« そして...Super Small Feather(^o^/ | トップページ | 変身〜>>>ブラインシュリンプ最終形態! »

マクロな世界のゾエアくん

日々急成長をとげているブラインシュリンプ達の傍ら、ゾエアくん達は
ちっとも大きくなりません。相変わらずプラケの傷みたい。
しかも先日の、妙に暑かった日曜日以降めっきり姿が見えなくなって
しまいました(^.^;
ミクロな世界のゾエアくんが5匹以内になっちゃうとプラケのどこに
居るのか探すのがひと苦労です。

そんな中、卵を残したままを気水化したボトルでは、大潮のせいか今頃
8匹ぐらい孵化してます。
なんだ、気水でも孵化するんだったら最初から産室ボトルを気水化すれば
よかったな(^.^;

ちょっと育ったのは見えなくなっちゃったし、狭いので見つけやすいボトル
ではまた孵化したての振り出しに戻ったし....ってなわけでいつまでたっても
ちーさいゾエアくんたちなのです。

ちーさ過ぎて撮影困難なゾエアくん達が、いったいどのくらい小さいのか
ちょっとわかりやすい画像で見てみましょう。これはトリミング画像です。
929zoea11
見えましたか? 右に1匹居ますね。
チューブの太さがまだ日常見てるより太く見えてるハズですから
ゾエアくんはもっとちーさいんですよ。

これもトリミング画像。
1001
定規と一緒に撮れました。
現在一番大きいかなってサイズのゾエアくんです。
長さは約2ミリでも、その細さを見てください。
身体が半透明ってのもあるんでしょうがプラケの傷に見える細さなんです。

では実際にカメラのファインダーから見たらどー見えるのか。
コンパクトデジカメと違っていちデジのモニターは撮る時に使いません。
撮る時に覗くのは1センチ×1.5センチほどの小さな小窓です。
ここから被写体を見て撮ります。
で。小さな小窓から覗くとこんな感じぃ↓
928zoea02

オートフォーカスはほとんど使えないので自分の目でピントを合わせます。
マニュアルフォーカスっていいますが、目で見ながら手でレンズをまわします。
しかしマクロレンズぷらす虫眼鏡(そーなんです使ってます(^.^;)な世界では
激しく被写界深度(ピントがあう幅)が狭いので手でまわすのはドコに居るのか
探すときだけで、細かいピント合わせは自分の身体のZ軸(前後)の動きで
決めます。もちろんゾエアくんは動いてます。比較的ゆっくりで助かりますが。
それにシビアに合わせるのは機械よりヒトの身体の方がやりやすいのです。

他になにも居ないように見えますでしょ。
でも周りにはブラインシュリンプ達がうろついてるんですよ。
被写界深度が狭いのでちょっとZ軸がずれていれば何も写りません。
...ということは一度見失うと、探すのが大変、、ってこともあるのです(^.^;

930zoea
こちらはボトルの方に発生したゾエアくん。
近くに来てくれたのでここまでの大きさになりましたが....これが限界です。
どーやってピントを合わせるかというと、兎夢の場合はこの状態で
ゾエアくんの黒い眼を見ます。見えたら「ピントキター!」みたいな(笑)
見えた?
虫眼鏡は大きく写すため、というよりこの眼を見るためです。

根性要る世界なんですよ。(って根性で見てるんか!)
集中力使い果たしてぐったり昼寝なんかしちゃいますもん(^.^;
ちなみに、ゾエアくんを良質なガラス水槽に入れるとか強力なライトを
つけるとかすればもう少し楽に撮れるハズです。
仕事ではないのでそこまでしないでありのままの状態でがんばってますが、
次回は透明な水槽にしよーっと(-_-;)

でも。
でもねー。ひとたびピントが合えば....(↓上の画像を拡大したものです)
1001zoea
肉眼ではモチロン、虫眼鏡でも見えなかったその身体をこ−して
見ることができるのですよ(^o^/
なんでも「顔」が見たい兎夢にはうれしい瞬間です!

ということで。
ゾエアくんのちーささ、わかりましたかぁ?
マクロレンズを使ってもゾエアくんはちーーっこいのです。
カメラでこの姿を見ながら写してるわけではないのでとても大変です。
この姿がイキナリ見えるのはきっと顕微鏡の世界でしょう。
2ミリ以下のゾエアくんはもしかして顕微鏡の世界の方ですね!

