« THE サバイバル 水槽 | トップページ | ちゃれんぢゃーたちの行方 »

続:サバイバル水槽

2泊3日の留守のために、貝瓶で育ったヒメダカ稚魚と本水槽のカプセルの中で育ったまだちっちゃい稚魚をアベニーやクラウンローチが居る水槽に放流することにしました。
目的は......フグたちの餌&稚魚たちの淘汰です。(なにしろ稚魚たち40匹にもなりましたので)
もともとこの水槽では卵を入れてたので随時稚魚が孵っていたのですが1匹〜3匹ずつという少数ではたちまちアベニーに食べられてました。
今回は一度に25匹という大群です(放流してよく数えたら20匹ぢゃなくて25匹いました!)
しかも、孵りたてから1センチ強ぐらいに育ったやつまで幅広いサイズです。

611sui02.jpg

昼間ちーさなカプセルに25匹を入れて水槽内の水に慣していましたが夕方あたりから狭い隙間を見つけたらしく、そこから縦になってぴょんぴょん水槽内に飛び出してくる“ちゃれんぢゃー”続出。
特に大きいサイズのやつから出てきましたよ。ということは全員出られる隙間なのね(^.^;
出かける仕度もできあがった夜には10匹ほど群れになって上層に居ましたよ。
で。そんなに早く出たいなら、、、と、予定より早めに放流開始。
まだフグたちが寝てなかったのですぐにフグたちとのバトルも始まってます。
が、、、結構大きいやつらは身をかわしてます。
それと、カプセルの上部を開けても“出ないやつ”がいます。
そのまんま、そこで生き残るのか?
そーゆーとこって“誰か”が入ってくるんだぞぉ〜。

夜明け頃、私が出かけるときに見たら稚魚たちは稚魚の森に隠れているわけでもなく水流に向かって全員同じ方向を向き編隊組んでました。
.....なんか凛々しくかっこいー感じ!
この時で、数えたら3匹減ってました。

さぁて、3日後には何匹になってるのでしょうか。。。と出かけていったわけですが.....

|

« THE サバイバル 水槽 | トップページ | ちゃれんぢゃーたちの行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28513/775333

この記事へのトラックバック一覧です: 続:サバイバル水槽:

« THE サバイバル 水槽 | トップページ | ちゃれんぢゃーたちの行方 »