« きょうもパヒューーーっと! | トップページ | イメージはWild Kids(黒メダカ稚魚) »

オオクチバス(ブラックバス)のパパのお話

うちのオオクチバスのらーじ君は去年水槽飛び出し事故で残念ながら亡くなってしまいましたので、兎夢がバスフィッシングを始めたころ描き起こしたイラストで紹介しますです。(お馴染みさんには懐かしい絵ですよね)

ookutibass

見る人によってはカップル。または親子。に見えるように描きました。

オオクチバスの父親は、母親が産んだ卵をずっとずっと稚魚になってもそばで卵や稚魚を食べようとする外敵と果敢に戦って守り続けます。(母親は卵を産んだあとは栄養つけるために、ごはん食べに行ってしまいますが父親の方は何も食べずにずっと守り続けるので春から初夏に釣れたオスはみんなガリガリです。)
卵産んだそばからお腹にまだくっついてる卵を他の仲間が食べてしまうメダカたちとは大違いですね(^.^;

....そう、日本の淡水魚たちには、この“自分の卵や稚魚を外敵から守る親”という習性をもつ魚が居なかったのです。
それがこの勝手に日本に連れてこられたオオクチバスという魚の悲劇です。

親に食べられず、外敵からも守られてすくすく育った幼魚たちは食欲旺盛に他の魚の卵や稚魚を食べます。
在来種の卵や稚魚たちは、自分の親にも食べられ仲間にも食べられ、このような外来魚にも食べられてしまうのです。

そもそもオオクチバスの父親が自分の子供を守るようになったのは、アメリカの湖沼で外敵だらけの激しい生存競争を生き抜き子孫を残すために生まれた知恵だと以前NHKの番組で解説してました。
もしそれが本当なら。
日本の淡水魚達も絶滅する前に賢い親たちが、ポチポチ現れるんではないかな、と思いたい。

でもそれには膨大な時間が要するんだね、きっと。。。。

|

« きょうもパヒューーーっと! | トップページ | イメージはWild Kids(黒メダカ稚魚) »

コメント

2時間ほどの間、Win機でアクセスしていただいてる方に
画像が表示されない不具合があったことをお詫び申し上げます。

投稿: 兎夢 | 2005/02/01 20:47

兎夢さん、ご心配無用ですよ。
在来種(この言葉自体ちょっと妙だけど)が絶滅するほどバスが食べ尽くすようなことは無いですよ。
食べられてしまう種は、バスに限らず食べられてしまうのです。
でも、凄く沢山の卵を産むことで種の数バランスを保つ術を持っていますからね。
実際、霞ヶ浦には何故か絶滅危惧種に指定されているタナゴ類だって鬼のように釣れてますから〜(^^;

投稿: いたる | 2005/02/01 21:24

オオクチバスを始め37種の外来生物達は無罪です、何も悪い事してないよね~!

投稿: asa | 2005/02/01 21:30

難しい問題ですよね、これは・・・確かに連れてこられた外来種達には罪はないし、食べられる方の在来種だって「俺たち何か悪い事した?」と言いたいかも・・・

絶滅という言葉を聞くと、長良川河口堰を思い出します。国の役人が「魚道を作るから、魚は70%は遡上できます」と言ってたけど、ちょっと待って?
二年目に遡上できるのは一年目に遡上した70%のうちの70%。つまり、元の49%しかいないじゃん!

3年目からの遡上率の計算は恐ろしくて出来ません・・・

投稿: 通りすがりです | 2005/02/02 01:14

水の中も外も、遠い国から連れてこられた生き物は沢山いますよね。
もし今ソロモン王の指輪があったなら、彼らは何を語るのでしょうか?少し怖いような気がします。

全くの元通りは難しいかもしれませんが、生命への敬意と感謝を忘れない・・・これが当たり前になれば、変わってくるんじゃないでしょうか?

一緒に楽しく過ごさせてもらうのだから、有難うの気持ちを忘れない・・・兎夢さんはじめ、ここに来られる方達と同じ考えの人はたくさんいますよ。
だから、まだ未来は光を失ってはいないとおもいます(^^)/

投稿: 更紗 | 2005/02/02 09:46

>いたるさん
 そうなんですよ。
 なんかヘンだなぁ〜って感じるのは、12年間バスフィッシングを
 してきましたが、すごいバスがいっぱいいる!って実感したのは
 92年から5年間ぐらいの間で、その後はどんどん減ってきて
 ここ2〜3年はほとんど居ない...みたいな感じですよね。
 近所の小学生たちが放課後たくさん集まってみんなで釣りをしていた
 小さな沼も2年前に水抜きしてしまい新しい人工池のような
 公園に変身して子供たちだけで釣りができる場がなくなって
 しまいました。みんな塾に行くまでのちょっとした時間をうまく
 利用して楽しんでいたのに。
 (よその子供達とまざって一緒に釣りしてた兎夢もガッカリです)

 税金使って子供たちの遊び場取って......最近の子供は外で遊ばない
 と嘆いてもなぁ。。。。と思うし。
 釣り場ではすっかりバスが居ない...とほとんどの人が実感してるのに
 なんで今になって、この魚を法律で税金使って駆除しましょう!
 ってことになるのかホント不思議です。
 
>asaさん
 ですよねー。
 “駆除”って言葉....ココロがない感じでショックだわぁ。
 バスのことをなんでも喰いまくって増える病原菌みたいな魚だと
 思ってるんでしょうね。ってかそうゆう報道だし。

 そういえば、うちのヒドラたちだって。
 あんまり増えると、こっちもちょっとエサになるブラインを減らして
 みたりすることでどんどん数が減ってきたりします。
 慌てて水槽リセットすることもなく、はたまたホルマリン漬けという
 荒治療もなく、エサになるものの調節と水草&水槽掃除でなんとか
 みな平和。

 不思議なびっくりぼっくすで自然の神秘をちょっぴり感じたりします。

 環境を考えて決定するえらいひとたち。
 何か生き物飼ったことあるのかなぁ?

