2時間続いたんですよ。

71017sui12

そして、この狂喜乱舞は 3日間 続いたのです(笑)

|

« 合流準備(にぃ) | トップページ | 狂喜乱舞(にぃ) »

コメント

あー良かった!
ルキノは3ヶ月半の文字の辺りで、ちょっと来ました。
ねねちゃんにとっては楽しい幼魚時代の本水槽の記憶が有るんでしょうね。


1.病気の早期発見。
2.直ぐの治療開始。
3.体力希望の維持。
4.知識の確認勉強。
5.強薬の使用決断。


どれがかけでもって、驚喜乱舞なんて事はなかったとおもいます。
過酷な状況下で、誰も諦めなかった結果だともおもいます。
今更ですが、おめでとうございます。

投稿: ルキノ | 2007/10/27 06:31

わぁ~。寧々ちゃん。うれしいんだねぇ。スチャラカもうれしいよん!!

水槽いっぱいを泳ぎまくる寧々ちゃん。本当に良かったです。そうか3ヶ月半もかかったんだぁ。今更ながら壮絶な戦いでしたね。色々な思いや経験を経て今があるんだなぁ(しみじみ)

ぶっ!!3日間も狂喜乱舞が続いたんですか。はぅ。寧々ちゃんってば。ふぅ。

投稿: スチャラカ | 2007/10/27 09:43

>ルキノさん
 あ、ありがとうございます。
 一緒に喜んでいただけるのも嬉しいことですね。

 そうそう...この覚えてたという話、友人にしたら
 「そうだよ、魚って産まれた場所を覚えていて
  将来戻ってくるんだから!」って言われましたが
 その時は「へ????」な感じだったけど(笑)
 親が一生懸命“安全な場所”と見極めてくれた場所で
 育つ幼魚たちには大切な記憶となるんでしょかね。
 ...熱帯魚でもw

>スチャラカさん
 ありがとです−!
 ホント一緒に喜んでいただけるのが嬉しいです。

 あ、兎夢の腰が重くなかったらもうちょっと早く
 復帰してたかもですが(^.^; 

投稿: 兎夢 | 2007/10/27 18:00

魚は生まれた場所に帰るか~。

ねねちゃんは南の国の広大な養殖場の水色のバットで生まれて、クリーム色のコンクリートプールで育ったはずなんですが、ねねちゃんのふるさとはThe Suisouなんでしょうね。(一番安全で、幸せな所か。)

小炭くん、小枝ちゃんやねねちゃんは特殊な人口繁殖が必要な為にひとつの養殖場で生まれた可能性がほぼ確実になります。

時々、大量にやって来きたり、同じ大きさの稚魚の販売は繁殖場の都合ですね。
クラウンローチやレッドテールブラックシャークそしてセルフィンプレコ等が海外から飛行機でやって来てるのに大変安価なのは、世界最大の養殖場のおかげですね。

だから、小炭くんと小枝ちゃんは本物の兄弟の可能性がありますし、ねねちゃん幼なじみになるのかな?

投稿: ルキノ | 2007/10/27 20:55

我が子のために、自分が幼い時“安全で幸せに過ごせた場所”を
しっかり覚えている本能があるんでしょうね。
たぶん...熱帯魚でもw

そうか。
みんな“本物の河”を知らずに...
でも飛行機には乗ったことがあるのか!

投稿: 兎夢 | 2007/10/29 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合流準備(にぃ) | トップページ | 狂喜乱舞(にぃ) »