あぅ....欲しいな顕微鏡(笑)


っていうか。
もっと撮りやすいぐらい大きくなって欲しいなゾエアくん(^.^;
そして次の顔が見たいよ。

|

« そして...Super Small Feather(^o^/ | トップページ | 変身〜>>>ブラインシュリンプ最終形態! »

コメント

。。。ちっこー!!!
ヤマト君、なに食べてんのっ?、、ってくらいの成長ぶりですねぇ~(^-^;)。。。ブラインちゃん達に横取りされてなぃ?
撮影疲れでお昼寝なんて、プロみたーいっ(^・^)/。。。ってか、お疲れさまです~

投稿: momo | 2005/10/05 20:48

デジタル顕微鏡、面白そうですよね~♪
家庭用は¥15000~30000ですって。
一度、プラナリアを会社の電子顕微鏡で見た事ありますが(ヲイ!)、
ミクロの世界ってすてきーって思っちゃいました。
欲しいなぁデジタル顕微鏡。
・・・でも、一眼デジの方が優先度上。(うっとり)

投稿: でむちん | 2005/10/05 20:57

恐ろしく拡大されているのですね。
もっとドンドン変身して欲しいですよねぇ

投稿: みなと | 2005/10/05 23:50

エサはブラインに横取りされてるんでしょうか…。
でもうちもしばらくはこんな感じでしたよ。
ヤマト君の形になった時ですら5ミリほどですから(^^;
もうちょっとの辛抱…と思います。
汽水化したボトルの方はブライン無しですか?
ごはんの争奪戦を考えるとブラインはいない方がいいかもですねぇ。

投稿: kinta | 2005/10/06 08:00

ゾエア君(・∀・)キター
ブライン君に負けじとがんばってるんですね、、

↓のコメントより、、
そーいえば、、この間本屋さんで実験器具(確か変な形のプラケ、虫眼鏡、卵、餌かな)つきシーモンキーの科学雑誌(おこちゃま用)を立ち読みしたんだけど、、
そこに抱卵の様子の写真が出てたよぉ~
何か出てるかもしれないですぅ~
でーも、おこちゃま用雑誌で¥1500位だったから買う気にはならないけど…卵何個ついてるのかな…

投稿: ぴぃぴ | 2005/10/06 09:26

>momoさん
 大丈夫です。ブラインに横取りされてなくなって
 しまうようなごはんではありませんので。
 ただいつまでも小さい気がするのは、やっぱり
 最近孵ったやつを見てるのかもしれません。
 たまぁ〜に妙にしっかりしてる風なのが漂ってるのを
 目撃しますがなにしろこのミクロサイズにこのプラケは
 広過ぎて、、、、(^.^;

 普通だったらいっぺんに100匹とか200匹レベルの孵化なので
 まとまっててもっと見やすいのでしょう。

>でむちんさん
 三万円ぐらいの電子顕微鏡調べてみました(買おうかなって(^.^;)
 総合20倍モードのサンプル画像を見て、真似して
 ステンレス定規をマクロ撮影してみたら、ほんのちょびっと
 勝ってました>兎夢のいおっち(^o^/
 さすがに100倍モードには対抗できないけど。
 そして気になるのが動く生き物、殺さずに見れるのだろうか....

>みなとさん
 なんかたまに撮れた画像を見比べると身長は伸びてないけど
 内臓あたりでなんか変化が起こってるような気もします。
 中身が詰まって来てる...みたいな。

>kintaさん
 ブラインが過密状態で居るわけではないので
 餌の横取りはないと思います。
 間引きもしたし現在15匹ぐらい。
 むしろブラインたちがみんなすくすく育つほど
 餌はあるらしい...という判断です。
 気水化したボトルでも10匹ぐらい泳いでますが、
 残っていた卵が腐らないで今だに孵化を続けてるのは
 ブラインたちが絶えずお水を撹拌してくれてるおかげ
 のような気がします。

 ただ先日の急な水温上昇でたぶん1〜2匹になってしまったかも
 しれません。
 そこにボトル産まれのゾエアくんが最近移動してきたので
 またちっこいのが8匹ぐらいは居るはずです。

>ぴぃぴさん
 とにかくちーさくて見えませんからね。
 もーちょっとたって大きくなったら
 あれ、そんなに居たの?!
 って展開を期待してます(笑)

 そいうえば最近のシーモンキー(←商品名)は
 品種改良されていて海水に浸かったらすぐに孵化するそうですね。
 うちのブラインとは種類が違うようです。
 うちの→アルテミア サリーナ
 シーモンキー→アルテミア ナイオス
 

投稿: 兎夢 | 2005/10/06 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして...Super Small Feather(^o^/ | トップページ | 変身〜>>>ブラインシュリンプ最終形態! »