« 寧々の闘病生活(14)最終話 | トップページ | 一ヶ月.....経ちました »

クラウンローチのイソジン浴

イソジン浴についてはココが本家なので試されたい方は
そちらも必ず一読していただきたいと思います。
それに付け加えて熱帯魚であり薬浴に弱いとされている
クラウンローチに対するイソジン浴の手順を書いておきます。

まずはクラウンローチに対するイソジン浴の考え方ですが、
まったく同じというわけではありませんが考え方のイメージとして
ヒトでいう「抗がん剤治療」だと思ってください。
菌を退治してくれる力が大変強いのですが、
それゆえ本体に与えるダメージもあるのです。
なので、その時の病魚の状態に合わせて投薬量や時間を
慎重に決めなければなりません。
病気の状態が重いと1回で治らない場合もあります。
そんな時は時間をあけて何クールか行う可能性もでてきます。
魚本体に負担がかかるものなので、なるべく少ない回数で菌を
撃退してあげたいので、薬水を作るときは正しく作りましょう。

**********************************************************************************

カラムナリス菌によるエラ病を完治させた体験をもとに書いてます)

カルキを抜いた真水槽をふたつ必要とします。
●まず、ひとつに病魚を隔離します。
 もともとの飼育水には病気の元になった菌が居るのでなるべく
 新しい真水にしますが、水質が飼育水とかけ離れてる場合は
 病魚の負担を軽くする為に飼育水から慎重に水合わせをしてください。

●病魚が落ち着いたら水温を序々に25度〜26度にします。
 これはカラムナリス菌の場合であって、白点病の場合は28度以上にします。
 この温度はとても大切なことなので絶対間違えないようにしてください。

●同じ水温で薬浴水を作ります。
 大事な事→用意する真水は不純物のない新しいものです。
 (病魚が複数居る場合、めんどうでも1匹ずつその都度あらたに
  薬浴水を作って別々にやりましょう)※これらの理由は
 ひとつ前の記事のルキノさんのコメントに書かれています。

 実際やってみた兎夢としてはクラウンローチには真水1リットルに
 イソジン液2滴が良いのではないかと思います。
 イソジンは直接薬浴槽に振り入れないで他のコップ等に2滴落として
 それを薬浴槽に溶かし込むと良いでしょう。
 (直接2滴落とし込もうとすると失敗することがあります)

●イソジンの薬浴槽に病魚を入れて様子を見ながら5分間薬浴させます。
 とても心配で一挙一動に心臓がバクバクしてしまいますが
 分量を間違えてなければ5分間ぐらいなら案外大丈夫です。
 (でも嫌がる時は早めに切り上げてください。主治医はアナタです)

●5分間たったら綺麗な真水に戻します。
 この時は元の飼育水が一切入ってないほうが良いと思います。
 目には見えませんがイソジン浴によってあちこち炎症を起こしてる
 可能性があるので水槽菌が居る場所にはまだ戻さない方が良いでしょう。
 抗がん剤治療でも治療中は白血球が減り免疫力がグンと下がります。
 そういったことと同じ状態だと思ってください。

●静かで落ちついた環境で回復させる。
 しばらくじっとしてるので良い環境で休ませましょう。
 12時間ぐらいすると動きだしてくるので様子を観察できます。
 寧々の場合は3回目のイソジン浴の後、初めて背びれが全開で立ちました。

 予後が良好であっても5日〜1週間ほどはこの綺麗な真水での隔離を
 お薦めします。
 寧々を見てて、イソジンによって炎症を起こしたと思われる所の回復に
 4〜5日かかったように見えたからです。

 観察の結果、もう一度必要と思われるときは
 24時間以上あけて再度挑戦です。
 カラムナリス菌の時は、水温を26度以上にあげないよう
 待機中も気をつけてください。
 過剰なエアレーションも要注意です。
 (PHが上がるうえ、カラムナリス菌が充分な酸素を喜ぶ)

 ※但し、寧々の場合3度目の薬浴が終わってもすぐにエラの動きが
  治ったわけではありませんでした。エラの動きが正常になったのは
  1週間以上経ってからだったと思います。
  しっぽや口にも感染していたので、そちらの回復具合と寧々の
  元気具合を見て、エラの動きがまだ早くても完治に向かってる、
  と判断しました。

**********************************************************************************

 闘病生活一ヶ月間を経て...

