« ヒメダカキッズ(恐怖の)親水槽デビュー | トップページ | あっちが見える!こっちも見える! »

マツモの不思議

貝をいただいた時、一緒にやってきたマツモです。
もともとうちにはなかった水草なので適当に増やしてあちこちで使ってますが。
入れた水槽の環境によって色形が変わるのです。

matumo706.jpg

外部濾過で11リットル水槽27W照明、住民は貝とヒメダカ....というATARA SUISOUでは全体的に明るい色でまるで猫じゃらしのように細い葉が密集して上のほうがオレンジ色に紅葉してます。
枯れてるわけではありません(^.^;....この水槽にあっていてとても綺麗です。
(画像上)

底面吸い上げで上部濾過の22リットル水槽10W照明、住民は肉食系いろいろ.....な本水槽ではマツモはほとんど育ちません。
貝瓶で育てた元気なマツモを投入してもしばらくすると色が薄くなり溶けてバラバラになってしまいます。

出窓に置いてある貝瓶(貝&ヒメダカ)で直射ではないけどお日様の光のみで育ててるマツモはしっかりした葉で濃い緑です。
(画像下は貝瓶で育てたマツモを本水槽に入れた直後です)

そんなわけで、蛍光灯育ちが紅葉するのかな?と、思ってたらそれは違うみたい。
だってミジンコ湧かそうとベランダのプラケ(住民はヒメダカ&貝)に入れたマツモは外でお日様の光で育ってるのにATARA SUISOUと同じ紅葉タイプなのです。

光の強さかな?水質の違いかな?
と、やっぱり謎が多い不思議ぼっくす水槽....なのですね。

|

« ヒメダカキッズ(恐怖の)親水槽デビュー | トップページ | あっちが見える!こっちも見える! »

コメント

うちのマツモは白くなり、いずれ溶けます。
(レッドビー水槽)30cmキューブ水槽、ソイル、テトラワンタッチフィルター ph6.4 6匹

隣に並べている水槽は綺麗な緑色。
(ミナミヌマエビ水槽)30cmキューブ、川砂、テトラワンタッチフィルター ph7.0 50匹ぐらい
ライトは、クリップ式13ワットをセンターに二つとも同じ光量。 なぜでしょう?

投稿: nobu | 2008/07/09 22:18

>nobuさん、初めましてこんにちわ(^-^/
 コメントありがとうございます。

 この記事を書いたのは4年前ですね。
 4年経った今思うのは....
 冨栄養な水槽の方がマツモは緑で綺麗に育つみたい。
 ココに「この水槽ではマツモが育たない」って
 書いてあるけど現在はガンガン育ってます(^.^;

 nobuさんとこの水槽もミナミヌマエビ50匹居る方が
 水槽内にあれこれ有機物が多いでしょ。(フンとかエサとか)
 反対に立ち上げたばかりの水槽ってマツモがバラけやすいですよね。

 もっと細かく言えばソイルと川砂もそれぞれ水質が
 違ってくるでしょう。
 まぁ一見同じような水槽に見えても、なにかぁ〜が
 違うんですね。

投稿: 兎夢 | 2008/07/11 00:27

へぇ~
すごいきれいな色ですね。

どうやったらなるのかな?
うちのマツモは、光・水温によって葉の形がびみょーに違うけれど、こんなきれいな色にはなりません。
不思議ですね~

投稿: バルーンローチ | 2009/04/02 07:38

>バルーンローチさん
 この記事を書いた時から4年たってますが
 いまだにどうやったらこの色に育つのかは
 よく分かってません(^-^;

投稿: 兎夢 | 2009/04/09 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28513/914272

この記事へのトラックバック一覧です: マツモの不思議:

« ヒメダカキッズ(恐怖の)親水槽デビュー | トップページ | あっちが見える!こっちも見える! »