« 悲しい報告(つぅ) | トップページ | Boo&Woo最後の画像 »

悲しい報告(すりぃ)

●危険な実験

新しく濾過器を取り付けたら二匹いっぺんに死んでしまったことで、あきらかに『わたしのせいだっ!』っていうのがハッキリしてて胸が潰れそうだったけど.....確かめなければ!...とも思いました。
毒のお水かもしれないし、PHも計ってみました。...けどPHはいつもより少しだけ高い?ぐらいしかわかりません。ってか、いつもって?....基準がわからない。(毎日計ってないです)
考慮した結果、そのまま同じ条件下でヒメダカを1匹入れてみることにしました。
ヒメダカのサイズもフグたちと同じぐらい3センチ弱のを選んで。

●目に見えない凶器

入れてすぐにワタシは固まりました!
フグたちでは見えなかった“水流”がヒメダカの泳ぎとヒレで見えてきたのです。
昨夜取り付けた時間と同じ時間から健康体で元気なヒメダカ1匹が入りました。
見えた“水流”は信じられないほどの水流でした。
何時間も観察してみましたが、あの小さな水槽内でゆっくり落ち着ける場所がドコにもありません。
土管の中も水草ポットの裏も炭の横も...どこもかしこもジェット水流並です!
それどころか一度ハマったら簡単に抜け出られない“悪魔の渦巻き”まで発生してるのですよ!
けなげなヒメダカはココできりもみになった後に対角のあっちの方にすっ飛ばされてます。

なんということでしょう。

この水槽にいっぱいに入ってる水草はアヌビアス・ナナで、しっかりしてて強かったり水流に対して平行の葉っぱだったりで、水流に激しくなびくことがなかったからワタシはこの恐ろしい凶器にまったく気づかなかったのです。
フグたちもボトムで忍法石、になってましたから、今思えばこらえていたのでしょう。
でもそのときのワタシは、新しい環境に用心してる....ぐらいに見てしまったのです。

消灯後の夜中の3時。
ヒメダカは少しでも落ち着ける場所を探してボトムについるようですが、こらえるので精一杯な様子です。
昨夜のこの時間、たまたま水槽を覗きに行ったワタシに気がついてフグたちは助けを求めていたのかもしれません。

翌朝、9時。
ヒメダカはWooが瀕死になっていた場所のそばで死んでいました。
残酷な実験でした。

roka.jpg
roka-1.jpg

●悲しい事実

ワタシはBoo&Woo(そしてヒメダカ)を疲労困憊の溺れ死にさせたのですね。
ちなみに、夜中に激しくブクブクをしたために6匹のアベニー全部が危篤状態になってしまった、という記述が→副読サイト“アベニーパファーrens-aquarium-”にもありました。PHがあがっていたそうです。
PHの変化と強力な水流のダブルパンチで死に至る疲労困憊.....(ノД`)・゚・。

無知なワタシは3匹の命と引き換えに思い知りました。
小さな魚たちにとって“水流”とは命を左右するものだったのです。
そして水流とは馴染みのないヒトには目に見えにくいものでもありました。

今思えば5リットル足らずの小さな水槽に、かわいらしく収まるから....だけで安心して使ってしまったこと、が悔やまれてなりません。

愛情を注げばスクスク育ってくれることも事実ですが、ミスをすればあっけなく一巻の終わりがやってくるのも事実です。おとぎ話もきれいごともありません。
このことを肝に銘じなければイケマセンね。
今後も生き物を飼っていく身としては。

Boo&Wooの冥福を祈ってくださったみなさま、ありがとうございます。
未熟者ですが、死んでしまった魚たちの死を無駄にしないよう今後ともがんばります。
そして....がんばりたい、と思わせるとても多くの魅力を持ったフグたちでした。

|

« 悲しい報告(つぅ) | トップページ | Boo&Woo最後の画像 »

コメント

なるほど、そうでしたか・・
まあ、神様でさえ世の中病気や事故を無くせないわけで、たかだか人間のボクらは自然と付き合う時は、よっぽど勉強せないかんのですねぇ。本物と比べるとスケールが小さくても、配慮することは一緒なんだ・
うちは動物でなく観葉植物ですが、ちゃんと育てていくには色々と覚えないかん事があるようです。
兎夢さん見ならって、勉強せな・・・

投稿: 北さん | 2004/08/24 20:10

北さん.....ありがとーーー。

投稿: 兎夢 | 2004/08/25 00:24

いつも拝見しております。
そうだったんですか、いわゆる「洗濯機」状態だったんですね。それはなかなか分からんですよね・・・。

急流のような水流を好むプレコもいるかと思えば、極力水流が無い止水域を好むベタなんかもいますし、水流って難しいですよね。水流だけを作るわけではなく、大概はろ過をする結果の水流ですからね。

小さな水槽は逆に難しいと聞きますが、それを一つ納得させられました。

今回のことは残念でしたが、残ったやつらをさらに可愛がってあげてください。

投稿: ∴∵ | 2004/08/25 11:25

いつもありがとうございます。
そうなんですよ、小さな水槽は難しいって言葉は私も聞いていたのですが、
それはすぐに水質が悪くなることだと思ってて濾過器に興味を持ってしまったんです。
フグたちの餌はブラインシュリンプとか冷凍赤虫が主流で水がとても汚れるんです。

>今回のことは残念でしたが、残ったやつらをさらに可愛がってあげてください。

ありがとうございます。
Hooもがんばって生きててくれてるんで今後もがんばります。

投稿: 兎夢 | 2004/08/26 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28513/1269388

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい報告(すりぃ):

« 悲しい報告(つぅ) | トップページ | Boo&Woo最後の画像 »