« 何が起こっていたのか...見解 | トップページ | し、試練ぢゃぁ〜・゚・。 »

水質悪化の原因

Claraさんの病気を発生させたのは、水質悪化という表現でしたが、もっと具体的に言うと、っていうかズバリ底床の汚れが原因でした。

これは今思えば人間の自分に置き換えてもすごくわかりやすいことでした。
兎夢はあれこれアレルギー持ちなんですが、その中でもハウスダストにおいてはお医者さんが「お気の毒ですが...」と検査結果を言う時思わず同情してくれたほどのMAXレベルなアレルギーなのです。(なので空気清浄機付きのエアコンもありますしダイソンの掃除機もあります)

おととしの年末に開腹手術をしたんですが、手術で体力消耗したのかその翌年は例年になくアレルギーが出まくって大変でした。
花粉症の季節をやっとのことで越えて真夏になるとエアコンを稼働させる度に風邪をひくようになりました.....と思ったら、なんとエアコンのフィルター内部に発生するカビ菌にやられていたのです。
これでは空気清浄機どころか、アレルゲンまき散らし器!

これってまさにアクアな世界の濾過器でも同じことですよね。
そして、お部屋の空気をカビ菌のない空気清浄機でいくら綺麗にしても....そりゃ、椅子に座ってパソコン作業の時は気持ち良いのですが、畳の部屋のお座布団なんかに寝転がってゴロゴロしてると、たちまち鼻づまりやカブレが発生しちゃうのです。それって掃除機をきちんとかけてないときね。

そう。
いくら水槽掃除でお水や水槽内を綺麗にしてても底床が汚れていたら、底ものたちにはダメージが大きいのです。
このくらいは誰でも知ってることなんですが、、、
ハイ。兎夢も知ってたし一生懸命掃除してたつもりなんですよ。
でもきちんと綺麗にしてたつもりでも、もうすぐ3年目の水槽ではこの底床の汚れが爆発寸前だったようです。いや、爆発したかもしれない(-_-;)

なんで早く気づかなかったんだろ...と考えるとその直前の「できあがった素晴らしいお水」の“気持ち良さ”と“安心”でした。
なにしろちっこくて年寄りアベニーのHooは水質の変化に敏感で、これはたとえ良いお水に変わろうとも急激な変化がダメなので、いつも水槽掃除の時は死にそうになってました。
それが、お水が安定したというかできあがったからでしょうか今年はグッタリしないですぐに復活でき普段の様子も元気で食欲旺盛になり3年目なのにひとまわり大きくなったほどでした。
そして写真を撮ってもこのピカピカのお水は写真にも写るほど気持ち良いものでした。

しかしこの俗にいうこの「こなれたお水」に関して、相談した方よりこのような説明をいただきましてまさにこれだったなぁ...と改めて実感しています。

長期間安定して維持してきた水槽は、“水がこなれてくる”ので、魚たちはかなり快適に生活できるのですが、それは、同時に色々な蓄積物(バクテリアの棲家になっている)が水槽内(と濾過層)に貯まってきたおかげでもあります。ですので、一つ間違うと、蓄積物が増えすぎて、“こなれ過ぎ”といいますか、立ち上げ初期の水質悪化とは違う意味合いの、酸性化傾向による水質の緩やかな悪化が起こることがあります。そうなると、泥抜きなどをして蓄積物をある程度除去する必要が出てきます。
それが面倒で、リセットしちゃう方もいらっしゃいますが、それはそれぞれの水槽の状況によって判断されるべきものだと思います。

9月に「なんか変だな?!」と思ったときも濾過器の掃除と、いつもより丁寧な底床掃除で大丈夫かと思っていたのですが、事態はもっと深刻だったようです。
お水そのものはマメな換水で綺麗をなんとか維持してたものの、底でいつもじっとしてたり穴掘りしてたり水通しの悪いmayaの中に籠ってたりすることが多いClaraさんにとっては毒の上で暮らしてるようなものだったと思います。
逆にいつも動いていて自ら綺麗なお水のある所に移動できる他のメンバーは無事でした。
底床に近いClaraさんだけがダメージ大きく死に至ってしまったのですね。
60904clara03