 いろいろ調べてわかったりこの目で実感したりして学んだこと
 ↓
 ★カラムナリス菌が喜ぶ環境★

 ○あったかい所(特に27度〜28度)
 ○充分な酸素がある所。
 ○薄い塩分がある所。(0.5%以下の塩分)
 ○PHが高くてミネラルたっぷりな硬水。
  (エアレーションやマリンソルトに注意)

 ということで、寧々はイソジン浴の後は今までより
 水量を増やした水槽で常時水温25度に維持して
 これにより溶存酸素量が増えたのでエアレーションをやめ
 ピートとハンノミを使ってPHを下げたお水を
 たくさん作っておいて頻繁に水換えをして、
 カラムナリス菌の復活の阻止に務めました。


 エラ病を認識した時からこれを確実に実践していたら
 寧々の闘病生活はもっと短期間だったかもしれません。
 (意外と難しく一度でも失敗すると菌が爆増するのが水温の維持です)

 イソジン浴のことを“抗がん剤治療”のようなもの、と書いたので
 とても恐ろしい治療のような印象を受けたかもしれませんが
 クラウンローチにとってエラ病を発症してしまったら
 それは死に至る病だと言って過言ではないでしょう。
 イソジン浴の良い所は“短時間”で済む治療だということです。
 それは薬に弱いクラウンローチにとって非常に適した治療であって
 量を間違えなければ、成功の確立がグリーンFゴールドよりも
 はるかに高いものと実感しています。

 画像を見ておわかりだと思いますが、寧々はかなりギリギリの
 所までいってしまいましたが、その状態で3度のイソジン浴に
 耐えてくれました。そして現在の健康を取り戻した姿があります。
 みなさんも勇気を出して正しい薬浴で助けられるコを
 ぜひ助けてあげてください!

70910nene01

70910nene02

70901nene



|

« 寧々の闘病生活(14)最終話 | トップページ | 一ヶ月.....経ちました »

コメント

ネットの世界って情報が多い割りにいまいち細かい事が解らなくて(結構そこが重要)兎夢さんの様に細かく記事にしてもらえるととても助かります。皆さんのコメントも本当に助かりますね。「ラクラク金魚飼育のすすめ」さんを検索した時も(いったいきちんとした塩水浴のやり方ってなんなのさ)と思った時でした。

ぷっ。寧々ちゃんかわいいですね。我が家のクラウンとは大違いです。(うちのクラウンたちは水槽のゴムパッキンを齧ったりして小憎らしいです。)

投稿: クィッキー | 2007/09/10 09:46

イソジンの殺菌力が最高になるのが理論上、遊離ヨウ素が0.1%(薬学に強い方は計算してください。)となるんですが、これが計算上1リットルに約2滴に相当します。
これは純水に治療魚を入れない理論上の数字で、臨床の結果では純水に4滴で、15分なら小型魚(金魚辺り)では、50%位の生存率になります。
かなり、微妙な投薬となりますので、兎夢さんの実践しておられた別の容器に必要滴数を溶解させてから治療水槽に入れる事が重要です。
不安なら10リットルに2から4滴で、24時間程度の薬浴をまず実施するのも良いかもしれません。
ちなみに塩は無機物ですので、塩水にイソジンでも、まったく問題は無いはずです。
兎夢さんは抗がん剤治療を当てはめておられたましが、化膿した部分を焼け火箸で抉ると言うのが、より近いでしょう。抗生剤を用いた治療に比べて、かなり荒っぽい方法だと理解してもらって、なおかつ、助かる命が増えたら良いなと思います。

投稿: ルキノ | 2007/09/10 15:45

兎夢さん、クラウンローチの鰓病に対するイソジン浴のレポートを有り難うございます。
これを読んだ方はクラウンローチ等の致死病に挑戦し、なおかつ勝ち残っていくと思います。
できれば、病気等がない環境を維持できれば良いのですが、私たち飼育者はミスをしがちです。
そんな時に頑張っていける支えになる様な気がします。
以下に追加的と言うか、脅しと言う内容を記載しておきます。

投稿: ルキノ | 2007/09/10 19:40

>クィッキーさん
 本当にそうですね。
 クラウンローチに塩浴はあまり良くない、とか
 魚別でも情報が入り乱れてて???になりますよね。
 実際確かに薬に弱いということは今回良くわかりましたが
 「助かる」ってこともわかりましたね!