>通りすがりです さん
 長良川河口堰のHPのものすごーーく見づらい魚道ライブ映像
 見てきました(^.^;
 もしあれで魚が見えたら宝くじに当たったみたい.....。
 ひょっとして税金であんなもの?....うぅぅ

 国がかかわると何故か逆に自然破壊な出来事がいっぱいな....ような...

>更紗さん
 ソロモン王の指輪ですか、生き物と接してるとたまにそんな話が
 でますよね。
 しゃべれたら、何をしゃべるんだろう....って。
 で、みんなしばし空想して。
 で、「なんか文句いっぱい言われそう(^.^;」「すごいうるさいかも」
 で終わります(笑)

  >全くの元通りは難しいかもしれませんが、
   生命への敬意と感謝を忘れない・・・
   これが当たり前になれば、変わってくるんじゃないでしょうか?

 そうだ(^o^/
 これですよね!更紗 さん、かっこいー。
 なんでも増えすぎた、駆除しよう!
 なんて、猿とかカラスとか鳩とかも。
 こんなことを子供たちの前でやりつづけてたら
 将来「年寄り増えすぎた駆除しよう!」
 なんて発案する環境を育ててるようなもんですよね。

 子供達が自殺したり殺されると国や学校が「命の大切さを...」
 空々しくて通じるわけないね。 

投稿: 兎夢 | 2005/02/02 11:15

あ、いたるちゃん師匠発見^^;
ごぶさたしてます。たまに覗きに
いってますが。

今のうちの鯖いばる水槽みればよくわかる
のですが、ちゃんと水草があり、立ち木が
あったり、岩がころがってたり、そういう
自然に近い岸辺があれば、どんな弱い種であっても
そう簡単に食べ尽くされることはありえません。
バスも、そんなに捕食が上手い魚ではないですし。
多分虫食ってるほうが多いんじゃないかな?
中小規模の池沼では。

そもそも三面護岸して、何年かに1回水抜く
ようなため池の生態系だとか、自然保護って
なによ、ダム化した琵琶湖の保護ってなによ、
と言い出したらきりないのでこの辺で。

投稿: ごるご十三 | 2005/02/02 11:45

>ごるご十三さん
 モロコ30匹すごい説得力(笑)
 そうそう、バスって捕食へただよね。
 私のルアーいつも食べ損ねてたし((((ёoё))))ほほほっ

 そうか。
 在来種、絶滅しちゃった(う)訳ではないのね。
 いたるさんも霞ヶ浦でいっぱいタナゴ獲ってきて飼ってるし。
 ごるごさんモロコ30匹だし。
 テレビのニュース聞いてるとバスがみんな食べちゃって絶滅直前   
 みたいな言い方だもんね。
 びっくりしますよ。

 そういえばうちのヒメダカ稚魚たちも狭い空間ながら....
 捕食者4匹(アベニー3匹、クラウンローチ1匹)の中
 逞しく生き残って現在はお気楽優雅な生活をおくってるのが
 ちゃんと居ますもんね。捕食は難しいのだ。

 うっ、、、.......親水槽には居ないが(^.^;
 

投稿: 兎夢 | 2005/02/02 17:06

ごるご十三さん、おひさ〜(^o^)/
他人とは思えないblogも見てますよ。
そう、釣りを楽しんだり水槽を持って魚を見ていると、実に偏った報道の姿が見えてきますよね。
おっと、長くなりそうなのでこの辺で。。

投稿: いたる | 2005/02/02 21:24

私もかれこれ25年ほどバスフィッシングを楽しんでますが、いよいよ大変な局面を迎えてしまいましたね・・。この先どうなるのか見当もつきませんが、アクアもバスも続けてゆきたいですよね・・ふぅ

投稿: cube60 | 2005/02/04 23:27

>cube60さん
 あ、大先輩だったんですね(驚)
 ホント、・・・ふぅ って感じです。
 もう少し時間が欲しい気がします。

投稿: 兎夢 | 2005/02/04 23:45

バス釣りもいろいろと守らればならない
ルールとマナーがありますが、
アクアリウムも、最後まで責任持って
飼うということをちゃんと守ってもらわないと。

といいつつ、某公園の池で取った
クチボソを別の公園の池に放そうとしてる
私。。。って、どっちも淀川水系だしぃ。
輸入魚じゃないしぃ^^;

投稿: ごるご十三 | 2005/02/05 02:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28513/2770753

この記事へのトラックバック一覧です: オオクチバス(ブラックバス)のパパのお話:

« きょうもパヒューーーっと! | トップページ | イメージはWild Kids(黒メダカ稚魚) »