で。
フと気づいたんですが、よく考えてみたら“お掃除のやりかた&周期”が3年前から変わってなかったんですよ。
それってダメダメですよね!
だって、みんな倍ぐらい大きくなってるし。食べる量も出す量も倍。
合わせて倍のお掃除をしなければいつかはオーバーフローしてしまう!
みなさんの所も、もしクラウンローチを1匹増やしたら、ちゃんと増やしたぶんのお掃除をしっかりしてくださいね!!!
60906clara03


そしてですね。
この“こなれ過ぎ”てしまった水槽を急激な変化に弱いHooのことも考えながら丁寧な底床掃除を何回かに分けて.....と思っていたんですが事態はずっと深刻で、結局昨日リセットするハメになりました。緊急的にリセットな事態に陥ったので、準備も何もなくすごく大変でした。
途中、何度か泣きたくなったよ。。。(_ _。)

話が長くなるので次回につづく。

|

« 何が起こっていたのか...見解 | トップページ | し、試練ぢゃぁ〜・゚・。 »

コメント

目に見えないから難しいですね・・・
私は1年も経たないまま水槽を手放したし、今考えると安心できるような安定期があったかどうかもわかりません。奥が深いですね。
緊急事態、気になります・・・

投稿: sachipok | 2006/11/13 06:44

やっぱりどんなに経験と飼育暦が多い水槽でも基本的なコトを間違えるだけでお魚サンを苦しめてしまうのですね。高性能なフィルターを使ったからといって、底床も一緒にキレイになるわけではないというコトを再確認しました。これからはマメに底床の掃除もしようと思います。

投稿: サイコロ | 2006/11/13 16:39

うんうん。
勉強になりました。
でも毎日そうして水の具合を見てきた兎夢さんだから
水がこなれていたのが判ったんですもんね
これで底床の汚れの危険性を学習しちゃったし。。。
これからはもっと「みんな病気にならない水槽」になるでしょう!

リセット、Hooにダメージがないことを!!!

投稿: みなと | 2006/11/13 22:28

水が 命って、わかっているんですが、一番難しいことなのですよね。
観察眼の鋭い兎夢さんが 的確に情報を 伝えた。
それに対し、的確なアドバイスを くださった方がいらっしゃる。
お二方とも 尊敬します。

辛いながらも 情報として アップしてくださる兎夢さん、
リセット無事に 終えることを 祈っています。

投稿: puku | 2006/11/14 03:07

>sachipokさん
 みなさん結構水槽のステップアップをされて
 自動的にヤバイ時期をクリアしちゃってる方が
 多いですよね。

 あ、、、ご心配おかけしてます(^.^;

>サイコロさん
 blog読んで...そして役立ててくれると大変嬉しいです!

>みなとさん
 まだまだ経験値が少なかったから、このような経験も
 大切なことですね。
 なんとなくClaraさんは10年ぐらい生きると思ってたけど
 今の自分の経験値ではやっぱり無理だったな、と
 今は激しく感じてます。
 今年たまたま何事もなくやり過ごしたとしても
 知らなければ絶対いつかは.....って感じに。

 ご心配おかけしてます。
 私もHooの体力が気になってるところです。
 ....慎重に対処したつもりなので大丈夫かなぁ。
 今日の様子では大丈夫です(^o^/
 
>pukuさん
 ずっと水槽でお魚さんを飼っていくつもりなら
 今回の経験は必要な経験だったと思います。
 体験した事を生かしながら、自分もよい飼い主に
 育っていきたいですねぇ。

投稿: 兎夢 | 2006/11/14 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何が起こっていたのか...見解 | トップページ | し、試練ぢゃぁ〜・゚・。 »