 水槽のゴムパッキン齧って遊んでるクラウンローチ達も
 幸せそうですね〜(^-^)

>ルキノさん
 イソジン浴はこの後、新入りのR.T.ブラックシャークにも
 アンゴラバルブにもやってみたんですがこのコ達には
 (軽症だったせいか)対したダメージも副作用も
 ありませんでした。
 寧々も“化膿した部分を焼け火箸で抉る”...というほどの
 印象ではなかったですね。

 量と時間を間違えなければ、なかなか頼れる薬浴だと思います。

投稿: 兎夢 | 2007/09/12 17:54

ねねちゃんの白くなった部分は焼き魚(酸化)になったんですよ~。
ただもう菌に犯されて、ほとんど、死んだ細胞ですけどね。
クレーターはその部分だけが菌の浸食が深かったんでしょう。
でも、抗生剤や着色剤に比べると逆に表面的なダメージだけで結果として、クラウンローチには負担が少ないのかもしれませんね。

投稿: ルキノ | 2007/09/12 18:47

>ルキノさん
 あ、表面上は確かにあきらかな副作用が出てましたが
 (3回目のイソジン浴直後のみ)
 特にそれ(そこ)が痛いとかの苦しみ方はなかったので
 そういった表現をしました。曖昧でスミマセン。
 寧々本人の苦しみ方はグリーンFゴールド系の方が
 圧倒的に酷かったんです。
 

投稿: 兎夢 | 2007/09/12 19:19

兎夢さん、この時は本当に大変でしたね。
この2ヶ月間の分を読んだだけでも、物語を文庫本1冊読み終えたような感慨深いものがあります。
寧々さんが無事で本当に良かったです。小炭さんが存命で小枝さんと同居していたら…などという勝手な想像も今だからできるのでしょうね(存命なら小枝さんはいませんが)
また暑い季節が近付いてきていますが、人も魚も元気でいられますように。
この当時、神社で寧々さんの回復祈願をしたと書きましたが、その神社には本殿とは別に「無事かえる」というカエル神がいてお気に入りなのです。交通安全祈願の神様らしいです。

漆器とあんみつですが、漆器は巨大化したパキスタンローチが気になる模様で、あんみつとは疎遠に。あんみつは時々漆器にチョッカイを出して追いかけられますが、基本的には全ての魚・ヒメツメに興味があるようです。

投稿: ayamaru | 2009/05/17 01:42

>ayamaruさん
 すっごい内容ですよね。
 自分の体調が元気な時にしか読み返せません(^-^;

 でも、ホントにがんばった甲斐あって
 今は幸せそうな寧々を毎日見る事ができます。
 そして毎日笑わせてくれてます。
 すべてに感謝。
 祈ってくださったayamaruさんにも感謝してます。

 カエル神!
 無事に帰って欲しい人が身内に居るので
 そこにお参りしたいです。
 とーい?


 漆器ちゃん、やっぱり異種の方に興味ありますかw
 R.T.B.Sってなにかに興味を持ってる様子がわかりやすいですよね。
 よーーく目で追って観察してますからhappy01
 

投稿: 兎夢 | 2009/05/17 02:14

どういたしまして。
寧々さんには「キャラ」があってその寧々さんを兎夢さんが大事にしているのが分かるから皆さんも自然と応援したのでしょう。

カエル神…と書くと大げさですが、大きなカエルの石像があって「無事かえる御守」があるというだけの事ですがcoldsweats01 御守はカエルの刺繍がしてあって少し凝ってますよ。場所は品川から京急で2つ目の新馬場下車、品川神社です。何かのついでに見えるのであればいいですが、正直、川越の喜多院の方がご利益ありそうに思えてしまいます(笑)

漆器はまるで刑事のようにローチを尾行します(笑)
曲がり角で顔だけ出して。これも「観察」中なんですね(監視?)

投稿: ayamaru | 2009/05/18 00:43

>ayamaruさん
 なんかついでがあったら行ってみたいです。
 それまでは.....喜多院ね(笑)

 「刑事のようにローチを尾行」...うんうんやるやる!
 「曲がり角で顔だけ出して」...うんうんやってたやってたhappy01

 で、バック(後進)がうまいのよね。
 ススス))))って。

投稿: 兎夢 | 2009/05/18 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寧々の闘病生活(14)最終話 | トップページ | 一ヶ月.....経ちました »